日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「岡本和真 ドラフト」に関する記事

済美・安楽も「1位リスト」入り/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラフト外れ1位の“隠し玉”は超無名の「イチロー2世」

巨人も外れ1位の可能性はあるが、それより高く評価しているのが野間と見ています」(前出のセ・スカウト) 内野手では高校通算73本塁打の智弁学園・岡本和真内野手(3年)の外れ1位もあるものの、有原をクジで外した時、巨人が「秘密兵器」を釣り上げる公算は大である。…

3億円の攻防が予想されたが…

希望額届かず渋顔のハム中田 実は球団に“圧勝”の舞台裏

昨年はドラフトで智弁学園の岡本和真(現巨人)、今年は初芝橋本の黒瀬健太(ドラフト5位でソフトバンク入り)、智弁学園の広岡大志(ドラフト2位でヤクルト入り)を狙いながら獲得できなかった。最低でもあと3年は、中田に4番を任せなければならないのです」 茶髪にジャラジャラのネックレス、ガムをクチャクチャやりながらのプレーに拒否反応を示すファンは多いとはいえ、それでも球団は当…

外れの外れ1位で指名された吉川

2016年ドラフト会議 全内幕

巨人1位の吉川 アマ球界No.1遊撃手に仰天“コンバート案”

高校、大学で経験のある三塁か二塁への転向が現実的だが、三塁には今季3年ぶりに3割(.302)を打って復活をアピールした村田修一(35)がいて、さらに球団と首脳陣が最も期待を寄せる14年ドラフト1位で高卒2年目の岡本和真(20)も控えている。二塁はクルーズ(32)が来季も残留し、昨年のドラフト2位の重信慎之介(23)が外野からコンバートされる予定。移籍2年目のクルーズ…

原監督(左)と落合GM/(C)日刊ゲンダイ

「中日には一貫性」 “流しのブルペン捕手”が見たドラフト会議

将来の4番候補となりうる岡本和真(智弁学園)を単独指名したものの、2位以降は即戦力の大学、社会人投手を指名。4人で指名を終えました。2位以降の戸根千明(日大)、高木勇人(三菱重工名古屋)、田中大輝(国学院大)は、巨人で上から何番目の投手でしょうか。一軍に割って入る力を秘めていると、強くは言いがたいでしょう。 将来性を重視するのであれば、岡本を筆頭に、日本ハムが3位指…

“外れ1位”候補の岡本(左)と松本/(C)日刊ゲンダイ

夏の甲子園 スカウトがドラフト候補に挙げた“掘り出し物”

松本と同じ「外れ1位候補」は、高校通算73本塁打の岡本和真(智弁学園、一塁手、183センチ、95キロ、右投右打)。 「天性の飛ばす力を持っており、タイミングの取り方、バットの出がいい」(DeNA吉田スカウト部長)という評価もあったが、在阪球団のあるスカウトは「確かにいいものをもっているが……」と、こう続けた。 「いい時は最短距離でスムーズにバットが出るのに、夏は注…

センバツでは1試合2発を放った/(C)日刊ゲンダイ

智弁・小坂監督が語る“通算73本塁打”岡本和真の「素顔」

15日は智弁学園(奈良)の岡本和真内野手(3年=右投げ右打ち)が登場する。高校通算73本塁打、センバツでも1試合2本塁打を放ったドラフト1位候補だ。その実力、素顔、学校の成績などを小坂将商監督(37)に聞いた。 ――岡本は奈良出身ですけど、中学時代に全日本の4番を打って引く手あまただったと思います。智弁に入った経緯は? 「これは偶然ですけど、僕の嫁さんのお母さんと、…

1試合1本塁打の岡本/(C)日刊ゲンダイ

今年のセンバツは不作? プロが目玉選手に付けた“値段”

「目立ったのはチームを4強に導いた左腕・田嶋大樹(佐野日大)と、野手では初戦で1試合2本塁打をマークした岡本和真(智弁学園)くらい」と彼らはクチをそろえる。 田嶋については、巨人の山下スカウト部長が「ドラフト3、4位の選手じゃない。1位もある」と大絶賛すれば、広島の苑田スカウト部長も「145キロの速球に加えて、スライダーがいい。僕は何十年とスカウトをやっているが、…

