日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「浅田次郎 小説」に関する記事

None

ザッツエンターテインメント

一冊で数倍楽しい短編アンソロジー文庫特集

冒頭の浅田次郎の「小鍛冶」の舞台は現代。刀剣鑑定を生業とする男の奇談という形をとり、のっけから意表をついてくる。他にも山本兼一の刀剣商ちょうじ屋光三郎シリーズの「うわき国広」、武士階級も消滅しもっぱら鑑賞用へと転化していく刀が最後に刀としての価値を試されることになった時代のエピソードを描いた津本陽の「明治兜割り」、人の怨念や情念のこもった刀剣ならではの怪談を描いた…

著者の浅田次郎氏/(C)日刊ゲンダイ

著者インタビュー

「日本の『運命』について語ろう」浅田次郎氏

ベストセラー早読み

「わが心のジェニファー」浅田次郎著

(小学館 1500円+税)…

三菱UFJニコスの井上治夫社長

社長の本棚

【三菱UFJニコス】井上治夫社長

青臭いといわれるかもしれませんが、青雲の志が伝わってくる大好きな小説です」 池波正太郎、北方謙三、浅田次郎などの時代小説を読み続けるうち、哲学者・梅原猛の歴史書「隠された十字架―法隆寺論」にたどり着く。猛烈なインパクトだった。 「古代史の世界に次々と新説を打ち出す梅原さんはスゴイ。『隠された十字架』も法隆寺は聖徳太子の怨霊を鎮めるために建立されたというのです。ただ、…

映画「王妃の館」完成披露イベントに登場した水谷豊

美女に囲まれご満悦の水谷豊 「パリの休日」で“充電”明かす

浅田次郎の同名小説が原作。パリの一流ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」を舞台に、水谷演じる天才小説家・北白川右京と個性的なツアー客によるドタバタの人間模様を描く。3週間に及ぶパリでの撮影を行い、カネ以上に手間暇かけた作品。というのも、事前に厳密な審査が必要となる仏のベルサイユ宮殿、ルーブル美術館で貸し切りを含むロケを敢行したからだ。ベルサイユでの撮影…

(C)日刊ゲンダイ

江戸東京 町歩き

清志郎が愛した「四国」あり<新中野>

作家・浅田次郎氏の小説にも出てくる商店街、鍋屋横丁の最寄り駅「新中野駅」には、出入り口が4つある。よほど大きな駅を除き、たいていの丸ノ内線は出入り口は2つ。不思議だなぁと思っていたら、通称“鍋横”商店街のホームページで理由が分かった。 要約すると、「昭和30年代後半の丸ノ内線が全線開通の折、鍋横が非常に賑やかな商店街だったから、杉山公園側と鍋横側に上下線2つずつ出入…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事