日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「鳥谷敬 守備」に関する記事

好素材は間違いないが…

プロ注目も“鳥谷2世”の道険し 早大・石井なぜ評価低い?

早大OBの鳥谷敬(阪神)と同じ左打ちの遊撃手。「鳥谷2世」としての期待は大きい。作新学院時代は3度の甲子園出場を果たし、ドラフト候補にも挙がった逸材だ。ネット裏には巨人、DeNA、広島、楽天など複数球団のスカウトが視察に訪れ、巨人は複数人の目でチェックする念の入れよう。DeNAの吉田GM補佐は、「何より野球センスがある。バットコントロールも良い。フットワークもいい…

この日本塁打を打った鳥谷(右)と野村徹・元早大監督

不振の阪神鳥谷に恩師がエール 「記録より調整も選択肢」

阪神・鳥谷敬(34)の恩師である。開幕から精彩を欠き、打順は21日の広島戦から7年ぶりとなる8番に降格。25日のヤクルト戦では左翼席に2ランを放つも、その前の打席は2打席連続三振。打率.244、3本塁打、22打点。打撃の調子はなかなか上がらず、4度のゴールデングラブ賞を誇る遊撃守備でも捕球ミスが目立つ。ここまで1658試合連続出場、626試合連続フルイニング出場を続…

鳥谷も中堅の台頭がないことを心配 (C)日刊ゲンダイ

キャンプMVPは鳥谷 今年も底上げに失敗した阪神の“病巣”

「リーダーシップを発揮して、若い選手がやりやすいようにしてくれた」と選んだのは、昨オフ、FA権を行使して残留した鳥谷敬(33)だった。 ここ数年、沖縄で毎年見られる光景だ。昨年は新井貴浩(現広島)で一昨年は新井良太。すでに一軍で実績のある選手がMVPに名を連ねている。 ここに阪神の“病巣”がある。キャンプは、1カ月という長い時間をかけていわゆる「一軍半」のメンバーの…

5年20億円で契約を更改

FA糸井を待つ“伏魔殿”阪神の闇

鳥谷敬「5年20億円」のバカげた契約

阪神の鳥谷敬(35)が2日、球団事務所で契約を更改。「今年は不甲斐ないシーズンだった。現実的にレギュラーではないので、来年またレギュラーを取れるように頑張りたい」と語ったが、年俸は来季も現状維持の4億円というのだからふざけた話だ。15年から5年契約を結んでいるためで、球団は今になって「とんでもない契約をした」と後悔しているに違いない。 今季の鳥谷は極度の打撃不振に…

守備は名手の域

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神・大和 “九刀流”をレギュラーにするのはもったいない

遊撃はもちろん二塁であっても、守備力だけなら鳥谷敬や西岡剛よりも上だというのが、評論家諸氏の共通見解だ。 その一方で、昨年までの大和は打力が乏しかったため、不動のレギュラーにはなかなか定着できなかった。今季はその打力が向上しており、ここ数試合は主にセンターとしてスタメン起用されているが、阪神の外野は有望な若手の多い激戦区である。少しでも打撃不振に陥れば、すぐに控えに…

チームの足かせになる

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神 鳥谷敬 フルイニング出場記録という危険な兆候

鳥谷敬の調子がようやく上がってきた。前半は故障の影響からか精彩を欠いていたため、ショートとしては歴代1位である連続フルイニング試合出場の記録ストップを求める声も多かったが、最近は沈静化しつつある。 しかし、これは危険な兆候だと思う。私は鳥谷の調子が良かろうが悪かろうが、フルイニング出場には反対だ。同・世界記録保持者である金本知憲のように、プレーがあきらかに劣悪になっ…

思惑通りに事を運べるのか/(C)日刊ゲンダイ

阪神残留を“保険”にメジャー挑戦 疑問視される鳥谷の本気度

阪神からFAでメジャー移籍を目指す鳥谷敬(33)の周辺が慌ただしくなってきた。 早くから日本にスカウトを派遣して調査を続けてきたブルージェイズの他、アストロズやメッツも獲得候補としてリストアップ。メッツのアルダーソンGMは「トリタニの名前は我々の獲得リストに載っている」と話し、アストロズのルーノーGMは「ビデオで見てるし、日本でどんな成績を残しているかも知っている。…

DeNAキャンプ時の姜正浩/(C)日刊ゲンダイ

鳥谷にライバル出現! 「韓国のA・ロッド」がメジャー挑戦へ

メジャー移籍を目指す阪神の鳥谷敬(33)に強力なライバルが現れた。 韓国ナンバーワン遊撃手と名高い姜正浩(27=ネクセン)が、ポスティングによるメジャー挑戦を決意した。来週中にも入札申請する見通しになったのだ。 「韓国のA・ロッド」といわれる姜は今季、打率.356、40本塁打、117打点をマーク。13年WBCの韓国代表にも選ばれている。今春のDeNAキャンプに招待選…

