日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「南果歩 手術」に関する記事

None

渡辺謙不倫疑惑 妻・南果歩はどう出るのか

だが、渡辺といえば、妻で女優の南果歩(53)との“おしどり夫婦”で有名。南は昨年、乳がんの手術を行っていて、それを献身的に支えたのが渡辺だった。しかし、そうした看病の合間にも、渡辺とAさんは“逢瀬”を重ねていたようだ。 2人の出会いは13年。Aさんが当時勤めていた大阪の高級クラブに、渡辺が訪れたのがきっかけらしい。Aさんは20代のころに女性ファッション誌で読者モデ…

渡辺謙&南果歩夫妻と気仙沼のカフェ

被災地に寄り添う渡辺謙 NYから毎日“直筆FAX”の心意気

長い目で復興を支援するという覚悟と静かな情熱が感じられます」 店員によると渡辺が妻の南果歩(52)と一緒に店を訪れることもあるという。ミュージカルが終われば、ふらっと姿を見せるかもしれない。…

がんについて告白した樹木希林(左)と渡辺謙

がん告白相次ぐ 渡辺謙は早期で療養、樹木希林は治療再開

妻、南果歩(52)の勧めで人間ドックを受けたところ胃がんを発見。 幸い、早期だったため内視鏡手術を受けて現在は療養中だ。再演予定だったブロードウェーミュージカル「王様と私」はスタートが延期になるという。渡辺は89年に急性骨髄性白血病を患い、再発するも現在は克服している。 ■「クロ現」で“国谷推し”発言 9日のNHK「クローズアップ現代」の生出演中に全身に転移している…

女優の南果歩

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【南果歩さんのケース】手術後に分子標的薬を投与する理由

女優の南果歩さん(52)が4日、「ハーセプチン治療が始まる」とツイッターで報告しました。ハーセプチンは、抗がん剤とは異なる仕組みで働く分子標的薬。この薬の登場で、乳がん治療は大きく変わりました。南さんの治療状況が順調とみられるのは、そのためです。 2001年に承認された時は、別のがんが乳房に転移した乳がんの治療薬でした。その後、適用が拡大され、今は再発予防に使われま…

夫唱婦随

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【南果歩さんのケース】乳がん 8割は乳房を温存できる

女優の南果歩さん(52)が今月11日に乳がんの手術を受けていたことを告白しました。夫で俳優の渡辺謙さん(56)が早期胃がんを発見して手術を受けた直後です。 一連の報道によると、南さんの乳がん発覚は2月下旬。そのころ、先日最終回を迎えたドラマの収録が続いていて、仕事の傍ら、夫を看病していた時期と重なります。それでもプロ根性で休むことなく撮影を続行。すべての収録を終えて…

妻のアドバイスで救われた

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【渡辺謙さんのケース】白血病治療が新たな胃がん“誘発”か

渡辺さんは、妻で女優の南果歩さん(52)の勧めで人間ドックを受けたそうで、「(早期発見について)この段階での発見は奇跡、点検は大事ですわ」とツイッターで語っていました。それを受け、南さんは「この出来事が、検診を中々受けられない方達への『受診のきっかけ』になれば」と続けています。 抗がん剤や放射線の治療後のがんの誘発は、白血病治療に限ったことではありません。どのがん…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事