シーズン報告を行った高橋監督

由伸巨人の病巣

若手育成と大補強…高橋監督に突きつけられた無理難題

だから、その象徴にすべく、ドラフト1位で入団し、2年目を迎えた岡本和真(20、)に春のキャンプからチャンスを与え、村田と正三塁手を競わせた。しかし、本人がそのチャンスをものにできず、一軍出場はたったの3試合。二軍では、イースタン・リーグトップの74打点、同2位の18本塁打を放つなど大器の片鱗を見せながら、「岡本には期待しているけど、ポジションを与えることはしない」…

左から長野、高橋監督、坂本

キャンプで丸裸 巨人「新戦力」他球団007が見た本当の評価

昨年も春先に打っているし、最初に乗せないようにしないと」 村田との正三塁手争いが注目される、“ほぼ”新戦力の高卒2年目・岡本和真(19)はどうか。 「十分使えると思います。沖縄の実戦で安打が出なかった時も、内容は悪くなかった。あとは新監督が岡本の守備にどれだけ目をつぶれるか。一つ言うと、捕球までが硬い。あれではイレギュラーなどに対応できない。守備だけなら、もちろん村…

特守で足がつり悶絶する岡本/(C)日刊ゲンダイ

打撃は超高校級も…巨人ドラ1岡本の“笑えない”サード守備

12日の二軍紅白戦に「6番・三塁」で先発出場したドラフト1位・岡本和真(18=智弁学園高)の初実戦は安打、四球、空振り三振という結果。二回の初打席で放った投手強襲安打も会心の当たりではなかったとあって、本人は「ただのピッチャーゴロ。ヒットと思ってません」と仏頂面で繰り返した。 ただ、高校通算73本塁打の打撃は、首脳陣の評価がすこぶる高い。パワーと柔らかさを兼ね備え…

マークされる岡本は二軍スタート/(C)日刊ゲンダイ

巨人キャンプに珍現象か 他球団007“一軍スルー”の可能性

■巨人に戦力上積みがなかったの証し 他球団が注目するドラフト1位ルーキー岡本和真(18=智弁学園)は二軍スタート。1年目から一軍に抜擢されるかは、もちろん未知数である。それでも他球団が、いの一番で視察する。いかに巨人が昨秋のドラフト以外に戦力の上積みがなかったかを物語っている。 「高卒選手でいえば、坂本は新人時代の終盤にデビューしたけど、松井秀喜は5月のゴールデン…

「7割」と岡本本人が振り返ったティー打撃/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラ1岡本 自主トレ初日で見せた"ゴジラ松井級"の風格

巨人の新人合同自主トレがスタートした8日、将来の4番候補として期待されるドラフト1位・岡本和真(18=奈良・智弁学園)のティー打撃を見ての感想だ。報道陣から、年末年始もトレーニングを続けていた、と岡本をかばう声が出るや、「だったら、もっと振って欲しい。そう言っといて」と一言。ドラフト5位で入団し、広島、巨人の「主砲」として通算364本塁打を放った叩き上げの江藤コー…

None

新・鬼の遺言

高卒選手に甘くないプロの世界 中心選手はわずか1割

同じスラッガーなら、巨人1位の智弁学園・岡本和真は内角低めに「ツボ」がある。高浜は詰まってしまうが、岡本は実にうまくさばく。巨人は三塁に村田修一がいる。3年目に定着できればといったところだろう。 オリックス2位の横浜隼人・宗佑磨は身体能力が高く、肩と足は一級品。打撃も内、外角、まんべんなく打てる。今年は内野だったが、プロでは外野だろう。体ができてくれば、まだまだ伸…

硬い表情で色紙を持つ岡本/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラ1岡本の「4番・三塁」を阻む主将阿部の一塁転向

