日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「阿部慎之助 サイン」に関する記事

阿部の送りバントは成功したが…

動かぬ巨人由伸監督 阿部に「送りバント」は“危険な兆候”

1点を追う四回無死一、二塁で、5番の阿部慎之助(37)が西武先発菊池の初球を捕手前に転がした。難なく成功して1死二、三塁。続くクルーズの2点適時二塁打で、巨人は一時逆転に成功した。高橋由伸監督(41)は「なかなかチャンスはないかなと思ったので、チャンスを広げて何とかものにしようと、そういう(阿部に送りバント)選択をした」と自らのサインであることを明かしたが、その後、…

色紙に「無」と書いた阿部

1億8400万円減のG阿部 それでも「減額制限」回避できた理由

(球団)歴代2位(の大幅減俸)だって」 巨人の阿部慎之助(36)が昨25日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億8400万円ダウンの年俸3億2600万円でサインした。今季の5億1000万円は球界トップだったが、その座から陥落。会見の冒頭、こう切り出した阿部は、捕手から一塁に転向して臨んだ今季、故障と不調で打率.242、15本塁打、47打点。規定打席にも届かない…

球界最高年俸は“死守”した阿部/(C)日刊ゲンダイ

9000万円減更改の巨人・阿部が来季抱える「2つの恐怖」

金額はみなさん(報道陣)で計算してください」 巨人の阿部慎之助(35)が昨4日、契約更改交渉を行い、9000万円ダウンの5億1000万円でサインした。 今季は打率.248、19本塁打、57打点。プロ14年目で03年以来となる2度目の減俸となった。表情を変えず、「仕方ない。ダメだったら下がる。良かったら上がる。いつも言っているけど」と話したものの、現時点で同僚の杉内の…

投手の安心感も違う

マスク越しに見た珍プレー好プレー

巨人阿部 投手をのせる「速さ」と「アバウトさ」

グラウンド外のゴタゴタが続いたけど、今年の巨人は阿部慎之助(37)次第だと思う。一塁から本来のポジションに戻って、捕手として100試合以上に出場したら、巨人は強い。中日のバッテリーコーチとして見ていた昨年、つくづくそう思わされることがあった。 昨年、一塁にコンバートされた阿部は、捕手としては23試合の先発出場にとどまった。でも、彼がマスクをかぶると、巨人の試合のリズ…

None

松井に遠慮も年俸6億円…巨人・阿部 チームでは“ゴジラ超え”

巨人の阿部慎之助(34)が24日、契約更改交渉を行い、3000万円アップの年俸6億円、年俸変動制の2年契約でサインした。日本人選手では元巨人の松井、元横浜の佐々木に次ぐ6億円到達。「(入団した時には)考えられない」と笑みがこぼれた。 135試合に出場し、打率.296、32本塁打、91打点。主将、主砲、捕手としてチームを牽引し、リーグ連覇に貢献した。球団からは02年の…

来年も一塁だけ

GM要請明かす 巨人阿部“一塁専任”に他球団大喜びのワケ

24日の契約更改で6600万円ダウンとなる2億6000万円でサインした巨人の阿部慎之助(37)。その後の会見で、堤GMから「来年は一塁でフル出場して欲しい」と要請されたことを明かしたことに、冒頭の選手は「つまり、ファーストからの再コンバート案は完全に消滅して、来季もキャッチャーをやらないということですよね。助かりますよ」と言うのだ。 阿部は今季、本来なら捕手をする…

左ももを痛めた阿部慎之助

捕手復帰の果てに…巨人・阿部の故障は「人災」とOB苦言

17日の阪神戦の初回、阿部慎之助(36)が攻撃中に負傷交代。1点を先制した直後の2死二塁で右翼線に適時二塁打を放った際の走塁中に足を痛めた。二塁ベース上で顔をしかめ、ベンチに向かって両手で「バツ」のサイン。そのまま小林が代走に送られた。 球団発表は「左太もも裏に異常を感じたため」。阿部はアイシング治療後に「(程度は)まだ分からない」と話し、試合中に球場を後にした。…

None

原監督vs落合GM 西武・片岡巡ってガチンコバトル勃発

09年WBCで日本代表入りした片岡を、そのときの指揮官だった原監督が高く評価しているのはもちろん、そのWBCで親交を深めた主将の阿部慎之助も「ヤス」と下の名前で呼び、互いに認め合う関係。その阿部が、巨人が来季以降も3連覇、4連覇と優勝を続けていく上で必要な戦力になると、獲得をバックアップするつもりでいるというから、こちらも本気と考えていいだろう。 移籍しても生活環境…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事