日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

都筑区の関連ニュース

パークシティLaLa横浜

傾斜マンション 住民を黙らせた三井不動産の400億円補償

横浜市都筑区のマンション「パークシティLaLa横浜」の4棟のうち1棟で傾きが見つかった問題で、19日、マンションの管理組合が4棟全ての建て替えを正式決議した。2020年冬までの再入居を目指すという。 横浜市の「緑公会堂」で午前10時から始まった決議集会には424人の住民が参加。終始和やかな雰囲気のまま、総議決件数(711件)の99.7%にあたる709件の賛成で全棟の…

「レインボーブリッジ」も横河ブリッジが施行

神戸は“ジャッキ式”で10人死傷 橋の手抜き工事はこんなに

そのため、作業員のみならず、通行者へのリスクもあり、不安ですね」(元労働基準監督官で労働衛生コンサルタントの村木宏吉氏) 横河ブリッジと共に工事を請け負っていた三井住友建設は、横浜市都筑区のマンション傾斜問題にも関わっていた。大手施工業者が工事する橋への不信感はさらに強まる一方である。 ■落橋防止装置に溶接不良 そもそも橋の工事には手抜きが目立つ。 昨年末に国交省は…

傾斜角0.6度でめまいや頭痛が…

傾斜0.6度でめまいや頭痛…“傾き住宅”に潜む「病気リスク」

日に日に騒ぎが大きくなる横浜市都筑区の“傾きマンション問題”。建物の安全性が懸念されるだけでなく、住人の健康に被害を及ぼす可能性もある。 傾きマンションは、住人が西棟と中央棟をつなぐ渡り廊下の手すりに約2センチのズレを見つけたことが発端となり、計9本の基礎杭が強固な地盤の支持層に届いていないことが判明した。床が1.5センチ傾いていたり、玄関扉が閉まりにくくなった住人…

たまプラーザ

大都市圏なんでも健康ランキング

首都圏の平均寿命は若者の数が多いほど長くなる

表に示すように、男性では川崎市宮前区と横浜市都筑区が82.1歳でトップに立っています。最下位は横浜市中区(77.1歳)で、ちょうど5歳の差があります。都筑区や青葉区は、横浜市の北西部に位置し、川崎市宮前区と接しています。これらの地域は高級住宅エリアとして、また住民の平均所得が高いエリアとしても県内外に名が通っています。 一方、横浜市中区には神奈川県庁や横浜市役所が…

None

大都市圏なんでも健康ランキング

川崎市は全区で人口増加も 千葉の太平洋側は10年後に1割減

人口が増えるほうでは、横浜市都筑区がトップで、2025年までに8.5%増と予想されています。横浜市全体では約1%の減少となります。また、川崎市は2.3%増。こちらはすべての区で増える予想になっています。 東京は23区のうち5区で人口増、しかし足立区(93.5%)、葛飾区(94.1%)、杉並区(95.7%)、北区(95.7%)などでは減少が目立ってきます。消滅説がさ…

東京都杉並区・阿佐ヶ谷の商店街

大都市圏なんでも健康ランキング

がんの標準化死亡比は住みやすい自治体ほど低くなる

2位は横浜市都筑区の78.0でした。 全般的に「住みやすい」といわれる自治体の数字が低い傾向がみられます。ただし、所得との関係は微妙です。平均所得が全国1位の港区は男性が97.6、女性ではなんと116.0です。女性のこの数字は、実は足立区(107.6)よりも高いのです。所得とがん死の確率は、必ずしもリンクしていないようです。 注目は川崎市です。川崎市は多摩川の南岸沿…

市町村レベルでは10歳違う(上は長野県松川村)

大都市圏なんでも健康ランキング

平均寿命の違いをあぶりだすには市町村レベルで見てみる

しかし、男性の2位は川崎市宮前区と横浜市都筑区の82.1歳です。つまり大都市圏で比べても、男性の平均寿命には最大10歳近い開きがあるのです。 なお、女性の最長は沖縄県北中城村の89.0歳、最短はやはり西成区の83.8歳となっています。ただし都市部で見ると、福岡県太宰府市(88.3歳)や東京都杉並区(88.2歳)が最長です。 今回の連載では、都道府県レベルでは気づかな…

三井住友建設経営陣の責任も問われる

傾斜マンション ミス認めた三井住友建設「経営危機」の恐れも

横浜市都筑区のマンション傾斜問題の新たな展開には、口をあんぐりするしかない。 先週、基礎の杭打ち工事を行った旭化成建材と親会社の旭化成のトップがガン首を並べて謝罪したが、そもそも、施工主の三井住友建設が設計段階で想定より2メートル短い杭を発注していたというのだ。旭化成側の説明は、「1人の現場責任者が杭70本の施工データを改ざんした」というものだったが、長さが足らない…

人生最大の買い物だけに…

マンションが傾いたら…リスクの減らし方を専門家が指南

三井不動産グループが2006年に販売した横浜市都筑区の大型マンションが傾いている問題。基礎工事を担当した旭化成建材がズサンなくい打ちをしたせいで、“夢”が“悪夢”のマイホームに。そのうえ「まさか」の超大手不動産会社だけに、もう何を信用していいのか分からなくなる。 「くいがきちんと地盤に届いているかなんて、プロでもなかなか見抜けない。実際のところ、工事に関わった末端の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事