日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「鈴木敏文 辞任」に関する記事

勝見明氏

注目の人 直撃インタビュー

セブン&アイ鈴木会長を熟知…勝見明氏が語る“引退の真相”

セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO(83)は、自身の提案したセブン―イレブン・ジャパンの社長人事が取締役会で否決されたことから、身を引く覚悟を固めた。鈴木会長を何度となく取材し、鈴木会長の近著「働く力を君に」(講談社)で構成を担当したジャーナリスト・勝見明氏は、今回の騒動をどう見ているか。 ■井坂社長をおとしめるつもりはなかった ――鈴木会長に関す…

None

東芝 次期トップ意外な有力候補

「業界は異なるもののセブン&アイHDの鈴木敏文名誉顧問(84)に託してみたいですね。無駄を徹底的に排除し、利益の出る経営体制に変貌させるノウハウはピカイチだと思います」(倉多慎之助氏) いまや東芝再建は“国策”という見方もある。だとしたら、安倍政権に近い富士フイルムHDの古森重隆CEO(77)やキヤノンの御手洗冨士夫CEO(81)の登板もあり得る。 「HIS創業者…

課題が山積

トップ人事は決着も…セブン&アイ井阪新体制が抱える難題

総会が終盤に差し掛かった午前11時50分ごろ、鈴木敏文前会長と井阪隆一新社長は、議長の村田紀敏前社長に促され、握手を交わした。 カリスマと呼ばれる鈴木会長が突然の引退を表明したのは4月7日。セブン&アイの稼ぎ頭であるセブン―イレブンのトップ人事を巡る迷走の末、自ら辞任を決断した。創業家(伊藤家)や創業家の次男(順朗取締役)、鈴木家の次男(康弘取締役)、社外取締役など…

None

企業深層研究

イトーヨーカ堂衣料が苦戦から抜け出せない

昨年、鈴木敏文会長が退任し激震が走ったセブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイ)。流通業界のカリスマの引退で、同社の行く末が心配されたが、足元の業績は好調を維持している。 好調の要因は、コンビニのセブン―イレブンが圧倒的強さを維持しているためだ。セブンの既存店売上高は、今年1月まで54カ月連続で伸び続けている。日本全体の消費が伸び悩む中で、この実績は驚異的ともい…

蜜月は続く

巻頭特集

NHK会長は“粛清”強行 北朝鮮化するメディアから漂う腐臭

鈴木敏文会長兼CEOが辞任を表明したセブン&アイHDは15日、指名・報酬委員会を開き、新しい経営体制の選任案を決める。新社長には、セブン―イレブン・ジャパンの井阪隆一社長(58)の昇格が有力。鈴木会長が退任を迫ったその人である。交代案が取締役会で否決されたことが、鈴木会長辞任の引き金だった。 「三越事件で、当時の岡田社長は取締役会で解任された時『なぜだ』と叫んだそう…

None

企業深層研究

イトーヨーカ堂 中国事業を成功させた新社長の反骨心

三枝氏をはじめ、中国に渡った社員の多くは、セブン&アイをここまで成長させ、昨年引退したカリスマ、鈴木敏文氏と反りが合わなかったという。 「国内で認められないなら新天地で足跡を残そう」。そんな反骨心が三枝氏らにはあったようだ。そしてそれを支えたのが、出発にあたって創業者の伊藤雅俊名誉会長が贈った「お客さまは来ていただけないもの。取引先は売ってくれないもの。銀行はお金…

セブン&アイHDの社長に就任した井阪隆一氏

企業深層研究

セブン&アイHD 羊華堂洋品店から小売りの複合企業へ

鈴木敏文名誉顧問(83)の入社は63年だ。東京出版販売(現トーハン)からの転職だった。鈴木氏はメキメキと頭角を現し、ヨーカ堂“七人の侍”のひとりとまでいわれるようになる。 74年にセブン―イレブンの1号店が東京都江東区に開業。このころから鈴木氏の快進撃は始まった。 「古い話ですが、米国のセブン―イレブンとイトーヨーカ堂の提携は、当初、商社の伊藤忠商事が絡んでいまし…

もうツーショットは見られない?(鈴木氏・左と伊藤氏)

企業深層研究

セブン&アイHD 鈴木氏は13年前から引退促されていた

連載時から13年以上が過ぎ、伊藤名誉会長は92歳となり、鈴木敏文名誉顧問は83歳になった。 今年5月26日の株主総会を経て、流通界のカリスマ・鈴木氏はようやく「使命を果たし終えた」ようだ。 「10年以上も前から、伊藤氏は“早く身を引け”と促していたのです。ところが、鈴木氏は身を引くどころか、ピラミッドの頂点に君臨し続け、影響力を強めていった。この間、伊藤氏はひたす…

左から三菱自の相川社長、セブン&アイの鈴木会長、シャープの高橋社長

三菱自は反発 株価で見る“お騒がせ企業”の勝ち組・負け組

カリスマ引退が話題のセブン&アイHDは、鈴木敏文会長が辞任を表明した4月7日に年初来安値(4168円)を更新した。 「カリスマが去ったあとのセブン&アイがどうなるか。不透明なだけに株価は下落して当然でした」(流通関係者) ただ、その後は盛り返し、16日終値は4718円と騒動前の水準に戻している。セブン&アイの新体制を市場が評価した格好で、株価的には勝ち組だ。 エアバ…

水面下で何が…(伊藤名誉会長=左と鈴木会長の退任会見)

井阪社長承認で現実味 セブン&アイ創業家への“大政奉還”

15日の指名・報酬委員会で、引退する鈴木敏文会長兼CEO(83)の後釜となるHD社長に、セブン-イレブンの井阪隆一社長(58)が昇格する人事案が承認された。大方の予想通りである。 「これで今後、経営の主導権を握るのは井阪社長と創業家でしょう。井阪社長は、鈴木会長から辞めろと言われても踏ん張った。これまで鈴木会長に逆らった人物はいなかっただけに、相当な覚悟です。ただ…

入社式には仲良く出席したが(左・鈴木会長と伊藤名誉会長)

セブン&アイHD トップ人事巡る“鈴木会長vs創業家”の壮絶

これほど憔悴しきった鈴木敏文セブン&アイHD会長兼CEO(83)を見たのは初めてだ。 7日の夕刻、鈴木会長は自身の退任(時期は未定)会見に臨んだ。悔しさが拭い切れなかったのか、時折、目元に手を持っていき、涙を拭うようなしぐさを見せていた。 「今まで(創業家とは)良好な関係にあったが、ここにきて急に変わった。私が提案した人事案を拒否された」 鈴木会長は、そう言った。提…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事