None

阪神 金本監督 2年目の鳥谷問題

不動の遊撃手だった鳥谷敬(35)は昨年、極度の不振から7月24日の広島戦で先発から外され、12年3月30日から続けていた連続フルイニング出場が667試合(歴代4位)で止まった。 連続試合出場は継続中で、もっか歴代3位の1752試合。金本監督が記録した同2位の1766試合(同1位は2215試合の衣笠祥雄)を抜くのは時間の問題だが、「鳥谷の記録は火種になる可能性がある…

None

阪神 選手派遣はこりごり

前回の13年大会では、鳥谷敬が球史に残る盗塁で脚光を浴びたものの、守備では慣れない二塁をやらされ戸惑うこともあった。ちなみに08年の北京五輪では新井貴浩が腰痛を抱えながら4番を打ち全試合に先発出場。当時の岡田監督は新井の腰を心配し、阪神から新井担当のトレーナーまで帯同させたが、帰国後に腰椎の疲労骨折と分かり激怒した。阪神は“災い”をもたらす侍ジャパンには、二度と選…

鳥谷を超変革させることはできるのか

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神金本監督 「超変革」は鳥谷だけが蚊帳の外という現実

チームリーダー・鳥谷敬のことだ。 今季の鳥谷は開幕からなかなか調子が上がってこない。元来スロースターターだからと擁護する声はあるものの、それならそれで鳥谷は元来のまま、ということだ。 また、昨年も一部で問題視されていた連続フルイニング出場しばりも相変わらずだ。今季ここまで全試合スタメンはもちろんのこと、たとえば大差のついた試合の終盤など、普通なら主力を休養させて若手…

メジャーの評価は厳しかった/(C)日刊ゲンダイ

日韓「遊撃手」メジャーで明暗 パ軍入り姜正浩と鳥谷どこで差

一方、鳥谷敬(33)は阪神から海外FA権を行使しながら、好条件は提示されず、メジャー移籍を断念した。 姜も鳥谷も同じ遊撃手だ。鳥谷は年齢的に選手として下り坂に差し掛かっているとはいえ、日韓の遊撃手2人にここまで差がついたのはどういうわけか。 さるナ・リーグのスカウトがこう解説する。 「姜は身体能力が高い上に守備も堅実。鳥谷は姜と比べてもフィールディングでは遜色はな…

鳥谷のメジャー移籍問題はようやく終結/(C)日刊ゲンダイ

鳥谷が「熟考に熟考」で阪神残留も…チーム内に残るしこり

阪神は9日、海外FA宣言した鳥谷敬内野手(33)がチームに残留すると発表した。球団幹部が、鳥谷から8日夜に連絡が入ったと明かした。 今オフ、海外FA権を行使してメジャー移籍を目指したベテラン内野手への各球団の評価は厳しかった。昨季はブルージェイズがスカウトを派遣して鳥谷の調査を続け、一時はメッツ、ナショナルズ、パドレスらが補強のリストに加えた。ブルージェイズは、正…

トロントが鳥谷との契約を検討と伝えられた/(C)日刊ゲンダイ

阪神・鳥谷をメジャーへと駆り立てる“雲上”青木への嫉妬

阪神から海外FA権を行使した鳥谷敬(33)。球界では「移籍したい理由がわからない」との声が少なくない。 一部スポーツ紙が、「ブルージェイズが正二塁手候補としてメジャー契約を検討」と報じていたが、メジャーは実績のない日本人内野手と高額契約は結ばない。 阪神は攻守の要である鳥谷に、「年俸4億円の複数年契約」を提示したともいわれている。「カネのことを考えれば阪神に残るのが…

米国では失格の烙印を押された格好の中島/(C)日刊ゲンダイ

目の色変えて獲得名乗り 中島裕之に振り回されるプロ野球界

2人に用意していた獲得準備資金を中島につぎ込む用意があると、球団関係者は言っていますから、最終的には総額15億円超に達する可能性があります」(在阪マスコミ関係者) 阪神は、チームの大黒柱だった鳥谷敬(33)が海外FA権を行使し、不動の遊撃レギュラーが海外流出という危機にひんしている。チームの根幹を揺るがす事態に、なんらかの手を打たなければいけないのは分かる。 が、米…

メジャー選手とキャップ交換する金子/(C)日刊ゲンダイ

ひねくれスポーツ論

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、メジャーのお偉いさんごらんなさいな

日米野球にゃ出てないけれど、都の西北早稲田が生んだ内野手のかがみ、あんたらが失敗した内野手の二の足は踏ませないよ、堅実守備でシュアな打撃、阪神鳥谷敬。 何考えてるか分からないけど、まだまだ首位打者糸井嘉男、この際だ中村ノリダーまでタダで付けよう、さあ持ってけ泥棒!」…

地味で堅実/(C)日刊ゲンダイ

背中で存在感発揮…残留決意の鳥谷こそ阪神の「正統後継者」

「来季も阪神に残留する意思を固めたみたいだ」 鳥谷敬(33)について、阪神OBがこう言った。鳥谷は2012年に海外FA権を取得。これまではFA権を行使せず、メジャー移籍も視野に入れつつ単年契約を結んできたが、「ただでさえ米球界で日本人内野手の評価が高くない上に、来年で34歳。第一線でプレーするのは難しいと判断したのだろう」(OB)。 もっとも、「このまま阪神にいれば…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事