日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ダブルベッド・キャストの関連ニュース

スコートから伸びる美脚が眩しい

“おひとり様”一直線? 小林麻耶「エア彼氏とダブルベッドで」

女性リポーターとの間に数秒の気まずい沈黙が流れたが、すぐに「エア彼氏です」と発言の真意を明かし、ある番組で占い師から「彼氏が欲しいんだったら彼氏がいるような生活をした方がいい」と助言されたことをきっかけに「ダブルベッドを購入」。それだけに飽き足らず、想像上の“エア彼氏”と共に毎日幸せに過ごしていると話した。 30代も半ばに差し掛かり、現在も独身でいることに周囲の風当…

GRAPHIC

「5歳の子どもにできそうでできないアート」スージー・ホッジ著 田中正之日本語版監修 藤村奈緒美ほか訳

体をよじって自分の左脚にかじりつく毛むくじゃらの全裸の男性、脱ぎ捨てられたストッキングやコンドーム、ぬいぐるみなどが散乱するダブルベッド――何の説明もなく見せられたあなたは、これがアートだとすぐに受け入れることができるだろうか。 本書は、発表当時は評論家に酷評された19世紀末以降の現代美術の傑作100作品を取り上げ、作品の背後にある思想や目的、作者の意図を明らかにし…

「なんてったってアイドル」ですから

“芸能界のドン”も登場 小泉今日子特集本の「サービス精神」

そこには“麻呂眉”のスッピンで「中南海」のたばこをくゆらせ、リラックスした様子のキョンキョンをはじめ、枕が2つ並んだダブルベッドの寝室まで披露している。 サービスショット満載の写真だけでも見応えたっぷりなのだが、注目すべき見どころは他にもある。松田聖子やモックンはじめ“小泉今日子論”を語った27人の中に“芸能界のドン”といわれる所属事務所「バーニングプロダクション」…

写真はイメージ

橋本テツヤの快適老齢術

単身のラブホテル 隣室から聞こえるAKBの曲に想像力刺激

部屋に入ると、大きなダブルベッドがある。浴室は部屋から入浴の様子が見える透明のガラス張り。シャワーを浴びながら誰かに見られているようで落ち着かない。よく見ると浴室にカラオケがある。カップルが素っ裸で歌うのだろうか。フロントで会った女の顔が頭をよぎった。彼女は彼氏と裸でどんな歌を歌うのか。 そんなことを考えながら部屋に戻ると、隣から歌声が聞こえてきた。あの彼女が大音量…

楽しさいっぱい(「かるキャン デッキクルーザー」コイズミ)

200万円台から購入可能 大人も遊べる「軽キャンカー」入門

ベッドは「ほぼセミダブルベッド大」(担当者)だから、夫婦の2人旅なら問題はない。 車を駐車して寝る場所は、道の駅やキャンプ場を利用する。 「最近は、RV協会がRVパークの中に電源が取れる有料の専用スペースを設置しています。また、キャンプ場の場合は、4人家族で1人当たり5000円弱で利用できます」(日本オートキャンプ協会担当者=前出) 近くに、ひとっ風呂浴びる日帰り温…

ぶりっ子キャラは健在

ぶりっ子アナも30代 皆藤愛子がたどる「第二の小林麻耶」の道

近ごろは、「エア彼氏のためにダブルベッドを買った」「アソコの毛の脱毛を検討している」と私生活をネタにしたきわどい自虐発言を連発し、すっかり“結婚できないキャラ”のイメージが定着してしまっている。 皆藤も30代。このまま"第二の小林麻耶"となるのか……。…

左上から時計回りに、前田有紀、市川寛子、小林麻耶、神田愛花

前田有紀は花屋さんに転職 女子アナ「03年入社」負け組は誰?

私生活でも浮いた話がなく、4月に登場したイベントでは、「最近ダブルベッドを買ったんですが、“エア彼氏”が横で寝ていると思って生活しています」と独身自虐ネタが板についてきた。 入社から12年が過ぎた「03年組」も悲喜こもごも、それぞれの道を歩んでいるようだ。…

共有の風呂、ラウンジは広々/(C)日刊ゲンダイ

数カ月先まで予約 進化したカプセルホテルの快適度

プラス1000円で、セミダブルベッドにサイドテーブル付きとなる。今月末にオープンする築地店は、和をコンセプトにデザイン。 海外客を意識して英語、韓国語、中国語に対応できるスタッフも採用した。東京五輪に向けて都内に続々出店の予定だ。 ■窓不要でコストダウン カプセルホテル業20年の実績を生かし、京都・河原町と成田空港にオープンしたのが「ナインアワーズ」。「眠る」ことと…

None

イヤイヤ上京、社長愛人と同居…前川清の破茶滅茶デビュー

2つある部屋のうち、大きい方をその女性がひとりでダブルベッドを入れて、もうひとつの小さい方に僕ら6人が雑魚寝。ただ、その女性っていうのが何にもしてくれない。あとで気づいたんですが社長の愛人だったんですよ、ハハ。まぁ、今にして思うと、男女間のイザコザとかにならなかったのは幸運でした。 デビューしたといってもまったく売れず、日々の食い物にも困るありさま。ある時、小林君が…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事