日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

黄菊特集

None

【日曜京都8R・黄菊賞】出走全馬の特選情報

京都金杯は鼻差しのいだが……

市川が人気馬を斬る

エア、サトノにだって付け入る隙はある!

2走前の黄菊賞がいいお手本になる。道中は10馬身以上も離して、単勝1・4倍のコロナシオン以下、有力馬の切れを封じ込めた。同じ淀の舞台で、再現を期待したい。…

岩田騎手

木津のジョッキー直撃!

先頭ゴールだ岩田 タガノアシュラ

札幌2歳Sは出負けて流れに乗れなかったけど、黄菊賞ではまたハナを切って大逃げして快勝。朝日杯はマイルが少し忙しいかなって。気持ちの折り合いさえつけば、千八とか二千が合いそうだよ」 ――どのような展開をイメージしてますか。 「頭数が少ないので思い切ったレースをしようと。勝った2戦はハナを切ってるんだから、ベストはその形だろうからね。いずれにせよ、ゲートに気をつけて気分…

07年は3番人気アサクサキングスが快勝

【きらさぎ賞】逃げるが勝ち? 過去10年間で5連対

2走前の黄菊賞でアレヨアレヨを演じたタガノアシュラ。ダートの前走で7馬身差勝ちベルエスメラルダ。昨秋の萩Sを2番手から抜け出したプラチナヴォイス。ハナを切りそうな馬には配当的な妙味がたっぷりある。 穴党は要チェック! アメリカズカップ 56 松 若 エスピリトゥオーゾ 56 四 位 サトノアーサー 56 川 田 スズカメジャー 56 福 永 タガノアシュラ 56 …

前走はきっちりと逃げ切り

特捜班の決断

【朝日杯フューチュリティS】ムード最高タガノアシュラ

しかし、次走の黄菊賞では逃げ切り勝ちときっちり巻き返した。 続く大舞台に向けて、陣営はこんな工夫を。 「2走前よりマシだったけど、前回でもテンションが高かった。ジョッキーがまたがるとスイッチが入る。だから、今度は地下馬道で乗ってもらう」(五十嵐師) さらに、もうひとつ好材料がある。 「千六なら向正面スタート。ポケットに行ったら落ち着くんだ」 勝てば、武豊はJRAのG…

直撃!!生産牧場

タガノアシュラ 新冠タガノファーム(北海道・新冠)

前走の黄菊賞はうまくゲートを出すと、2F目で11秒8にペースを上げて後続に大逃げを打ったように見せるが、その後はペースを落として5F通過は61秒2のスロー。JCのキタサンブラックのような後続を“幻惑させる逃げ”で、スローなのに後続につつかれることなく逃げ切っている。 距離短縮で同じような逃げが打てるか。そこがポイントだが、“レジェンドなら”という期待はあるだろう。 …

None

【朝日杯フューチュリティS】勢いが肝心 五百万特別勝ちを狙え

前走の黄菊賞ではすんなりとハナを奪うと道中はひとり旅。ラスト3Fを全て11秒台でまとめられては後続は影も踏めなかった。 五十嵐師は話す。 「うまく乗ってくれたね。ただ、2走前よりはマシだったが、パドックでジョッキーがまたがったらテンションが急に高くなっていた」 もちろん、大舞台に向けて対策は怠りない。 「地下馬道で乗ることを考えている。それに、今度は向正面からのスタ…

None

【朝日杯フューチュリティS】天狗山ナマの声

タガノアシュラ C 黄菊賞を逃げ切った後も順調。先週はCウッドでいっぱいに追われ、けさは坂路で単走。4F53秒3―12秒5で軽快に駆け上がった。五十嵐師は「1週前にしっかりやっているから、直前はテンションを上げすぎないようにサッと。予定通り」と合格点ジャッジだ。「ハナにはこだわっていないよ。好位の2、3番手でリズム良くが理想。マイルも合うと思う」…

圧巻の末脚でファンタジーSに勝利

【朝日杯フューチュリティS】ミスエルテ勝てば36年ぶり大記録

さらに黄菊賞を逃げ切ったタガノアシュラは鞍上・武豊が前人未到の“GⅠ完全制覇なるか”も話題になりそうだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事