日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「志穂美悦子 ドラマ」に関する記事

/(C)日刊ゲンダイ

連ドラ初出演の文音が語る「父・長渕剛」と「母・志穂美悦子」

それは、日本のアクション女優第一人者である母・志穂美悦子(59)から受けた“特訓”のたまものだとか。 「週末に実家へ帰るとお母さんから演技指導を受けるんです。2時間半の稽古から帰ってきても、自宅で復習と予習をする。“女版ベストキッド”みたいな生活です。指導いただいているジャパンアクションエンタープライズ(旧JAC)では男性の先生から基礎を学び、母からはヘッピリ腰にな…

ハンドメードでアトラクション設営/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「仮面ライダー」千葉治郎 東京ドイツ村「ジージの森」の顔に

アクション俳優を育てるため、サニー千葉こと千葉真一が70年に旗揚げしたジャパンアクションクラブからは志穂美悦子、真田広之などが育った。本日登場の千葉治郎さん(69)もそのひとり。千葉真一の実弟であり、矢吹二朗の芸名で活躍した時期もある。今どうしているのか。 「ちょうど今、『ウィンターイルミネーション2015』ってナイトイベントの真っ最中なんですよ。丘陵地に約200万…

政治改革の志は捨てていない

あの人は今こうしている

執筆した小説が映画に 姫井由美子氏「不倫騒動は解決済」

「主人公は目下注目の若手俳優の篤海さん、父は石倉三郎さん、ヒロインは長渕剛さんと志穂美悦子さんの長女の文音さん、その恋敵役が美人ママモデルの秋本祐希さん、他に中村ゆうじさん、林与一さんなどが顔を揃える。豪華ラインアップだと思いません?」 ちなみに、3月19日の公開初日、シネ・リーブル池袋で舞台挨拶に立つそうだ。しかし、ってことは、政治家の道は断念したということか。…

フライデー誌面から

写真家・小原玲の「シャッター無頼」

玉置浩二との破局報道を覆した 石原真理子の“不倫巻き”

長渕剛&志穂美悦子、戸川純&チェッカーズ武内享、野球選手などの色恋沙汰を追いかけました。なかでも、ドラマ「ふぞろいの林檎たち」(83年)で注目されて大学生のアイドルとなった石原真理子と、「安全地帯」のボーカル・玉置浩二の不倫愛。強烈なインパクトがありましたね。 この写真は不倫発覚から丸1年が経過した86年1月に撮影したもの。2人が連泊していた新高輪プリンスホテル(東…

文音

その日その瞬間

文音 NYロケで刺激を受け大学卒業後に演劇留学を決意

父が長渕剛、母は志穂美悦子というサラブレッドだが、両親に頼らず、これまで実力で勝負してきた。そんな文音さんの転機になったのは――。 私にとって、大きな転機になったのは12年7月から14年4月にかけてのニューヨーク演劇留学です。きっかけは11年のWOWOWで放映されたドラマ「コヨーテ、海へ」の出演。その時に約1カ月、ロケに出かけたニューヨークが、とっても刺激的だったん…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事