日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「阿部慎之助 欠場」に関する記事

None

もう体が悲鳴!? 巨人 阿部とともに落下する

23日、阿部慎之助(38)が前日に続いて2試合連続でスタメンから外れ、「4番・一塁」には村田が入った。阿部は六回2死一、三塁の好機に代打で登場したものの、三振に倒れた。打線は10安打を放ちながら10残塁の拙攻。わずか1得点では苦しい。阿部は現在、打点(23)、本塁打(5)の2冠で、打率(・365)は2位。ほぼ三冠王の位置につける阿部がいない打線は明らかに迫力不足であ…

None

CSで敗れた広島選手が証言 「巨人のウィークポイントは阿部」

日本シリーズで、巨人の大黒柱・阿部慎之助(34)が“諸刃の剣”になりそうだ。CSファイナルステージ3試合で10打数3安打2打点。いずれも単打だったため、「長打が出る気がしないな」と原監督に指摘されるなど、まだ本調子ではない。 不安は扇の要でもある捕手の方。今季の盗塁阻止率.368はリーグ2位も、9月に右肩から背中にかけて帯状疱疹(ほうしん)を発症。その後しばらく試合…

試合前にドームを後にした阿部

首痛悪化の巨人・阿部には“ドクターストップ”かかっていた

巨人の阿部慎之助(36)が7日、首の痛みのため一軍登録を抹消された。前日のソフトバンク戦の九回にマスク越しにファウルが直撃。苦悶の表情を浮かべて後ろにひっくり返っていた。 4月に左太もも裏の肉離れで離脱したのに続いて、今季2度目の抹消。この日の試合前に「きのうのファウルチップのダメージが大きかった」と無念そうに話して東京ドームを後にした。 今回は復帰まで長引くかもし…

坂本、金田正一氏、原監督と中村紀洋

満身創痍の原巨人 バックアッパーに“浪人”中村紀が急浮上

結局、この男に頼るしかないかと開幕4番に内定した阿部慎之助(36)は、オープン戦で4番に固定されるや、右肩に打球を当てて最終戦を欠場した。 巨人OBの評論家・橋本清氏が言う。 「入団以来14年間も正捕手を務めて満身創痍だった阿部は、肉体的な負担を軽減するために一塁へコンバートされた。しかし、キャンプ中には『捕手にはない体の切り返しや瞬発的な動きがあるので、思った以…

代役の小林が先制適時打/(C)日刊ゲンダイ

巨人・阿部 スタメン落ちで浮かび上がった中日との“因縁”

阿部慎之助(35)がスタメンから外れた。 「えっ!? ケガ?」 先発を告げるアナウンスを聞いて中日ベンチ、記者席、スタンドからも驚きの声があがった。 18日の中日戦は杉内と小林のバッテリー。その新人捕手が先制適時打を放ち、杉内を今季初勝利に導いた。とはいえ、阿部は17日まで2戦4本塁打と大爆発。定期的に休ませるのが首脳陣の方針とはいえ、休養のタイミングとしては不可解…

先発の大竹と話す小林/(C)日刊ゲンダイ

堂々の初マスク 原監督が期待する捕手・小林の「陰」の部分

巨人の阿部慎之助(35)が今季初めて欠場した。5日の試合で左ふくらはぎに死球を受けて退場。6日は球場に姿を見せず、宿舎で治療に専念した。左ふくらはぎは2月のオープン戦の守備中に投球を受けて痛めた箇所。この時は実戦復帰まで1週間かかった。痛みがなかなか引かなかった“古傷”に、運悪くまた当たってしまっただけに、長引く可能性がある。 6日の中日戦は阿部に代わってドラフト1…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事