日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

東進ハイスクールの関連ニュース

樋口裕一氏

著者インタビュー

「名著の読書術」樋口裕一氏

早稲田大学第一文学部、立教大学大学院を経て、東進ハイスクールで小論文を指導。多摩大学教授。通信添削塾「白藍塾」塾長。著書「頭がいい人、悪い人の話し方」「読ませるブログ」「ホンモノの文章力」「ヴァーグナー」など多数。翻訳書に「イタリアか、死か」他。 目からウロコの読書術…

“科学界のインディ・ジョーンズ”長沼毅氏の時代到来?

「貼」の字を書けず…林修先生の“今でしょ!”ブームも終焉か

予備校「東進ハイスクール」で現代文講師を務め、「今でしょ!」でおなじみの林修(49)。13年に「今でしょ!」が流行語大賞を受賞してから2年が経った現在も6本のレギュラー番組を持っているが、そんな「知識人」「雑学王」としての地位が崩壊しつつある。 きっかけは3日放送の「ネプリーグ」(フジテレビ系)で「貼る」という漢字の書き取りクイズで「巾」に「占」という字を書いて不正…

著者の税所篤快氏/(C)日刊ゲンダイ

著者インタビュー

「ゆとり世代の愛国心」税所篤快氏

自分の数学テストが2点で、予備校・東進ハイスクールのDVD授業で早稲田に合格した体験を活用して成功。その後、ルワンダ、ヨルダン、ハンガリーなど5大陸に展開する過程で、日本の奇跡が見えてきた。 「僕ら『ゆとり世代』は、謝罪記者会見のブザマな大人を見て育ち、日本はダメな国だと感じてました。ところが海外で日本人だというと、尊敬や憧れのまなざしで見られるんです。日本製品のせ…

ボーダーライン上 企業の生死

【代々木ゼミナール】受験ビジネスで生き残れるかが焦点

◆高宮学園(代ゼミ) 4260億円(前年比146億円減) ◆河合塾 1792億円(17億円減) ◆駿台予備学校 637億円(33億円増) ◆ナガセ(東進ハイスクール) 153億円(9億円増) なるほど、代ゼミの資産は同業他社とケタが違うのだ。だが、年間146億円減少はおだやかではない。しかも、2010年3月期を比べると、357億円減である。それでも、つぶれる心配が…

(C)日刊ゲンダイ

売上高1位は河合塾も…プロが教える「通わせていい予備校」

代ゼミから人気講師を引き抜いて業績を伸ばした東進ハイスクールがまさにこのパターン。大手の方が過去問など情報の蓄積もある。やはり受験生は、売り上げの大きい予備校を選んだ方がいいのか。 ■個別指導がベターな場合も しかし、「売上高を塾選びの基準にすると大失敗しかねません」――。こう警告するのは安田教育研究所の安田理代表だ。 「売上高を伸ばしている予備校・学習塾の中には、…

今はタレントとして有名に…/(C)日刊ゲンダイ

林修先生vs東新 衝突の背景に“社長のワンマン体質”!?

所属している東進ハイスクールとの間でトラブルが発生しているのだ。 発端となったのは、21日の林氏自身のブログ。「ご質問にお答えします」と題して、〈僕は一切作成に関わることはありません〉〈理由は、東進の模試作成を担当する部署の職員たちと、模試に対する考え方の乖離があまりにも大きく、一緒にやっていくのは不可能と判断したからです〉と書き込んだのだ。 突然のトラブル告白に、…

一挙に20校閉鎖/(C)日刊ゲンダイ

「代ゼミ」縮小&模試廃止は序章…予備校を襲う“極寒の時代”

代表例は「東進ハイスクール」で、地方でも有名講師の授業を受けられる衛星予備校のスタイルが主流になりつつある。が、こちらも先行きは不透明だという。 「衛星予備校も、今がピークでしょう。少子化で学生数が増えないだけでなく、高校は公立、私立問わず、予備校に引けをとらない夏季講習をしている。夏休みが1週間もないような高校の進学クラスもあります。予備校が生き残るには、私立中や…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事