日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「古賀茂明 報道ステーション」に関する記事

テレ朝の早河会長は否定したが(左は古館伊知郎)

古賀氏「報ステ」降板の全貌 テレ朝が震えた菅長官の“ひと言”

経産官僚出身の古賀茂明氏(59)から「報道ステーション」降板の舞台裏をバクロされたテレビ朝日が、慌てふためいている。古舘伊知郎(60)の降板説まで浮上。31日記者会見したテレビ朝日の早河洋会長は、「圧力めいたものは一切ない」と官邸からの圧力を否定したが、本当になかったのか。 安倍官邸が古賀茂明氏に対して、最初に怒りを爆発させたのは、1月23日の「報道ステーション」だ…

やっぱり圧力を受けていた

やっぱり…「報ステ」に自民党が“圧力文書” その後に異例人事

官邸からの圧力があった――「報道ステーション」のコメンテーターだった古賀茂明氏に“番組降板”の真相をバクロされたテレビ朝日は、いまだに混乱が続いている。「報道ステーション」の打ち切り説も流れている。 圧力をかけたと名指しされた菅義偉官房長官は「まったくの事実無根」と否定しているが、すでに昨年末、安倍自民党が「報道ステーション」に“圧力文書”を送りつけていたことが分か…

3月27日が最終出演

政権批判で「報ステ」降板 古賀茂明氏とテレ朝のスッタモンダ

6日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)のコメンテーターは、元経産官僚の古賀茂明氏だった。官邸からの圧力があったのか、「I am not Abe」など安倍政権に批判的な発言が影響し、3月末で事実上、コメンテーターを降板させられる見通しだが、6日の出演を巡っても、ひと悶着あったらしい。 5日、古賀氏が次のようなツイートをした。 <明日6日(金)報道ステーションに…

日本人7人が犠牲になったダッカのテロ事件(右は古賀茂明氏)

溝口敦の「斬り込み時評」

都知事候補・古賀茂明氏の予言通りになったダッカ襲撃

その後、民進党都連会長の松原仁衆院議員が「野党4党の枠組みで戦い得る一人」として経産省出身の古賀茂明氏や前神奈川県知事の松沢成文参院議員の擁立を目指すと明らかにした。 古賀氏は去年1月、報道ステーションに生出演した際、次のようなことを語って、その後番組から降板させられた。 「安倍総理はカイロの演説で、ISILと戦う国には支援を行うと発言したが、すでに誘拐されているこ…

連日メディアに追われる古賀茂明氏

古賀茂明氏が真相激白 報ステCM中に古舘氏「私は立場上…」

元経産官僚の古賀茂明氏(59)による「報道ステーション」圧力降板“暴露”の余波が止まらない。菅官房長官が「放送法」を持ち出してテレビ朝日を牽制したこともあり、連日、新聞や週刊誌、ネットサイトがこの話題を取り上げ、「言論の自由の危機だ」「公共の電波の私物化だ」などと騒然だ。日刊ゲンダイはあらためて古賀氏に、今回の騒動の真相と真意を聞いた。 先月27日の放送から1週間。…

左から古賀茂明、鳥越俊太郎、香山リカ、森永卓郎の4氏

古賀茂明氏だけじゃない TVから一掃された“反政権”言論陣

先週27日のテレビ朝日系「報道ステーション」で、降板をめぐる官邸やテレ朝上層部からの“圧力”を暴露した元経産官僚の古賀茂明氏(59)。「I am not ABE」と書いた紙を掲げ、強烈な最後っ屁をかましたが、古賀氏はまだマシかも知れない。 この春の番組改編で、民放各社の報道・情報番組のコメンテーターから、安倍政権に批判的な論客は静かにほぼ一掃された。今や、反安倍論客…

降板の経緯にも言及した古賀氏

古賀茂明氏 ラスト出演した報ステで再び「I am not ABE」

元経産官僚の古賀茂明氏(59)が27日、コメンテーターとして最後の出演となった「報道ステーション」(テレビ朝日系)の番組中、「I am not ABE」と書かれた手製の紙を掲げた。また、番組降板の経緯をめぐって、司会の古舘伊知郎キャスター(60)と議論する一幕もあった。 中東情勢の解説を求められた古賀氏は、「ちょっとその話をする前に」と前置きし、自身の降板についてテ…

古賀氏は「テロリストを擁護する気は毛頭ない」と語る/(C)日刊ゲンダイ

注目の人 直撃インタビュー

古賀茂明氏が語る「I am not Abe」発言の真意

そこにあるのは、「人質が殺されそうなときに足を引っ張るな」という情緒論だが、そんな中、敢然と、しかも痛烈な言葉で安倍首相を批判したのが、元経産官僚の古賀茂明氏(59)だ。 「フランス人は『Je suis Charlie(私はシャルリー)』というプラカードを持って行進したけど、日本人は今、『I am not Abe』というカードを掲げる必要があると思う」 テレビ朝日系…

古賀氏だけでなく、古舘キャスターの降板も決まった

直撃!2015年「アノ事件」は今

報ステ降板の古賀茂明氏「日本のメディアはますます悪化」

揺れるテレ朝とNHK

「報ステ」にまた圧力…自民党がテレ朝幹部を異例の呼び出し

問題とされているのは、テレビ朝日は先月27日放送の「報道ステーション」で、番組に出演した元経産官僚の古賀茂明氏が菅義偉官房長官らに「バッシングを受けてきた」などと発言したこと。NHKは「クローズアップ現代」で制作側による「やらせ」の疑惑が指摘されていること。 すでに自民党は、「アベノミクス」を取り上げた昨年11月の「報道ステーション」の内容が偏っているとして、文書…

