日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

畑岡奈紗特集

30位タイで終わった畑岡奈紗

世界股にかける米ツアー 畑岡奈紗に“ゴルフ以外”の課題

【ISPSハンダ豪州女子オープン】 米女子ツアー2戦目にして予選を通った畑岡奈紗(18)。3日目に79と大きく崩れたが、この日は4バーディー、2ボギーの71で回り、通算イーブンパーの30位タイで終えた。 「始まる前は予選を通れるか緊張していましたけど、無事4日間回れて幸せでした。ミスしても前向きにやれば結果は良くなることを学びました」 開幕戦は米・フロリダの東海岸沖…

2つめの目標も

1つ目の“目標”クリア 畑岡奈紗が米ツアーで初の予選通過

【ISPSハンダ豪州女子オープン 2日目】 米女子ツアーの畑岡奈紗(18)が第2日、68の好スコアで通算4アンダーまで伸ばし、81位タイ発進から20位タイまで順位を上げた。 開幕戦のピュアシルク・バハマクラシックは決勝ラウンドに進めず悔しい思いをしたが、予選通過という「1つ目の目標」をクリアし「良かったです」と笑顔を見せると、「昨日よりショットが安定していて、チャン…

17歳の若さは強みだが

米ツアー参戦 畑岡奈紗のルーキーイヤーは課題が山積み

米女子ゴルフツアー最終予選会を通算5アンダー、14位タイで突破した17歳の畑岡奈紗。10月の日本女子オープンを史上最年少で制したとはいえ、ルーキーイヤーから米国で結果を残すのは容易じゃない。 米女子ツアーは今季、33試合で賞金総額は6310万ドル(約72億円)だった。38試合が行われた国内賞金額(35億2000万円)の倍以上。大金を狙って世界から有力選手が集まって…

米ツアー出場権を手にした畑岡奈紗

女子高生ゴルファー畑岡奈紗 14位で米ツアー出場権ゲット

来季の米女子ツアー出場権を争うファイナルQTは4日、フロリダ州にあるLPGAインターナショナルで最終ラウンドを行い、畑岡奈紗(17=写真・時事)は通算11アンダー4位でスタート。4ボギー、1ダブルボギーの78と大きくスコアを崩したが、通算5アンダーの14位タイで、出場権が与えられる20位以内を死守。来季のツアー出場権を手にした。 一方、米男子ゴルフのツアー外競技「…

高校生プロの商品価値は?

プロデビューの畑岡奈紗 いまだスポンサー契約ゼロのワケ

【伊藤園レディス】 アマチュアで初めて日本女子オープンに勝った畑岡奈紗(17)のプロデビュー戦。アウト発進の初日は日没サスペンデッドで4ホールを残し、3バーディー、1ダブルボギーとして1アンダー11位タイ(暫定)につけている。 宮里藍(31)に続く2人目の高校生プロ誕生だが、13年前とは事情がちょっと違っている。 畑岡のプロ転向記者会見が行われたのは10月10日。当…

プロ転向した畑岡奈紗

賞金女王レースに参戦 畑岡奈紗がいよいよプロデビュー

そして大会の目玉は、今年の日本女子オープンに17歳の史上最年少で勝ってプロ転向した畑岡奈紗だ。プロデビュー戦だけに注目を集める。 当日券は11日(金)、12日(土)は1000円、13日(日)は2000円。いずれもドリンク引換券付き。同伴者のいる高校生以下、70歳以上は全日、入場無料になる。 大会期間中はJR茂原駅南口から無料送迎バスを運行する。大会問い合わせはコー…

来季からの米ツアー参戦を目指す畑岡

プロツアー激辛情報

畑岡奈紗は米女子ツアーでもまれたらもっと強くなる

今年の日本女子オープンゴルフ選手権を17歳で制した畑岡奈紗だ。 しかし、10日にプロ転向を表明した畑岡は12日に渡米し、米女子ツアーの出場資格を得るための2次予選会(10月20~23日)に臨むことになっている。 「QT(予選会)を上位で通過し、2年以内にLPGA(米女子ツアー)で優勝し、それから5年以内にはメジャーで優勝したい」と言って、来季からの米女子ツアー参戦…

