日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「加藤浩次 番組」に関する記事

加藤浩次と山本圭壱「極楽とんぼ」の2人

番組で名前連呼の“広報活動” 加藤浩次は山本圭壱と心中か?

20日、BSスカパー!開局1周年記念番組「BSスカパー!って知ってますか!?一」制作発表会に「極楽とんぼ」加藤浩次(46)、「ロンドンブーツ1号2号」田村淳(41)、劇団ひとり(38)が登場した。3人は“地上波では見ることができない”をコンセプトに番組制作を担当。サプライズゲストについて聞かれた加藤は「(相方の)山本ですか? 山本のことですよね?」と相方・山本圭壱(…

None

BPO見解と同日発表の謎…フジ「いいとも!」終了で“まゆゆ蹴り”批判隠しか

その「生爆裂お父さん」コーナーで、加藤浩次がAKB48の渡辺麻友の頭を蹴飛ばしたことが放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会で9月に審議入り。今月15日までにフジを交えた意見交換が行われていた。BPOの見解を示した「委員会の考え」が公表されたのが22日。偶然か意図的か、「いいとも」打ち切り発表と同日だったため、BPOからフジへの強烈なダメ出しをメディアが大き…

欠席理由は発表されず

加藤浩次 「スッキリ!!」謎の欠席で蒸し返される“過去”

お笑い芸人加藤浩次(46)が9日、メーン司会を務める朝の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)を欠席したが、その理由が番組で明かされなかったことから、さまざまな憶測が飛び交っている。 というのも、加藤は5日にも番組を一時離席したばかり。このときの理由が腹痛によるトイレだったことから、加藤の体調を心配する声や何らかのトラブルをいぶかる声が、続々とネットに書き込まれる…

“狂犬”と呼ばれた時代もあった加藤浩次

今週グサッときた名言珍言

「自分ってそんなに正しいですかね?」 by 加藤浩次

いまや日テレの「朝の顔」として活躍している加藤浩次(46)。番組作りにおいて、スタッフに意見するかどうかの話題で漏らした疑問を今週は取り上げたい。 冒頭の言葉は「僕なんか自分が一番間違ってると思ってるんで言えないですね。信念を曲げたくないっていうのは言いますけど、それ以外は大勢のスタッフが考えた方が絶対正しいと思います」と続いた。 「狂犬」などと呼ばれていた加藤が情…

None

●このMCなぜ凄い

加藤浩次 際立つのは「ギャップ力」。声の印象とは裏腹に…

「スッキリ!!」は加藤浩次さんがMCです。当初は朝の顔らしくないともいわれましたが、じつは彼こそMC力に秀でた人物のひとり。そこでMCとはいったい何なのか? それを支える「ギャップ力」「間抜け力」「現場対応力」「聴く力」という4つのMC力の解説を通じて、新しいテレビの見方を提案したいと思います。 加藤さんのMC力のなかでも際立つのは「ギャップ力」。彼はコントではす…

“ポスト大御所”の最右翼

酉年生まれ “年男年女”の吉凶

持ち前の男気がネックに 加藤浩次“大御所”へのアキレス腱

朝の情報番組「スッキリ!!」をはじめ4番組で司会を務め、所属する吉本興業の中でも明石家さんま、ダウンタウンに次ぐ稼ぎ頭の加藤浩次は、この4月で48歳になる年男。大御所といわれるベテラン司会者たちの番組が、ギャラ高額化のあおりで次々と終了する中、“ポスト大御所”の最右翼に挙げられるほど加藤の実績と安定感への評価は高い。 だが、そんな加藤にも不安要素はある。10年前に少…

宇野常寛氏の批判に加藤は…

ASKA映像流出 テレビ局批判にイラ立った加藤浩次が話題に

この問題をめぐり、1日放送の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)で司会の加藤浩次(47)とレギュラーコメンテーターが“衝突”する一幕があり、視聴者の間で話題になった。 ASKAのタクシー車内映像については、「スッキリ!!」もご多分に漏れず放送していたが、この日、コメンテーターとして出演していた評論家の宇野常寛氏(38)がテレビ各局の報道姿勢も問題視。動画を流出さ…