28日、ドラフト1位の智弁学園・岡本和真内野手(18)に指名挨拶を行った巨人。原沢代表兼GMに原監督直筆の色紙を渡された岡本は「期待に応えたい」と緊張気味に話した。 ジャイアンツ球場で原監督も、「金の卵はどうした?」と気になっていた。 「背番号を(原沢)代表に聞かれて、ミスター(長嶋終身名誉監督)の3とオレの8。『38』がいいんじゃないかと提案したんだよ」 4番・…

原監督の胸の内は…?/(C)日刊ゲンダイ

「即戦力投手」から「4番」へ 巨人ドラ1位指名“迷走”の舞台裏

すでに高校通算73本塁打を誇る右のスラッガーの智弁学園・岡本和真内野手(3年)に一本化されているようだ。 巨人は早い段階から最速156キロの早大・有原航平投手(4年)を1位指名の最有力候補に挙げていた。ドラフト戦略は「何球団と競合しようが、その年の一番実力のある選手を指名する」という伝統がある。その1番人気の即戦力投手がひっくり返った。ある球団関係者は「(白石)オー…

高校通算73発/(C)日刊ゲンダイ

即戦力投手狙いから急転 巨人1位指名「智弁・岡本」の裏事情

スポーツ報知ががデカデカと「巨人が23日のドラフト会議で智弁学園の岡本和真内野手を1位の最有力候補に挙げたことが分かった」と報じたのを見て、すぐさまスカウト部長に電話を入れるなど、朝から右往左往させられたという。 「他球団の指名を何度もシミュレーションした結果、巨人の1位は有原で決まり、との結論を出していた。岡本で行くというなら、外れ1位を含めて1位以下の人選を再考…

None

「ドラ1位指名」9球団 早大・有原が抱える2つの“不安材料”

巨人は岡本和真内野手(智弁学園)にいくかもしれないけど、それ以外、ほとんどの球団は有原にいきそう。すでに1位指名を公表した広島をはじめ、計8~9球団が1位でいく」というものだったそうだ。 それでも、この編成担当者が「ポテンシャルは……」とか「潜在能力は……」といった、ただし書きを付けるのはそれなりの理由がある。有原にはフィジカル面と精神面に不安材料があるというのだ。…

高橋光成は復活なるか/(C)日刊ゲンダイ

U-18 スカウトがタイまで追いかける高校生はこの2人

ファンの注目は高校ナンバーワン野手の岡本和真(智弁学園)に集まるでしょうが、彼は先日の夏の甲子園に出ているし、ほぼ評価は終わっている。あとの選手は、例えば昨春優勝投手の小島和哉(浦和学院)が早大に進学するそうだし、大半の選手は大学に進学すると聞いている。夏の甲子園に出ていないプロ志向が強い2人が大舞台でどんな姿を見せるかが気になります」 この日、日本代表は奈良県生駒…

甲子園に殴り込み/(C)日刊ゲンダイ

超高校級スラッガー「大田以上中田以下」智弁・岡本の大物感

5-0の五回無死一塁から主砲の岡本和真(3年)が左翼場外へ高校通算73号となる2ランを放ち、プロのスカウトの度肝を抜いた。セのあるスカウトは「現段階の評価は、高校時代の大田より上、中田より下といったところ。超高校級スラッガーなのは間違いありません」と言う。 日本ハムの中田翔(25)は大阪桐蔭時代に通算87本塁打、巨人の大田泰示(24)は東海大相模で65発。どちらも…

岡本を使えばいいのに

2軍が2年連続V 巨人復活のカギは札束補強でなく若手育成

例えば、2年目野手の岡本和真(20)だ。ホームラン18本はリーグ2位。74打点は同トップだ。名門智弁学園時代は超高校級の右打者として通算73本塁打をマーク。類いまれなる長打力を買われ、4番候補としてドラフト1位で獲得した選手だ。プロ生活も2年目となり、二軍の投手ならポンポンと長打を放つ。 2年連続V逸の巨人は、課題の貧打をFAや助っ人補強で解消しようと、今オフも札…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事