日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「山本一太 自民党」に関する記事

「報道のテレビ朝日」が…

一般人は自民区議…朝生“ヤラセ問題”がテレ朝に落とす影

パネリストのひとりである山本一太参議院議員がしらじらしく大きくうなずいていた。 大森区議は一部マスコミの取材に、観覧を認めたうえで「工場の経営者として観覧したので(区議であることは)言う必要はなかったと考えていた」「約20年前に同番組のディレクターのひとりと知り合いになり、その後、依頼を受けて観覧席に座ることがあった」「ディレクターは(大森氏が)区議であることを知っ…

中曽根康隆氏

櫻井翔とは同級生 東京10区補選に中曽根“3代目”が急浮上

ところが、山本一太参院議員の反対などにより、自民党公認は尾身幸次元財務相の娘・朝子衆院議員に決まった。はじき出された格好の康隆氏は、6年後に弘文氏の地盤を譲ってもらうか、衆院選北関東ブロックに比例単独候補として出馬するしかない。ただ、6年後では遅すぎるし、比例当選では半人前扱いされる。中曽根家は候補があきそうな選挙区を探していました」(永田町関係者) むろん、官邸も…

山本一太議員は批判スルーで安倍政権を礼賛

都合の悪い質問を黙殺 安倍自民ツイッター企画で“大炎上”

自民広報も〈山本一太参議院議員が皆さんからの質問に答えます〉〈たくさんの質問、お待ちしています〉なんてあおったものだから、ヤブヘビに。安倍自民の痛いところを突く質問で“大炎上”してしまったのだ。 〈閣議で憲法の解釈を変更できるのであれば、憲法そのものを変える必要はないと思いますが、いかがでしょう〉 〈憲法改正をしたいのに、なんで参院選の争点から隠すんですか〉 〈株価…

こんな首相が3期9年もやれば日本中が森友化する懸念

巻頭特集

「安倍首相バンザイ」園児と同じ 自民と大メディアの異様

山本一太委員長が、いちいちヤジに反応し長々と続く答弁をいさめても、安倍は聞く耳持たず。興奮気味に「名誉校長に安倍昭恵という名前があれば印籠みたいに恐れ入りましたとなるはずがない」などと言いたい放題。野党の質問にまともに答えず、逆ギレ答弁の連続だった。 公共放送の電波を通じて錯乱状態の自己弁護を全国にタレ流すとは……。とても還暦を過ぎた初老の男性の振る舞いとは思えな…

自民党の立党60年記念式典での五郎丸(左)と安倍首相

日本外交と政治の正体

スポーツと政治は切り離すべきだ

自民党議員は大騒ぎで、河野太郎、山本一太、佐藤正久の各氏がツイッターなどで、この様子を伝えた。 しかし、この動きに違和感を覚えた人も少なくなかったはずだ。日本のラグビー界は今、男女そろって出場を決めた2016年のリオデジャネイロオリンピックの7人制ラグビーの活躍を目指している。オリンピックはオリンピック憲章があり、その「IOCの使命と役割の項」で「スポーツと選手を政…

こちらは続投/(C)日刊ゲンダイ

支持率低下で…秋の内閣改造「3A+1S」以外は全員クビも

大臣になった途端に発信力ゼロになった山本一太科技相に加え、首相肝いりで女性を抜擢した森少子化相、稲田行革相も放り出される。根本復興相、古屋国家公安委員長も再任の可能性は低いようだ。 「確かに安倍内閣の支持率は高かった。でも、閣僚を見渡すと、大した仕事をしていないし、答弁も安定感に欠けていたりする。替え難い人材はいないのです。ほかに残る可能性が高いのは、安倍首相と思想…

None

森友問題でキレる麻生総務相

最後は身内の山本一太委員長から、「答弁の表現には気を付けて」と注意される始末だった。 鴻池は麻生派に所属している。森友問題で政権が追い込まれていることに苛立っているのだろうが、どっちが「偉そう」なんだか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事