日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

円山町の関連ニュース

裏街・色街「アウトロー読本」

街娼18人にインタビューした書き下ろし文庫

1997年、渋谷・円山町で起きた東京電力の超エリート女性社員が殺害された、「東電OL殺人事件」の被害者もまた、会社帰りに円山町ラブホテル街に立つ街娼だった。いずれの事件も未解決のままだ。 街娼をまともに取材・論考した書籍は少なく、本書の存在が薄暗がりのなかから光彩を放つ。 著者はベテランの書き手で、古書・エロ本の他にも、あまりカネになりそうもない研究対象だが、提灯…

None

タクシー運転手暴行で逮捕 松雪泰子の「弟」の素性

「陽はかなり酔っていて、自宅がある世田谷区世田谷ではなく、渋谷区の円山町で下車。そこで運転手とトラブルになったようです。円山町は清水健太郎や大和武士らが薬物所持で捕まった道玄坂に隣接している。午前3時半にどこに行こうとしていたのでしょうか」(捜査事情通) 陽は1995年に浅倉大介プロデュースのボーカルユニット「LAZY KNACK」としてデビュー。2年後に解散して…

清原被告を乗せた車のはずが…(東京地裁前)

熾烈なカーチェイスも 清原被告は別人と入れ替わりドロン

円山町界隈のラブホ街に入り、六本木に急旋回した。 “ゴール”は高級ホテルの地下駐車場。ワンボックスカーと追跡車両がマリオカートのように3周ほど“チェイス”し、警備員が「何事ですか!」と大声を上げる場面も。すると、格闘家のような大男が降車し、一斉にフラッシュがたかれたのだが……。 「別人だったのです。裁判所に入る時と同じナンバープレートをつけたワンボックスカーだったの…

芸者さんも顔を出す大人の隠れ家

怪しさ120% 東京ディープ酒場

渋谷・神泉編 踏切脇の細路地にある“熱燗バー”に潜入

渋谷区円山町といえば都内でも指折りのラブホ街。道玄坂を上った先には若いカップルや、会社帰りのオトーサンがギャルと手をつないでイチャイチャ。あ~ん、あたしも人肌が恋しい~ッ。 そんな街をアラフィフ女が足早に通り過ぎ、井の頭線神泉駅に出た。身も心も冷え、早く一杯引っかけたい。駅周辺にはイマドキのオシャレなバルや居酒屋があり、学生やサラリーマンで賑わってる。それをねたまし…

None

スクープドッグ彷徨記 「ニュースの天才」編

久しぶりに編集部に現れたM記者の異様な姿

当時はオウム事件の余波が続いており、渋谷・円山町で起きた東電OL殺害事件で編集部は慌ただしかった。記者の中には、M記者のことに気づかなかった人もいた。取材があれば、編集部に顔を出さなくてもいいし、毎週のプラン会議に出ない人も結構いたので、公の通達がない限り分からない。いまだに、M記者に対して「真面目な好青年」との印象を持っている人もいるくらいだ。 自然に消えていな…

10月にはアルバムも/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

薬物使用実刑3度の清水健太郎はライブ活動で再起中

そんな気持ちで毎日を送ってます」 渋谷は円山町の「NOB」でのライブを終えた清水さん、まずはこういった。40人ほどが集まったミニライブ。1時間の予定が2時間歌いっぱなしなほどノリノリだった。 「ライブは去年の秋からポツポツやってます。支援者が企画してくれるんですよ。ずっとジャジー(ジャズ的な)で音楽の勘を取り戻してたから、歌うことに関しては自信はあった。ただ、お客さ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事