日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

銭形平次・出演者の関連ニュース

タイガーアイの指輪は大切な形見/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

「銭形平次」で夫婦役 大川橋蔵が香山美子に贈った自作指輪

今も忘れられない人は時代劇「銭形平次」(66~84年)の平次親分こと大川橋蔵さんだ(故人)。14年もの長きにわたって“夫婦”として連れ添った相手である。 「この指輪、すてきでしょ。橋蔵さんから頂いたものなんです。台座は橋蔵さんの自作で、奥さまの真理子さんとお揃いなの。大切な大切な形見です」 こう言って、香山さんはケースから取り出した指輪を指にはめてくれた。上品で柔ら…

「銭形平次」制作発表の際の舟木

賞金5万円でも…舟木一夫「あらえびす文化賞」の格別感

日本作家クラブが新たに設定した賞で、『あらえびす』とは娯楽時代小説『銭形平次』の作者・野村胡堂のもうひとつのペンネーム。作家クラブには以前から『野村胡堂賞』がありましたが、主に文芸・文学を表彰するもの。しかし、それだけでは野村の多岐にわたる活躍がカバーしきれないとして、このほど『あらえびす文化賞』を設けたのです」(出版関係者) それがなぜ、舟木にはうれしいのか。前述…

俳優の内藤剛志(左)と北大路欣也

今あるのはあの人のおかげ

内藤剛志の“気合”受け止めた 北大路欣也の意外な世話好き

お父上がやられた「ご存知!旗本退屈男」(テレビ朝日系)、広田弘毅を描いたドラマ「落日燃ゆ」(同)、土曜ワイド劇場「事件」(同)、「銭形平次」(フジテレビ系)の第1回スペシャル、桜田門外の変を描いた映画「動天」「幻十郎 必殺剣スペシャル」(テレビ東京系)等々。 ■斬られ役と骨董商の役でゲスト出演 逆に僕が主演したNHKの時代劇「はんなり菊太郎」には2度ゲストで出演して…

沢村一樹の「桃太郎侍」が見てみたい

絶滅寸前から視聴率も大健闘 TV「時代劇」復権の裏側

「木枯し紋次郎」「銭形平次」(ともにフジテレビ系)、「江戸を斬る」(TBS系)はじめ名作がたくさんある。それを東山のようなアラフィフ・ハンサム男優で演じてシリーズ化すれば、数字が堅いコンテンツになるのだ。“大人の事情”としては、DVD化すれば、過去の大量の作品もはやりのDVDボックスにして売れる。 一時は絶滅の危機だった時代劇の新たな時代の幕開けともいえそう。個人的…

最近はソフトバンクのCMでお馴染み

時代劇スター ここだけの話

北大路欣也 生放送ドラマでまさかの“ハプニング”

いい時代でした」 「地獄の辰捕物控」「隠密奉行朝比奈」などオリジナル主演作も数多いですが、「銭形平次」「子連れ狼」「大岡越前」「旗本退屈男」といった定番をしっかりと受け継いでいるのも北大路さんの心意気の表れでしょう。現在、大河ドラマ「花燃ゆ」で長州のお殿様毛利敬親を貫禄たっぷりに見せてくれていますが、北大路さんの大河ドラマといえば68年の「竜馬がゆく」をご記憶の方も…

10円玉がおすすめ/(C)日刊ゲンダイ

「小銭を投げつけて」 ALSOK防犯担当者が教える護身術

いざという時、銭形平次のように投げつけるためです(写真)。1枚でも当たれば相手はひるみますから、その隙に一目散に逃げるというわけです」(新保さん) オススメは10円玉。茶褐色なので見えにくく、投げ捨てても懐が痛まないからだ。 ■「ごめんなさい返し」 それでも逃げ切れず、相手に掴みかかられたなどという場合の、とっておきのワザがある。名付けて「ごめんなさい返し」だ。 「…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事