プロ転向会見で中嶋常幸から花束を受け取る畑岡奈紗

プロ転向の畑岡奈紗 米挑戦「心意気やよし」とファン期待

「日本女子オープンが終わって、何回か家族で話をしているうちにプロとしてやっていきたいと思いました」 日本女子オープンで大会史上最年少、史上初のアマチュア優勝を飾った畑岡奈紗(17)が10日、都内でプロ転向会見を行った。会場には報道陣95人が集まり、注目の高さがうかがえた。 ただし、畑岡がプロとしてプレーしたいのは日本ツアーではなく、米女子ツアーである。 12日、米ツ…

プロ顔負けの堂々としたプレースタイル

アマ最後は4位T 畑岡奈紗はプロ転向でいくら稼げるのか

日本女子オープンで大会史上最年少、史上初のアマチュア優勝を飾った畑岡奈紗(17)。続く「スタンレーレディス」で2戦連続優勝を狙ったが、4アンダーの4位タイに終わった。 10日にプロ転向の意向を表明した畑岡にとって、この大会がアマチュアとして最後の出場。ただツアープロとして単年登録の資格を取得するため、シード選手と違って、出場義務試合数は発生しない。本人は米女子ツアー…

畑岡の来季は…

畑岡奈紗 プロ転向&渡米に国内ゴルフ界“心境複雑”なワケ

先日の日本女子オープンで史上初のアマチュア優勝を成し遂げた畑岡奈紗(17)は、10日に都内のホテルでプロ転向の記者会見を開き、20日から始まる米女子ツアーの2次予選会に挑戦するため渡米する。 米女子ツアーの2次予選といえば、今年の国内女子プロテストにトップ合格した永井花奈(19)が昨年64位で通過し、約150人が出場する12月の最終予選会(ファイナル)に進んだ。永井…

日本女子オープンで優勝

イチ押し「女子プロ名鑑」

畑岡奈紗(17歳・日本1勝) 史上初のアマ国内メジャーV

17歳の畑岡奈紗が先週、アマチュアとして史上初めて日本女子オープンに勝ったことで大きな注目を集めました。すでに女子プロ協会へプロ転向を申請することを表明しており、協会が審議して認めたら、アマではなく賞金を稼ぐプロゴルファーとしてスタートを切ります。 昨年のPontaレディスではベストアマ(7位)に輝く凄いゴルフをしており、逸材だと知っていました。アマチュアとはいえ試…

大会最年少17歳でアマVの畑岡奈紗と母・博美

プロツアー激辛情報

畑岡奈紗に見る 強いゴルファーに育てるなら親は口出すな

日本女子オープンを勝った畑岡奈紗のスイングを初めて見たのは、昨年の樋口久子Pontaレディスのときだ。渡邉彩香を取材するために朝、練習場に行ったら背は小さいけれど、どっしりとした体で、日本の女子にしては珍しくいいスイングをする若い選手が目に留まった。聞けばまだ高校2年のアマチュアだという。後でJGAのホームページでプロフィルを見ると、身長158センチで体重は書いてい…

今年、ダンロップと用具契約を結んだ畑岡奈紗

インサイドリポート

プロの契約金や契約年数が明らかにならない理由

昨年プロ入りした畑岡奈紗も、アマチュア時代から道具を使っていたダンロップスポーツと契約した。 契約金や契約内容は守秘義務があるため明らかにはならないが、条件面に関しては各社それほど大きな差がないことが多い。なぜなら、その選手の実力や人気により、過去のデータや経験からある程度、決まってくるからである。 何が決め手になるかといえば、やはりアマチュア時代から使い慣れた道…

爆発ゴルフでスタートダッシュに成功したが…

初日ハーフ7バーディー 堀琴音は勢いを持続できるのか?

