日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大山志保 カップ」に関する記事

None

全米女子5位タイの大山志保 「全英女子に悔しさぶつける」

「今日は悔しい気持ちでいっぱいです」 サンデーバック9に入って一時単独2位に立ちながら、11番ボギー、12番ダブルボギーの2ホールがブレーキとなって優勝圏外に落ちた大山志保(38)だ。 3アンダー4位発進の最終日は前半からピンを果敢に攻めた。 1番パー4は、フェアウエーからの2打目が同組チョン・インジ(20)のボールに当たりピンそば50センチに寄った。このバーディー…

得意のガッツポーズ

“孝行娘”大山志保が首位に1打差 地元で最終戦Vチャンス

【ツアー選手権リコーカップ】 地元宮崎出身の大山志保(38)が2日目を終えて首位と1打差3位の好位置につけた。 本大会は2005年、13年の2勝と会場を知り尽くし、「地元の皆さんを盛り上げたいし、自分も一緒に盛り上がりたい。ミスしても自分に腹が立たない」とリラックスしている。 今季2勝目が視野に入るが、大山の目標は来年のリオ五輪出場だ。 日刊ゲンダイがインタビューし…

None

宮里美香が3差6位 強風&雨でも「集中力切れずプレー」

74位大山志保、85位宮里藍、101位の野村敏京、渡邉彩香、吉田弓美子、120位笠りつ子は予選落ち。 大会2日目は前日の南風とうって変わって、12メートルという冷たく強い北風が海沿いのリンクスコースを襲い、気温も11度とぐっと冷え込んだ。 各選手とも着込んで防寒耳当てまで用意するほどコンディションが厳しくなり、スコアを崩す選手が続出した。 そんな状況で、7年連続7度…

優勝争いにも加われなかった宮里美香

“日本人3番手”の宮里美香 最終日に失速でリオ五輪遠のく

2日目以降、伸ばしきれず、耐えてというゴルフが続いた」(宮里) 宮里は現在、世界ランク41位で、22位の野村敏京(23)、39位の大山志保(38)に次いで日本勢3番手。日本人選手のリオ五輪出場枠は2つ。今大会の結果次第では、五輪出場に向けて大きく前進しただけに、せっかくのチャンスを生かしきれなかった。 他の日本人選手は横峯さくら(30)が5アンダー24位、上原彩子(…

日本人選手は笑っている場合ではない

海外勢が賞金上位独占 日本女子ゴルフは「冬の時代」突入危機

1打差2位発進の申ジエ(27)が、4連続を含む6バーディー、2ボギーの68で回り通算7アンダーとし、2位の大山志保に6打差もつける圧勝。今季3勝目を挙げた申は優勝賞金2500万円を手にして賞金ランク3位にアップ。今季トップ5は(1)イ・ボミ(2)テレサ・ルー(4)アン・ソンジュ(5)李知姫と外国勢が並び、年4試合の公式戦もすべて外国人選手が独占。ツアー37戦中、日本…

日本ツアー2戦2勝中のチョン・インジ

日本で火花散らす韓国人女子プロが「リオ五輪切符争奪戦」

36位の宮里美香、43位の大山志保に資格がある。…

None

森田理香子「賞金女王」で女子プロのプレースタイルどう変わる?

LPGAツアー選手権リコーカップ最終日は、首位と1打差3位発進の大山志保(36)が1イーグル、6バーディー、2ボギーのベストスコア66で回り、逆転で2年ぶり通算13勝目を地元で挙げた。 ツアー最終戦までもつれた賞金女王レースは、追う横峯さくら(27)がスコアを2つ伸ばして通算3オーバー7位(286万4000円)。森田理香子(23)は1つ落として通算4オーバー12位(…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事