日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「日馬富士 体重」に関する記事

横綱日馬富士は137キロ

だから3横綱に勝てない…力士“肥大化”の原因は親方の怠慢

日馬富士は137キロしかない。それでも先場所優勝しているのだから、「体重」イコール「強さ」でないことは明らかだ。 現在、幕内最重量は前回より1キロ増となる212キロの逸ノ城。その逸ノ城は、もともと体が大きいのであって、無理やり太らされた多くの日本人力士とはわけが違う。 ファンは力士の押しくら饅頭が見たいわけではない。…

日馬富士の体重は幕内で3番目に軽い137キロ

すでに満身創痍…日馬富士が2日連続で“金星配給”の謎解き

3日目にして早くも2敗目を喫した横綱日馬富士(32)。2日目の御嶽海に続いてこの日は松鳳山と、2日連続で金星を配給した。 支度部屋では「うーん……」「ハァ……」とタメ息を連発。「まだ12日間残ってますから」と記者に励まされ、「そうですね」と笑顔を見せる始末だった。 松鳳山の素早い相撲に攻め立てられ、不用意な小手投げで自滅。中継の解説を務めた師匠の伊勢ケ浜親方は「すぐ…

株が下がり続ける逸ノ城と再評価される遠藤

体重管理だけじゃない…逸ノ城の評価さらにガタ落ちの理由

5日の伊勢ケ浜一門の連合稽古では平幕でトップとなる20番を取り、白鵬、日馬富士、照ノ富士の横綱、大関陣からも指名された。3月場所で左ヒザに全治2カ月の重傷を負うも、手術はせずに復帰。先場所は10勝5敗だった。 ある角界OBは「9月場所で遠藤は前頭7枚目。普通に考えれば上位とは当たらないが」とこう言う。 「上位陣はそれだけ遠藤の回復ぶりをチェックしたいのだろう。デビュ…

夫人、子供と喜ぶ鶴竜

スポーツ難癖口上

鶴竜“命”の熱烈ファンを想像してみた

「鶴竜やったわよね~! もう、うれしくてサ~」 「3度目? いいじゃないの、30回以上優勝してふんぞり返ってる白鵬よりも、8回優勝してバキンバキンに突っかかってく日馬富士よりも、ホラ、謙虚で」 「そう謙虚なのよ~ッ! あの笑ってるんだか泣いてんだか分からない顔。あれがいいのよ」 「そうそう! 稀勢の里? あれはダメよ。バカに見えるもの。バカじゃなかったら今ごろ3回…

学生相撲出身がネック/(C)日刊ゲンダイ

遠藤頼みで客寄せも…協会幹部ヒヤヒヤ「いつ実力バレるか」

それでも土俵には、135キロの小兵ながら横綱に出世した日馬富士もいる。立ち合いの弱さも、稽古と実戦経験次第で補えるのではないのか。 ある角界OBは「学生相撲出身であることがネックになっている」とこう言う。 「相撲部屋の稽古に比べて、大学相撲部の稽古なんて楽なもの。下級生はともかく、上級生になれば稽古はほぼ自己管理。自分を追い込む稽古は敬遠しがちになる。しかも学生相撲…

マッチョ体形はまるで格闘家

怒涛の7連勝 平幕・石浦が“白鵬仕込み”でついに才能開花

全勝の鶴竜に次いで、白鵬、日馬富士と並ぶ平幕力士唯一の1敗を保っている。 13年から白鵬の「内弟子」として稽古を積み、今場所初入幕。173センチ、114キロと小柄だが、筋骨隆々の体形は相撲取りと言うより格闘家。5日目には体重差80キロの逸ノ城を翻弄して下手投げで転がすなど、体格差をモノともしない取り口で白星を重ねている。 父は鳥取城北高校の相撲部で琴光喜(元大関)や…

琴奨菊は無傷の5連勝

今場所早くも2度目 大相撲「行司差し違え」はなぜ増えた?

3日目にも横綱日馬富士が式守伊之助の差し違えで白星を得ている。伊之助は2場所連続の差し違えで理事長に進退伺を提出。受理こそされなかったものの、昔に比べて行司の誤った判断が増えてきたのも事実だろう。 ある相撲記者は、「昔とはスピードが違う」とこう続ける。 「近年は力士の体重増加で単なる巨漢力士の押し合いが目立つ一方で、俊敏力のあるモンゴル勢が土俵を席巻するようになっ…

体格に恵まれていても…

金星から一夜でもう別人 逸ノ城は「試行錯誤」いつまで続く?

前日の日馬富士戦では、鋭い立ち合いから激しい突き押しで金星を獲得したばかり。それが、たった一夜でまるで別人だ。 いくら体格に恵まれていても、それを生かせないのでは意味がない。角界にはさまざまなスタイルの力士がいるが、逸ノ城が目指しているのはオーソドックスな「四つ相撲」だという。 「四つになるにも立ち合いで相手を受け止めてからなのか、3日目の突き押しのように前に出なが…

逸ノ城は初の負け越し/(C)日刊ゲンダイ

株上がる遠藤、苦戦の逸ノ城 何が2人の“明暗”を分けたのか

逸ノ城は結びの一番で横綱日馬富士に立ち合い変化でかわされ、初の負け越しとなる8敗目を喫した。 いずれも伸び悩む両者だが、角界での評価は真っ二つ。株を上げているのは遠藤だ。北の湖理事長(元横綱)が言う。 「遠藤は以前に比べて、立ち合いの当たりが良くなっている。結果的に白星に結びついてはいないが、これまで以上に攻める姿勢が出ている」 逸ノ城については「立ち合いで当たって…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事