日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高島彩 アナウンサー」に関する記事

「重版出来!」で子持ち妻役

高島彩に赤江珠緒まで 女子アナ続々“女優デビュー”の真相

女子アナの女優デビューといえば、最近ではフジテレビ出身の高島彩(37)が人気ドラマ「下町ロケット」で、相手企業の不正を暴くジャーナリスト役で出演したのは記憶に新しい。フリーになった女子アナはどうして次々、ドラマに進出するのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。 「要はフリーアナだけでは食えない時代に入ってしまったんです。かつては“局アナからフリーになれば年収10倍”…

None

メーンキャスターの高島彩と長野智子、見るならどっち?

日曜「サンステ」のメーンは夕方版を担当していた長野智子(54)が引き続き務め、土曜「サタステ」には高島彩(38)が抜擢された。高島はフリー後もフジの番組が多かったから、他局で通じるかの勝負番組となる。 先週の初回視聴率はその「サタステ」が8.7%、「サンステ」が8.0%と高い数字とはいかなかったが、今後2ケタを目指すいい位置につけている。両者の戦いにまだ差はつかない…

向かうところ敵なし

高島彩 第2子誕生でさらに高まった“ママタレ”ブランド力

フリーアナウンサーの高島彩(37)が第2子を出産したとして、広告関係者がゴソゴソ動き出している。ママタレ業界に“地殻変動”が起きることを予想しているからだ。関係者によると「第1子」と「第2子」ではママタレとしてのブランド力が格段に違うという。 「もちろん父親が一緒であることが大前提ですが、第2子を産んだとなると、結婚からずっと家庭が平和だったことを意味します。クライ…

日テレ時代はどちらかというと地味な印象

なぜタレントに? 元日テレ・上田まりえアナ転身の勝算

バラエティーに引っ張りダコの高橋真麻や、つい先日『下町ロケット』に出演した高島彩などは完全に“タレント”さんです。今の潮流をしっかり捉えているんじゃないでしょうか」 とはいえ、元女子アナ界は「すでに飽和状態」ともいわれる。フジのエース級だった内田恭子、中野美奈子も最近は画面で見かけないし、同じく日テレのエースだった西尾由佳理も週刊誌に「ヒマ」などと書かれている。それ…

ママタレとしても成功を収めたアヤパン(左)

フリー転身騒動のカトパン “勝ち組”先輩アヤパンに続けるか

元フジテレビの売れっ子アナウンサー、高島彩(36)。22日に行われた「第5回衛星放送協会オリジナル番組アワード授賞式」の総合司会を務めたのだが、その仕切りっぷりの見事なことといったら……。 冒頭の挨拶から会場に集まった多くのギョーカイ人を前に、「私はフジテレビ出身ですが、フリーになってからは家族揃って積極的に衛星放送を見ています。ですので、このような場で司会を務めさ…

全員フジテレビ出身(左から時計回りに)加藤綾子、高島彩、高橋真麻

10月でフジ縛り解除 “カトパン争奪戦”に先輩アナ戦々恐々

カトパン進出で割を食うといわれているのが高橋真麻と高島彩の2人。同じフジ出身ならカトパンが圧倒的に話題性も話芸も人気も上という評価だ。 また、元日本テレビの夏目三久や元TBSの田中みな実らも今後、影響を受けることになる。というのも、カトパンはバラエティーだけでなく、情報番組や報道の経験も豊富で、オファーがあるのは間違いないからだ。 ちなみに、カトパンのギャラだが………

エース加藤アナ投入でダメなら…

フジ「改編」また暗雲…低迷の昼番組にカトパン投入プランも

カレンダーの配列は女子アナの格付けそのものであり、5年前の高島彩(36)の退社以降、変わらぬ絶対的エースの座を任されてきた。 「来春で『めざましテレビ』を卒業させ、昼の時間帯への異動が取り沙汰されている。『グッディ』はMCの安藤優子(顔写真)や三田友梨佳も含め、ガラガラポンになるでしょうね。もしカトパン司会でもダメなら臨終です」(別のフジ関係者)。 打つ手打つ手が結…

幸い風邪だったが…/(C)日刊ゲンダイ

生放送中に倒れて途中退席…カトパンはフジテレビに殺される

アヤパン高島彩も最後はそれで悲鳴を上げてフリーに転身してしまった。過酷な早朝の帯番組の生司会に加えてレギュラー、特番、夏のイベントまで担当させられたら寝不足どころか生理不順は当たり前。これからは年末特番の収録でますます忙しくなり、エースの加藤には仕事が集中する。人間らしい生活を取り戻すにはフリーに転身するしかありません」(フジテレビ関係者=前出) 来年4月で30歳。…

見事にハメられた/(C)日刊ゲンダイ

安倍内閣 お友だち・お飾り大臣を裸にする

石破茂地方創生相 口約束で座敷牢に幽閉された政局オンチ

元予備自衛官の事務所の女性秘書はアナウンサーの高島彩似で永田町でも名高い美人。大学時代の同級生である佳子夫人も美人。 座敷牢に閉じ込められた石破大臣。残りの政治人生は平坦で退屈なものになる可能性が高い。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事