上重アナの「スッキリ!!」降板はあるのか

上重アナいじり大笑い 加藤浩次「スッキリ!!」安泰いつまで

同局朝の情報番組「スッキリ!!」の司会、加藤浩次(45)の言動が話題だ。今月2日に疑惑が浮上した翌日の番組冒頭、上重が陳謝したときから続いている。ネットでは「笑いごとにするな」「愛のむち」と賛否両論、喧々囂々だが……。 「上重アナは、いずれ降板でしょうが、実は加藤も安泰ではなかったんです」と、内部事情に詳しい関係者が打ち明ける。 「レギュラーコメンテーターのコラムニ…

2004年「報ステ」スタート時の記者会見

古賀氏発言に手をついて謝罪…古舘伊知郎に「報ステ」降板説

ちなみに『NEWS ZERO』の村尾信尚は4.9%、『スッキリ!!』の加藤浩次は5.1%。驚いたのは『モーニングバード』の羽鳥慎一が5.9%と断然のトップだったこと。つまり、古舘は唯一無二の存在ではなく、もはや“オワコン”ということです」(編成関係者) もし口論の場でひよらずに、古賀氏の肩を持っていたら……。古舘は「報ステ」をクビになったとしても歴史に残る名キャスタ…

None

五輪に続きサッカーW杯も ジャニーズに染まるスポーツ番組

TBSは村上のほかに加藤浩次も起用しますが、サッカー番組を持っている加藤ひとりで十分。香取はやかましいだけの応援団長ですからね」(サッカー担当記者) コラムニストの桧山珠美氏がこういう。 「最近、ジャニーズのタレントはドラマで視聴率を取れなくなっているから、次々にキャスターに“参入”しているのかもしれません。でも、4年に1度のお祭りを見ようと思ってテレビをつけたら、…

None

島田紳助氏 表舞台復帰あるのか、ないのか

『極楽とんぼ』で山本の相方の加藤浩次が熱心に推したことが復帰を後押しした形。たとえば明石家さんまが口添えしたりすれば、紳助さんの復帰の道筋は開ける可能性もあると思います」 テレビの現場はどうか。ある放送作家がこう言う。 「制作の現場では、今も紳助さん待望論は強い。タレントの名前で数字(視聴率)を見込める時代じゃないのは、古舘伊知郎氏の12年ぶりバラエティーで話題を振…

ワイドショー戦線のトップに立った羽鳥アナ

視聴率トップに 「羽鳥慎一モーニングショー」躍進の理由

これまでは小倉智昭(69)が司会のフジテレビ系「とくダネ!」と、「極楽とんぼ」加藤浩次(47)が司会の日本テレビ系「スッキリ!!」の2強が視聴率でリードしていたが、9月第3週の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で羽鳥慎一(45)が司会のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金、8時スタート)が逆転して民放トップに立ったのだ(9月第3週平均は「モーニ…

加藤浩次

斬り取り 報道・情報番組この1本

番組リニューアルで存在感が増した加藤浩次

MCはスタートから加藤浩次、相方は今春、テリー伊藤からスキャンダルも報じられた局アナの上重聡に代わった。その騒ぎは沈静化し、忘れ去られてしまったが、“リニューアル”された「スッキリ!!」でもポイントになっているのはやはり加藤の存在感。 たとえば、ラグビーW杯の南アフリカ戦。劇的勝利でスポーツ用品店で日本代表の公式ジャージーが売り切れたこと、五郎丸(FB)がボールを蹴…

超高校級球児だった上重聡アナ

日テレ「スッキリ!!」にエース上重聡アナ投入の“大人の事情”

