日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「前田健太 投手」に関する記事

金子に対しても厳しい声が相次いだ/(C)日刊ゲンダイ

金子、大谷、前田健 メジャー選手が語る“お世辞抜き”の評価

日米野球を報じる日本のスポーツマスコミには連日、メジャー志向のある金子千尋(31=オリックス)、大谷翔平(20=日本ハム)、前田健太(26=広島)の名前が並び、「素晴らしい投手」「今すぐにでもメジャーで通用する」と対戦したメジャーリーガーの美辞麗句が躍っている。 が、メジャー選手のこうした声はあくまで「社交辞令」。日刊ゲンダイが3投手と対戦したメジャー選手に「お世辞…

マリナーズのグリフィン・ヘッドコーチ

米国での故障遠因に日本人投手の“気質” 名トレーナーが指摘

24日に今オフのポスティングシステムでのメジャー移籍を直訴した広島・前田健太(27)には大いに参考になりそうだ。 昨季はヤンキース・田中将大(27)が右肘靱帯を部分断裂、今季はレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が損傷した腱を修復するトミー・ジョン手術を受けた。日本人投手の大半が肘にメスを入れているこうした状況にマリナーズのヘッドトレーナーであるリック・グリフィン氏…

None

ダル離脱の余波懸念 「日本人投手の大型契約に大打撃」の声が

プロ野球でいえば大谷翔平(20=日本ハム)しかり、前田健太(26=広島)しかりだ。スポーツライターの友成那智氏がこう言った。 「最近のデータによればトミー・ジョン手術によって球速が増すのはごく一部の投手です。若い選手が体幹トレーニングなどの肘とは別の部分を鍛えて球速がアップするケースで、23歳で手術をした田沢がいい例です。けれどもトミー・ジョン手術をした投手の大半は…

米メディアも絶賛の投球だった

マエケン快挙で米に激震 「日本人投手を再評価」と評論家

ドジャースの前田健太(28)が23日(日本時間24日)のロッキーズ戦に先発、七回途中まで3安打無失点の好投で3勝目を挙げた。「日米通算100勝目」とスポーツマスコミは騒いでいるが、それより何より開幕から4試合に投げて計1失点、防御率0.36はリーグトップ。大リーグ公式ホームページによれば、デビューから4試合に先発、20回以上投げて1失点以下は史上初だという。この快挙…

キャンプ序盤から様子がおかしかった… 

広島に大打撃…開幕投手候補の大瀬良が原因不明の離脱

広島はオフに昨季リーグ最多の15勝を挙げた前田健太(27)が、ドジャースに移籍。そのエースの穴埋めに期待されたのが大瀬良だった。昨季は不調から中継ぎに回されたが、マエケンの移籍で先発再転向、開幕投手に意欲を燃やしていた。チーム最年長の黒田(41)が、「そういうの(開幕投手)は若手が名乗りを上げるべき」と話したのも、大瀬良を念頭に置いての発言だろう。 それがすべてパ…

あと2勝で沢村賞の“権利”は得そう

ハム大谷は15勝で濃厚も…揺らぐ「沢村賞」の価値と受賞基準

現在12勝の前田健太(広島)などが今後、大谷の数字を超えても、インパクトで劣る。92年の石井が選考基準7項目中4項目で沢村賞を取った前例がある以上、判断基準は関係ない。むしろプロ野球界への貢献度を考えれば、受賞に値すると思います」 その上で、たびたび問題になる選考基準の曖昧さと、沢村賞の価値低下にこう苦言を呈する。 「結局、今の沢村賞は昔に比べて、選考委員のさじ加減…

平均援護点が1点じゃ…

広島マエケンに援護なし 「投手陣に焦り出る」と元コーチ懸念

22日の巨人戦に広島の前田健太(27)が先発。7回1失点に抑えながらも打線の援護なく、0-1で敗れて負け投手となった。 マエケンは「先発投手は負けがついたら先発投手の責任」と言ったが、これで今季は1勝2敗。防御率1.50の好成績も勝ちに見放されている。先発した5試合の援護点は「2点、2点、1点、0点、0点」。平均1点だから、完封する以外に白星がつかない計算になる。昨…

大事に使うと言いながら…

メジャー投手全滅 “二刀流”大谷侍Jで負担増にハム冷や汗

3月に行われるWBCで日本代表先発陣の柱と期待されたドジャースの前田健太(28)の不参加が判明。所属するドジャースが派遣に難色を示したためで、ヤンキースの田中将大(28)も同様の理由で辞退が濃厚だ。すでにダルビッシュ(30)もレンジャーズ首脳から「出場NG」を出されており、侍ジャパン先発投手陣の根幹を担うはずだった日本人メジャーの選出は全滅の様相。小久保裕紀監督(…

イチロー(左)とマエケンがいよいよ初対決

初対決のマエケンは要警戒 イチローは日本人投手をカモに

開幕4試合で1失点のドジャース・前田健太(28)が、29日のマーリンズ戦に先発する。 相手先発は13年の新人王であるホセ・ヘルナンデス(23)。エース級との投げ合いは初めてだけに打線の援護は未知数だが、それ以前に警戒しなければならないのはイチロー(42)だ。 というのもイチローは日本人投手との初対戦にめっぽう強いからだ。野茂には01年に2打数無安打、松坂には07年に…

大谷翔平は160キロをマークしたものの/(C)日刊ゲンダイ

侍J勝ち越しも…魅力なき日米野球に騒ぐメディアの勘違い

メジャー志向の前田健太(26=広島)や金子千尋(31=オリックス)らにとって、今回の日米野球は相手ベンチやネット裏のメジャー関係者に自分をアピールする格好の舞台。意欲を燃やすのは当然だし、日本代表にとっても今回の日米野球に力を入れる事情があるという。さるマスコミ関係者がこう言った。 「侍ジャパンが今月、株式会社化され、収益拡大は最重要課題。日米野球で好勝負を演じれ…

