日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮里藍 現在」に関する記事

奇跡の復活なるか

ひさびさ好成績で逆転も 宮里藍「リオ代表候補」に急浮上

宮里藍(30)が先週の起亜クラシックで3位に入り、13年3月RRドネリーファウンダーズの2位以来、約3年ぶりのトップ5フィニッシュとなった。世界ランクは157位から一気に67位上がって90位、日本人選手29番手から10番手に急浮上した。 リオ五輪の日本人女子代表選手(2枠)は、7月11日時点の世界ランクで決定する。現在、日本人トップは38位の宮里美香(26)で、4…

スコアが伸びず冴えない表情の宮里

国内ツアー4年ぶりの予選落ち 宮里藍はゴルフ“劣化”深刻

【ワールドレディス・サロンパス杯】(茨城GC東C=6550ヤード・パー72) 今季、日本ツアー初出場の宮里藍(29)は注目の国内初戦で予選落ちに終わった。「ワールドレディスサロンパスカップ」2日目、イーブンパー35位タイからスタートした宮里は、後半16番でダブルボギーを叩くなど、通算5オーバーの67位に後退。60位タイまでのカットラインに1打届かず、史上9人目の国内…

None

初日80位Tの宮里藍 “特権”食いつぶし米ツアーにしがみつく

78位と当落線上の宮里藍(30)にとって、出場が確定している大会は、今週のメジャーが最後だけに好スタートを切りたかったところだ。 試合前に、「メンタルが課題。パッティングのストロークではなく、どこまで自分を信じてプレーできるか」と語っていたが、不安が的中してしまった。 イン発進の初日は、出だし10番パー4の3打目に絶妙のアプローチを見せて1メートルに寄せながら、パー…

None

内藤雄士が分析 トッププロの企業秘密

宮里藍両足で地面をがっしりつかみ重心をキープ

宮里藍プロは現在の女子ツアー人気に火をつけた立役者です。 高校生でプロに交じってミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで優勝したのが2003年。そこから女子ブームが開花したといっても過言ではありません。さらに渡米して米女子ツアーでも強豪選手と伍して華々しい活躍ができたのも、やはりしっかりしたスイングの持ち主だったからというのは間違いありません。 藍ちゃんのスイングの特…

None

グリーン黙示録

宮里藍の「タフになり過ぎない」の意味

前半の宮里藍はすばらしいゴルフで6アンダー。しかるに午後はパープレイ。結局は12アンダーの17位タイ。日本人4名の中では最上位になったが、わたしが心に残ったのは、「自分に対してタフになりすぎないように気をつけるつもりです」という試合後のコメントである。前半の6アンダーは強気のパットがことごとく成功したと思われるが、後半は2バーディ2ボギー。43位から17位に上昇し…

復調のきっかけをつかめない宮里藍 (C)日刊ゲンダイ

パット改善せず…それでも宮里藍が米ツアーにこだわる理由

39位スタートの宮里藍(29)はスコアを3つ落とし、通算9オーバー44位タイに終わった。 「短いチャンスをポロポロ外してしまった。(パットは)改善の段階にあるので、地道に続けていくことで自信の厚みが出る」(宮里) イーブンパー12位でフィニッシュした宮里美香(25)が、通算119パットだったのに対し、藍は133パット。3日目には38パットするなど、改善の兆しは全く見…

現在、世界ランク5位

WR1位浮上狙う松山英樹 “勲章なきトップ”では意味なし

「世界ランク1位は女子では宮里藍が立ったことがあるが、日本人男子では初めてです。ただし、メジャータイトルがないというのは、物足りなく感じます。米国ではメジャー優勝がいつまでも記憶に残り、名誉あるプロと認められる。マスターズに勝てば一生、出場することができ、オーガスタナショナルGCのメンバーにもなれる。一昔前は、メジャーに勝つとクラブ契約が100万ドル(1億1300…

畑岡は今月再び米QTに向け渡米予定

日本女子OPは高3畑岡V アマ快進撃の背景に練習環境激変

女子ツアーでアマの優勝は大昔には清元登子(1973年)がいたが、宮里藍(03年ミヤギTV杯)、キム・ヒョージュ(12年サントリーレディス)、勝みなみ(14年KTTバンテリン杯)と最近では珍しくなくなった。 それでも国内メジャーのアマ初勝利であり、6位の西村優菜(16)、3日目に単独首位に立ち10位に終わった長野未祈(15)とアマの快進撃が目立った。 ■女子プロ協会…

優勝争いにも加われなかった宮里美香

“日本人3番手”の宮里美香 最終日に失速でリオ五輪遠のく

他の日本人選手は横峯さくら(30)が5アンダー24位、上原彩子(32)が3アンダー32位、宮里藍(30)が1アンダー46位、野村が2オーバー58位。…

今季から米ツアーに参戦するチョン・インジ

女子は韓国独占も 112年ぶり五輪復活のゴルフ出場資格の穴

日本人選手は宮里藍(30)、宮里美香(26)、横峯さくら(30)、上原彩子(32)、野村敏京(23)の5人が出場。世界ランク1位のリディア・コ(18)は欠場するが、2位の朴仁妃(27)、3位のステーシー・ルイス(30)ら世界ランク上位選手が集結する。 今夏のリオ五輪で112年ぶりにゴルフが五輪正式種目に復帰。出場選手は7月11日時点の世界ランクで決まるため、それまで…

繰り上げになった藤田光里も全英出場を迷っているという

相次ぐ全英OP辞退 “内向き”すぎる女子に「プロ失格」の指摘

それを個人的な事情で辞退したり迷っているのですから、岡本綾子や宮里藍といった、現在の日本人プロの地位を築き上げてくれた先輩プロたちにも失礼です」 何より「イヤだから出ない」で済むような単純な問題ではない。出場辞退が続けば、出場枠が減らされる可能性もあり、日本女子ツアー全体に迷惑がかかることにもなる。 向上心もなくメジャー大会までパスする女子プロばかりでは、日本ゴルフ…

ホットな2人(錦織圭選手と逸ノ城)/(C)日刊ゲンダイ

最近ニュースが多い島根・鳥取 躍進支える「人・モノ・名所」

宮里藍が持つ同大会の史上最年少記録(21歳83日)を塗り替える20歳128日での優勝は“お見事”のひと言。ムチムチの迫力ボディーが目に焼き付いた男性ファンは多いはず。 徳島県出身だが、高校野球でも有名な私立倉吉北高校(倉吉市)からスカウトされ、スポーツ特待生としてゴルフ留学。同校は鈴木のためにゴルフ練習場を造ったという。 鳥取県の人口は約57万人。世田谷区(約86万…

ベストアマチュアの森田/(C)日刊ゲンダイ

女子アマゴルフ注目の森田遙をめぐる日中“国籍争奪戦”

宮里藍や横峯さくらもリオ五輪に色気を見せていますが、2年後には2人とも30歳を越える。若い森田がおばさんプロを代表からはじき飛ばすことは十分に考えられます」(ツアー記者) JOCも「成人してから国籍を選ぶ」という森田が中国代表にならないように、早く手を打ったほうがよさそうだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事