室井佑月さんはコメンテーターとしても活躍

誰がテレビを殺すのか

室井佑月氏 「民放全局がスクラム組むべき」

「I am not ABE」の元経産官僚古賀茂明さんを降板させた報道ステーションはあからさまだったけれど、たいていは改編期のタイミングで「番組をリニューアルするので」とか言われるだけです。番組のディレクターがプロデューサーに(対して)忖度したのか、プロデューサーが局長に忖度したのか、局長が社長に忖度したのか、社長が誰かに忖度したのか……。外部の出演者には結局分から…

サンキュー!ショーン

巻頭特集

経歴詐称のコメンテーターよりも悪党たちが官邸にいる

ちょうど1年前の「I am not ABE」騒動以降、官邸の圧力に屈して元経産官僚の古賀茂明氏を筆頭に良識派のコメンテーターを一掃。代わって詐欺師同然の怪しげな人物にニュースを論じさせていたのだから、余りにもばかげている。もはや喜劇だ。 こんな“あぶない男”にハクをつけ、世に跋扈させたテレ朝などの「任命責任」は問われてしかるべきだが、ライバル会社の不始末を嘲笑うかの…

週末オススメ本ミシュラン

自民党のメディアコントロールは巧妙だ

例えば、安全保障関連法案の審議がヒートアップをするなかで「朝まで生テレビ!」に与党の議員を出演させなかったり、番組構成を無視して安倍政権を批判した元通産官僚の古賀茂明氏の謀反について、テレビ朝日を呼びつけて事情聴取をするといったやり方だ。 自民党は、メディアとの対峙の仕方を「慣れ親しみの時代」から、「対立・コントロール期」に変化させたと、著者は主張する。そうするこ…

民意無視を許すな

巻頭特集

憲法だけじゃない 2015年に安倍政権が「破壊したもの一覧」

思えば今年3月、元経産官僚の古賀茂明氏が「I am not ABE」発言で官邸からのバッシングを受け、報道ステーションを降板したことでタガが外れた。 以降、政府与党に批判的な論陣を張るコメンテーターたちは民放キー局の“自主規制″によって報道番組はもちろん、精神科医の香山リカ氏やジャーナリストの青木理氏のように、情報バラエティーからも次々と姿を消した。 今も安倍シンパ…

3月末で「報道ステーション」を降板する古舘伊知郎

巻頭特集

古舘伊知郎が惜しまれるテレビ報道番組の惨状

「今年3月、報ステのコメンテーターだった元経産官僚の古賀茂明氏が『I am not ABE』発言で官邸からバッシングを受けて降板することを暴露しましたが、実はそのころから、古舘氏もセットで辞めさせろ、というムードができていたんです。官邸が政権に批判的な報ステを快く思っていなくて、それが上層部にも伝わっていたからでしょう。古賀氏の前に辛口コメンテーターだった朝日新聞…

降板について語った古舘伊知郎(左)と中央から時計回りに古賀茂明、青木理、岸井成格の3氏

古舘伊知郎「報ステ」降板全真相と官邸大ハシャギの内幕

むしろ何かあったと考える方が自然でしょう」(テレビ朝日関係者) 報ステでは今年3月、元経産官僚の古賀茂明氏が番組内で「I am not Abe」と発言し、官邸からの“圧力”でコメンテーターを降板させられた。その古賀氏は古舘の降板をこう見ている。 「古舘さんは『しゃべるのが命』という人だから、自分から降板するなんてありえないと思います。トークライブで原発の話をしようと…

本人から「出演終了」を申し入れた

本人から申し入れ 古舘伊知郎「報ステ」来年3月末降板へ

今年3月にはコメンテーターとして出演した元経産官僚の古賀茂明氏が自身の降板を巡り、官邸などを批判。古舘氏は「テレビ朝日としても(発言を)防げなかったことを、重ねておわびしなければいけません」と謝罪するなど、ひと悶着あった。…

ナチスさながらの言論統制

巻頭特集

岸井騒動は氷山の一角 とっくに死んでいるテレビ局

「報道ステーションのコメンテーターだった元経産官僚の古賀茂明氏が官邸からの“圧力”で降板した事件もありましたが、気がつけば、まっとうなことを言う識者がどんどんテレビから消えている。政府批判をすれば標的にされ、それにテレビ局側がビビって、トカゲの尻尾切りに走る。次第に『批判めいたことを言いそうな人は呼ばないでおこう』と自主規制してしまう。そういう事なかれ主義が蔓延し…

国民よ怒れ!

巻頭特集

年金8兆円パーにして軽減税は数千億円という身勝手政治

今春、テレビ朝日の「報道ステーション」で古賀茂明氏の降板とチーフプロデューサーの異動が決まった際、安倍は「あとはTBS」と言っていたらしいから、今ごろ、ニンマリしていることだろう。 「GDP600兆円目標にしろ、経済政策のすべてが支離滅裂です。そのくせ、衆参ダブル選挙の圧力を公明党にかけたり、言論統制を強めたりと、汚いことはうまい。政権が長く続くことしか頭になく、国…

キャスター古舘はどう思う?

「報ステ」好調も…曜日別コメンテーターの残念な“ちぐはぐ”

古賀茂明氏の“官邸からの圧力で降板”発言騒動後、3月最終週にメンバーが一新。古賀氏とは関係なく事前に決まっていたと思うが、それまで月~木は朝日新聞の人で、金曜は古賀氏のような週替わりレギュラーだったのを、曜日ごとのレギュラーに変えた。このメンバーが統一感ゼロ! 木村草太氏は憲法学者なので、安保法制の話ならピタリとはまるし、今週のように礒崎補佐官の失言を受けて「法的安…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事