思わぬ問題が浮上/(C)日刊ゲンダイ

広島・前田健太 メジャー挑戦に「エース特権剥奪」の障害

今オフ、入札制度でメジャー移籍が濃厚といわれる広島・前田健太(25)は、昨シーズン楽天で田中(現ヤンキース)が記録したシーズン24勝無敗のような好成績を残し、気持ちよくチームから送り出されたい。万全の調整でマウンドにのぼり、結果を残すことが理想だ。 ところが、それを“邪魔する”人間がチームにいる。先発ローテーションに加わっている大瀬良、九里の新人2投手である。 さる…

None

【とりあえず写真は昨年の物を入れています】メジャー日本人投手 今季初戦は揃って被弾で勝てなかった謎解き

4日(日本時間5日)はドジャース・前田健太(28)がパドレス戦、マリナーズ・岩隈久志(35)がアストロズ戦に今季初登板。前田は5回を6安打(1本塁打)3失点、岩隈は6回を4安打(2本塁打)2失点で、共に初黒星を喫した。これで開幕投手を務めたヤンキース・田中将大(28)、レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)も含め、今季初戦は揃って一発を浴びたことが原因、あるいはきっ…

最多勝、勝率第1位のタイトルをほぼ確定

プロ野球タイトルホルダーの本性

広島・野村祐輔を突き動かす早大と巨人への反骨心

カープのエース投手と言えば、過去には黒田博樹、前田健太がメジャーに挑戦している。08~09年の2年間で26勝を挙げてメジャーに『Uターン』したルイスもそうだ。野村の実績は3人には及ばないが、来春のWBCの侍ジャパンのメンバーに選出される可能性もあり、これが一つの指標になりそうだ。あるメジャー球団のスカウトが言う。 「野村の武器は制球力です。黒田も前田もルイスも制球…

カープ時代のマエケン

山内泰幸が語る「カープ戦士」の正体

「行かせてください!」 前田健太が口にしたWBCへの熱意

カープの優勝を語る上で、今季からドジャースでプレーする前田健太(28)の存在を外すわけにはいきません。 PL学園高から2006年の高校生ドラフト1巡目で入団。10、15年に沢村賞を獲得するなど、エースとして近年のAクラス入りに貢献し、優勝の礎となりました。 渡米直前に会ったとき、「大瀬良には投手を引っ張るくらいの存在になってほしい」と話すなど、カープのことを気にかけ…

50球のキャッチボールを披露した田中将大

リハビリ半ばでも開幕投手? ヤンキース先発はマー君頼み

田中はこの日、ポスティングでメジャー移籍を目指す同い年の広島・前田健太について、「それに関してはコメントするのは難しいです」と話すにとどめたが、本音は“マエケン、ヤンキースに来て”ではないか。…

韓国戦で10奪三振の大谷は「例外」か

日韓で明暗? 米スカウトが見た“メジャー予備軍”本当の評価

プレミア12に出場する広島の前田健太(27)は今オフのメジャー挑戦がウワサされ、すでに米メジャーの情報サイト「トレード・ルーモア」(電子版)ではFA選手の中で14位にランクイン。移籍先はダイヤモンドバックスが有力で、条件は約24億円の入札金に加え5年約74億円と予想している。 大リーグ公式サイトも「マエダはたぶん争奪戦になる」と報じているものの、「入札金も合わせて…

打つ気マンマン/(C)日刊ゲンダイ

ア・リーグは0%…?広島マエケンの意外な“移籍条件”

今オフのメジャー移籍が濃厚とみられている広島の前田健太(26)。米国でも注目の投手で、米地元紙ボストン・グローブは先日、レッドソックス、ヤンキース、レンジャーズ、カブスといった球団が獲得に名乗りを上げるのではないかと報じた。 前田の移籍については、すでにあれこれ取り沙汰されている。「元女子アナの夫人は、温暖な気候の西海岸のチームを希望している。マエケンは女房の尻に…

「痛みはない」と言うけれど…/(C)日刊ゲンダイ

左脇腹痛で登板回避 マエケンの「メジャー評価」50億円減

「評価が暴落する」とは10日、左脇腹の張りのため12日の先発を回避することが決まった広島の前田健太(26)のことだ。 山内投手コーチは11日の状態次第で、選手登録を抹消する可能性も示唆した。 前田は今季ここまで2回、故障している。4月12日と20日に右腕の上腕三頭筋を痛め、2回目は登録を抹消した。 前出の友成氏がこう言った。 「メジャーは投手の利き腕の故障を極端に嫌…

4回を1安打1失点/(C)日刊ゲンダイ

菅野とシ烈争いも…巨人・内海が「開幕投手」より欲しいモノ

セ・リーグではマエケン(広島・前田健太)が1度取っているけど、メジャー行きがウワサされているから今年が最後かもしれない。マー君が去った日本球界で、マエケンに勝って沢村賞を取る。これが今年の大目標だから、たとえ開幕を譲っても、すぐに切り替えられるでしょう」 開幕の座を東野に譲った11年はキャリアハイの18勝で最多勝を獲得している。エースと言われながら、昨季のCSでは四…

チームでは貴重な先発右腕だが…

2017年 日本人大リーガーの禍福

ドジャース前田健太はリリーフ陣の不安で勝ち星激減か

投手としての最盛期は過ぎたのかもしれません」(鈴村氏)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事