17番でボギーをたたき、アマチュアだった畑岡奈紗が18番バーディーを決めて逆転優勝。ホールアウト後は「プロの私が勝たなくてはいけない」とボロ泣きだった。 ■せっかちな性格 塩谷育代プロは日刊ゲンダイの連載で堀について、「勝つためにここ一番という状況での小技、パッティング、アプローチの精度をもう少し高める必要があると思います」と指摘している。 「もう少しフェースにボー…

どんな状況でも手堅くプレーするイ・ボミ

悪状況で崩れぬイ・ボミ 風に弱い日本女子との決定的違い

同組の畑岡奈紗(18)が2バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの76。横峯さくら(31)が1バーディー、7ボギーの78と崩れたのと好対照だった。 「緊張してプレーしていたし、ボギーが1個だったので良いラウンドだったと思います。この風だったから上位に行きたいとか、変なことを考えないでやっていけた。今日は満足しています」(イ・ボミ) 上位を目指さなくても、周りが崩れて好…

米参戦3年目でいまだ勝利なし

遠い1勝目…横峯さくらはなぜ米国ツアーにしがみつく?

日本勢は畑岡奈紗が1オーバー81位タイ、野村敏京が2オーバー99位タイ、松森彩夏が3オーバー111位タイ、上原彩子は4オーバー122位タイだった。首位は8アンダーの地元K・カーク。…

堀琴音

注目女子プロの凄みと弱み

思い切りのいい瞬発系スイングが魅力 堀琴音の弱点とは?

堀といえば、昨年の日本女子オープンで最後まで優勝争いを演じて、アマチュアだった畑岡奈紗に敗れ大泣きしたのが印象的です。富士通レディースも初日、2日目と首位タイに立ちながら3位。三菱電機レディスも初日首位から終わってみれば4位です。優勝争いに加わるのですが、勝ち切れない。 勝つためにここ一番という状況での小技、パッティング、アプローチの精度をもう少し高める必要がある…

日本で大人気のイ・ボミ

イ・ボミも心配? 少女像で気になるスポーツの日韓関係

女子ゴルフも、高校生の畑岡奈紗が日本女子オープンに優勝。サッカーや卓球も有望なジュニアは豊富です。どんな競技でもスターは出てくるもので、テレビ中継や大会のスポンサーになる企業にとっても、例えば完成された韓国の美人女子プロより、伸び盛りの若手の方が魅力がある。20年に東京五輪も控えてますしね。そもそも日本のプロスポーツですから、私としてはやはり日本選手に活躍してほしい…

このままではジャンボの二の舞

プロツアー激辛情報

JGTOは有望若手を世界へ送り出し選手育成に取り組め

女子は宮里藍、宮里美香、横峯さくら、上原彩子、野村敏京の5人に、予選会で出場資格を取得した畑岡奈紗が加わる。 戦前、日本ゴルフ協会(JGA)が主要な選手を何度も米国のウインターツアーなどに1カ月以上も出場させた。遠征費は所属クラブのメンバーが出し合って、選手を育てている。日本オープン6回優勝の戦前の第一人者・宮本留吉も、宮本より一回り下の鬼才といわれた戸田藤一郎もそ…

タイガーに称賛された松山

世界ゴルフ新潮流

世界のツアーは垣根を超えたグローバル化が進んでいる

今年、アマで日本女子オープンに優勝した高3の畑岡奈紗(17)は米ツアー予選会に挑戦し、14位で見事、来季のツアー出場権を獲得した。「苦しくて、10年ぐらい寿命が縮まった」と振り返ったが、世界を視野に入れたこの戦いは必ず報われるはずだ。 日本を除き、世界の諸ツアーはグローバル化が当たり前になっている。米国、欧州、豪州、東南アジアは互いに連携し、共催ツアーが当たり前だ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事