日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「長嶋茂雄 エピソード」に関する記事

いまだ確執は消えず…(左から三奈さん、長嶋茂雄氏、一茂氏)/(C)日刊ゲンダイ

一茂氏は一度も出ず…長嶋家の“闇”が正月特番で浮き彫りに

東京ドームの一室で再現された松井秀喜とのマンツーマンの素振りも、本邦初公開とうたうだけあって貴重ではあったよね」 1月3日にTBS系列で放送された「独占! 長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~」を見た古手の巨人OBの感想である。番組は、テレビ初共演だという長嶋氏(78)と次女の三奈さん(46)が、スタジオでVTRを見ながら仲むつまじく掛け合う姿を軸に構成されていたが…

None

ザッツエンターテインメント

一冊で数倍楽しい短編アンソロジー文庫特集

球界のスター・長嶋茂雄の陰で歴史に埋もれた2人の三塁手を描いた沢木耕太郎の「三人の三塁手」、1979年日本シリーズ第7戦での江夏の投球を追った山際淳司の「江夏の21球」、実直なボクシングでマイク・タイソンと戦い抜いたボクサーを描いた佐瀬稔の「アリを越えた男 イベンダー・ホリフィールド」など全10編。歴史の目撃者となったかつての若者の心にも、活字で追体験する今の若者…

昭和のかおりがプンプン

あの人は今こうしている

ベテラン芸人はたけんじさん 「仕事よりゴルフ」で豪華な人脈

でもね、そのゴルフのおかげで長嶋茂雄さんとプライベートなお付き合いをさせていただいたり、平尾昌晃さんのチャリティーゴルフや叙々苑カップなどのゴルフ番組からも声がかかったんですよ。実際、ひと頃はゴルフ関係の仕事も多かった。つい最近もさるライオンズクラブのコンペが潮来CC(茨城県)であり、そこで司会の仕事をね。プレー? 当然じゃないですか、ハハハ」 ちなみに、ハンディは…

精力的に活動

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

野村克也 TVで披露する昔話は繰り返しの限度を超えている

しかし、同番組で彼が長嶋茂雄のエピソードを話し始めた瞬間、私は思わずため息をついた。そのエピソードが、現役時代の野村が多用したことで知られる、かの有名な「ささやき戦術」が長嶋にだけはまったく通用しなかった、というお馴染みの笑い話だったからだ。 正直、聞き飽きたネタである。野村がこれをテレビで披露したのは、私が見た限りでも軽く10回は超える。古典じゃあるまいし、いく…

どこか存在が軽い

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

実績は抜群も 巨人原監督に“名将オーラ”がまったくない理由

そういう直感采配という意味では、かつての長嶋茂雄監督も同じなのだが、そのかわり天下のミスターには唯一無二のカリスマ性があった。だからこそ、落合博満や松井秀喜といった超大物が次々に心酔し、彼らが忠誠を誓うことで長嶋監督はますます重厚なオーラを手に入れていった。 原監督に足りないのはその部分だと思う。たとえばWBCで率いたイチローやダルビッシュ有あたりが原監督への信頼…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事