日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「玉木宏 番組」に関する記事

公私とも絶好調な北川景子/(C)日刊ゲンダイ

熱愛発覚のDAIGOも…北川景子の“共演者食い”凄い遍歴

映画「真夏のオリオン」(09年)で共演した玉木宏(34)とは同作の撮影終了後、半ば事務所公認で密会を重ねていると報じられた。 11年公開の映画「Paradise Kiss」で共演した向井理(32)とは濃厚なキスシーンを演じ、リハーサルでは向井のキスが“舌入れ”で現場には険悪なムードが漂ったといわれるが、逆に熱愛の噂も。その向井は先日、女優の国仲涼子(36)と12月…

水10対決で沢尻エリカを圧倒/(C)日刊ゲンダイ

下ネタ番宣も楽々と…日テレは綾瀬はるかに頭が上がらない

共演の玉木宏は「休みの日には何しているんですかって聞かれたので答えていたら、いつのまにか寝ている」と素顔を暴露するなど、和気あいあいとした現場の雰囲気が伝わってきた。 さらに、放送直前のバラエティー番組への番宣出演では天然トークが過激化。ホリプロの“お嬢”らしからぬ下ネタの応酬となった。 10月10日に出演した「踊る踊る踊る!さんま御殿!! 3時間SP」では、玉木宏

役柄も経歴も“五代さま”とは対照的

今度はナルさま人気 瀬戸康史は“五代さま”を超えられるか

同番組からは今さら説明するまでもない「五代さま」をはじめ「新次郎さま(玉木宏)」「栄三郎さま(新次郎の弟役を演じる桐山照史)」などが“フィーチャー”されてきた。そこへ今度は「ナルさま」だと。瀬戸康史は果たしてディーン・フジオカ(35)になれるのか。 経歴は対照的だ。日本生まれのディーンは海外を渡り歩き、日本に戻ってきた逆輸入俳優なのに対して、瀬戸は05年から芸能活動…

宝塚にどっぷり

DAIGOは大丈夫? タカラジェンヌに恋する北川景子の理想像

北川の場合は、これまでジャニーズの山下智久(30)や俳優の玉木宏(35)、向井理(33)らとの交際を次々と報じられた“共演者キラー”だが、こうした派手な男性遍歴も、原因はそこにあるのかもしれない。 昨年11月に交際が発覚したDAIGO(37)とゴールイン間近と報じられている北川。はたしてDAIGOに、宝塚観劇で培われた北川の”高い理想”が受け止め切れるのかどうか……

福くんも清史郎くんも“赤タレ”だった

「残念な夫。」で注目 “赤ちゃんタレント”売れっ子になる条件

タイトルよろしく“残念な”視聴率に甘んじている玉木宏(35)主演のドラマ「残念な夫。」(水曜22時~、フジ系)。竹野内豊(44)との“17歳差婚”間近と囁かれる旬の女優・倉科カナ(27)が、出産後、モンスター妻に豹変するとあって前評判は上々だったが、後半戦に突入しても視聴率1ケタ台の体たらくが続いている。 そんな不発のドラマの中で唯一の見どころをつくっている出演者が…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事