日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

角川映画の関連ニュース

文庫あらかると

「角川映画1976-1986[増補版]」中川右介著

日本映画界に新風を巻き起こした「角川映画」の最初の10年を描いたノンフィクション。 1975年、角川春樹氏が創業者の父親の後を継いで角川書店の社長に就任。氏は、角川文庫で「横溝正史フェア」を大々的に展開する中、ブームをさらに拡大させるために映画化をもくろむ。しかし、松竹に持ち込んだ「八つ墓村」の企画が頓挫。自ら会社を設立して映画製作に乗り出す。 その第1弾に選ばれた…

故・森田芳光監督と野村宏伸

今あるのはあの人のおかげ

野村宏伸が感謝…映画抜擢&松田優作に会わせてくれた恩人

■松田優作さんにも会わせてくれました 角川映画「メイン・テーマ」(84年)の薬師丸ひろ子ちゃんの相手役に、2万3000人の中から選ばれてデビューしたんですけど、俳優になろうとは全然、思っていませんでした。 実家は祖父の代から40~50人の工員を抱える化学薬品工場を経営していて、ボクが3代目になるはずでした。ところが高校1年の時に突然、倒産したんです。工場も、生まれ…

セクシーなワンピース姿で登場

三田佳子が明かす薬師丸ひろ子との関係「今でも最敬礼」

31日、女優の三田佳子(74)が「角川映画祭」で上映された映画「Wの悲劇」(84年)の舞台挨拶に出席した。 深いスリットの入ったワンピース姿で登場すると、「32年も経って申し訳ないような気がします。スクリーンのまだムンムンしている雰囲気がなくなっちゃって、ここに登壇して(観客が)ガッカリしちゃうんじゃないかと」とポツリ。 また、同作の主演・薬師丸ひろ子(52)につい…

伊藤元昭

有名人の財布の中身

伊藤元昭 浮浪者生活乗り越え所持金110万円!

何があるかわからないので、常に100万円以上を持つようにしています」 ◆角川映画「一茶」(2017年公開)。主演はリリー・フランキーで共演は伊藤淳史、佐々木希、奥田瑛二ら。伊藤さんは一茶の実在した一番弟子を演じている。 ◆11月23日「君と夏と南の島」(オクテットレコード)で歌手デビュー。…

「若社長の道楽」と言われたことも(谷田社長)

企業深層研究

タニタレシピ本の神通力が消え問われる3代目の経営力

「体脂肪計タニタの社員食堂」が角川映画でコメディーとして製作され、13年5月に公開された。献立を作った、ヤリ手の栄養士を優香が演じた。 これをきっかけに千里は食の事業に取り組むことを決意する。「健康をはかる」から「健康をつくる」へ門口を広げた。家業を継いだものの、食は、もともとやりたかった分野である。「若社長の道楽」という社内外の猛反対を押し切ってタニタ食堂の展開…

自ら付けた「のん」で心機一転

芸能界クロスロード

能年玲奈は「のん」で再出発 改名に見る芸能界の縁起担ぎ

角川春樹氏は「角川映画」を立ち上げた際、台本を奉納。「戦国自衛隊」などのヒット作につながったといわれている。長渕剛と志穂美悦子はここで結婚式を挙げるなど、名だたる芸能人も訪れている。 芸能界に入り、縁起担ぎの第一歩は「芸名」にある。 「芸名で売れるわけではないが、売れないと芸名が悪いのかと思ってしまいがち。芸名を付けるとき、よりどころにしているのが姓名判断。芸事が成…

名作のリメークで初主演も大爆死

初主演「セーラー服と機関銃」がコケた橋本環奈の正念場

角川映画40周年記念作品」という金看板を引っ提げて全国238館で公開され、公開前には大々的にPRイベントを行ったにもかかわらず、「公開初日の興収はわずか3000万円足らず。最終的に興収は1億に届くかどうか微妙なところ」(映画ライター)という。 それでも、ネット上のレビューではかなりの高評価が目立ち、書き込みの“サクラ疑惑”が指摘されるほど。 「2番手で出演した長谷…

左から原作者の赤川次郎、橋本環奈

セーラー服と機関銃 4代目ヒロイン橋本環奈の「カイ…カン」

角川映画40周年記念作品「セーラー服と機関銃―卒業―」(来春公開)で映画初主演を飾ることが分かった。薬師丸ひろ子、原田知世、長澤まさみに次ぐ「4代目星泉」役。スター女優の登竜門ともいえる役どころに挑むとなれば、これまで以上に注目を浴びることになりそうだ。 23日の製作発表記者会見。当の本人は「感じたことのない重圧でいっぱい」と不安そうな胸の内を明かしたが、その一方で…

現役女子大生の土屋太鳳(たお)/(C)日刊ゲンダイ

「朝ドラ主役」射止めた土屋太鳳は吉高由里子を超えられるか

角川映画やソニーミュージックほか3社合同実施のオーディションで審査員特別賞受賞を機に05年、デビュー。すでにドラマ、映画ともに10本以上の作品をこなしている。朝ドラ以外にも複数のNHKドラマに出演。4年前の「龍馬伝」で大河も経験済みだ。 昨31日の記者会見では「NHKの出世魚」(制作統括の高橋練氏)と例えられていた。2020人のオーディションから選ばれたのだから、ズ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事