今月で同番組を卒業することが決まっているテリー伊藤に代わって、番組MCの加藤浩次とタッグを組み日テレの“朝の顔”を任される。 民放各局がシノギを削るこの時間帯で、「スッキリ!!」は長い間トップを走っていたが、最近は「とくダネ!」(フジテレビ系)にトップの座を奪われていた。日本テレビとしては視聴率3冠王の意地をかけてトップを奪還したいところ。この4月から10年目を迎え…

None

ロートル司会者はびこり…“ポストみのもんた”ヒロミ急浮上

そこで浮上するのが話慣れていて、かつ、自分の主張や持ち味を番組に反映できる芸人出身の司会者です」 ビートたけしは別格にして、たしかに日本テレビ「スッキリ!!」の加藤浩次、「ヒルナンデス!」の南原清隆、TBS「ひるおび!」の恵俊彰など帯の情報番組やワイドショーを担当し、成功させている芸人司会者は多い。 ヒロミは先輩タレントにもタメ口をきいたり、呼び捨てにしたりする不良…

日テレの安村直樹アナ?

近藤春菜は出演料がネック 上重アナ後任に浮上する局アナ

『スッキリ!!』にもレギュラー陣のひとりとして出演しており、番組の進行などは頭に入っているし、社員だけにタレントと違って出演料を払う必要がない」(日テレ関係者) 後継の司会者には、お笑いコンビ、ハリセンボンの近藤春菜(32)の名前が一部で報じられたが、「加藤浩次のギャラだけでも高額なのに、さらにもう一人タレントを司会に据えれば制作費が大変」(前出の関係者)。 加藤と…

上重アナは来春「スッキリ!!」降板説も

億ション売却で同棲解消…上重アナと安座間美優に「破局」情報

日テレの食堂で仲良くランチをしている様子がよく目撃されていて、一丁前に先輩風を吹かせていますよ」(日テレ関係者=前出) 番組を降板するどころか、MCの加藤浩次(46)に「ちゃんと電車で帰るようにね!」などとイジられながらも出演を続けている上重アナ。しかし、降板の時は刻一刻と迫っているようで……。 「日テレ側は『報道のせいで降板した』という事実をつくりたくないため、加…

None

このMCなぜ凄いのか

有働由美子 女性の本音を代弁するNHKトップの発信力

僕が担当していた「スッキリ!!」は、このコラムでも取り上げた加藤浩次さんをはじめとして、MCには男っぽい布陣を敷いていたとはいえ、女性層に絞り込んでコンテンツを並べていたので、この時間帯の主役である“主婦層に刺さる”パッケージを「あさイチ」がラインアップしたことに危機感を感じたのを覚えています。 番組のテーマ設定はともかくとして、女性たちの本音を語るキャラクターと…

日テレがついに“白旗”をあげた

「スッキリ!!」降板…上重聡アナに“部署異動”の可能性も

騒動の直後こそ、メーンMCの「極楽とんぼ」加藤浩次(46)が上重アナをイジる場面もあったが、最近は腫れ物に触るような扱いとなり、画面に映る頻度も激減。3月いっぱいでクビが決まった。 「上重が降板しなかった理由は『文春の思い通りにしない』という日テレの意地と、上重に代わるエース級男性アナの不在という局内事情です。人気ナンバーワンの桝太一アナがフリーに転身する可能性を踏…

堺正章と平成ノブシコブシの吉村

「チューボー」抜擢ノブコブ吉村 “破天荒”の裏にある計算高さ

同じ北海道出身の先輩『極楽とんぼ』加藤浩次に免許を取得したことを報告したら『じゃあ車はアレにしろよ』と冗談半分で勧められたのがBMWの最新型ハイブリッド車『ⅰ8』。実際に見に行ったら気に入ってローンで購入したそうです。自宅も家賃が月45万~50万円の新宿のタワーマンション。月収も200万円は下らないそうですが、これだけ使っていたらほとんど残らないでしょう」(芸能プロ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事