日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

萩本欽一特集

幼少期は内気で引っ込み思案な性格だった

著作で読み解く芸人の“素顔と本音”

あがり性で内気だった…萩本欽一“失敗続き”の下積み時代

1970年代にテレビバラエティー界の頂点に立ち、「視聴率100%男」と呼ばれた萩本欽一。テレビで一線を退いてからも、長野冬季五輪閉会式の司会、クラブ野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」結成、そして2015年には74歳にして駒沢大学に入学。型にはまらない自由な活動を続けている。 今ではすっかり大御所芸人となった萩本だが、子供の頃は内気で引っ込み思案な性格だった。自伝本…

None

土曜あらかると

「ダメなやつほどダメじゃない」萩本欽一著

1941年生まれの萩本欽一は、恵まれた子供時代を過ごしていたが、戦後、父親の会社が倒産し、一家は離散。金を稼いで母親孝行をするため、喜劇役者になろうと決めた氏は、中学を卒業して「デン助」こと大宮敏充に弟子入りを志願する。しかし、高校を卒業してから出直すよう諭され、高校卒業後はストリップ劇場の研究生となる。後にコント55号を組む坂上二郎との最悪の出会い、コンビ結成から…

はしのえみさんが萩本欽一氏に出会ったのは17歳の時

今あるのはあの人のおかげ

芸能の価値観伝授 はしのえみを育てた“父親”萩本欽一の至言

その1年後に出会った萩本欽一さん(76)の厳しい稽古とともに成長してきた。 「自分の好きなこととやりたいことは違う場合が多いから、まず自分に向いてることを見つけた方がいいよ」 欽ちゃん劇団に入って間もなく、私は欽ちゃんにこう言われました。 その頃はまだ、右も左もわからない時でしたから、目標というか、少し将来が見えてきたように感じたものです。 入団は勝俣州和さんらのア…

今週グサッときた名言珍言

「いかりや長介と萩本欽一を引きずり降ろすことしか考えてなかった」by ビートたけし

『あの萩本欽一なんてふざけるな』って。僕はすごいショックだったんです」(テレビ朝日「TVタックルSP」15年4月5日) 一方でたけしは「俺は萩本さんは認めてんだよ。55号でスゴイんだから。坂上さんをイジメて、坂上さんのリアクションがすごくて面白くて、これほど面白い人はいないと思って認めてる」(同前)と言う。 事実、コント55号全盛期の萩本は「いい人」とは真逆のサディ…

今週グサッときた名言珍言

「運って前からこない。真裏からくるね」by 萩本欽一

今週は、萩本欽一(74)がこれまでの芸能人生で掴んだ「哲学」を取り上げたい。欽ちゃんは、運は嫌なことの中に隠れていると言うのだ。 欽ちゃんの有名な伝説に「NG事件」がある。まだ駆け出しだった頃、テレビにようやく出られるようになって、任された仕事が歌番組中に挿入される生CM。アガリ性だった欽ちゃんは、なんと19回もNGを連発、降板を言い渡された。 テレビ界を追われて失…

学生からは“欽さん”と呼ばれている

ハイヤー通学、授業は最前列…萩本欽一のキャンパスライフ

駒沢大学仏教学部の社会人入試に合格し、4月から大学生となった欽ちゃんことタレントの萩本欽一(74)。学生身分とはいえ、仕事は仕事というわけなのか、6日放送の仏教バラエティー番組「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」(テレビ朝日系)に出演していた。番組では「英単語は日本語との語呂合わせと単語を芸能人に置き換えて覚える」など独自勉強法を公開。 「例えば、『礼儀正しい』とい…

関根勤さん(左)と師匠の萩本欽一さん

今あるのはあの人のおかげ

芸名変更もアドバイス 関根勤が語る恩人・萩本欽一の“眼力”

師匠といえば、言うまでもなく、萩本欽一さん。デビューこそ華やかだった関根さんが低迷していた頃、こんなふうに諭された。 「おまえら、テレビに出るのもいいけど、地下に潜れ。まず修業しろ」 萩本さんに小堺(一機)君と2人揃ってこう言われたのは81年の春ごろ。僕が27歳、小堺君は25歳でした。 「何でイマイチ売れないか分かるか? それは面白い時と面白くない時の差があり過ぎる…

妊娠6カ月の安めぐみ/(C)日刊ゲンダイ

妊娠6カ月の安めぐみ 萩本欽一の「命名」に一抹の不安吐露

子供の性別については「8割方分かっているんですが、もうちょっとハッキリしたら言おうかな」と話したが、名前については東の師匠である萩本欽一(73)にお願い済み。 「妊娠が分かってすぐに『名前どうしようかあ』と言ったら、(東が)『名前は欽ちゃんに頼むから』と言ってました。決まったみたいで、近々主人が受け取りにいきます。『欽』が付くのかなあ。女の子だったら『欽子』とか?…

週末に読みたいこの1冊

「欽ちゃんの、ボクはボケない大学生。」萩本欽一著

(文藝春秋 1400円+税)…

吉本に電撃復帰

極楽・山本圭壱 “10年ぶり復帰”に吉本がはじいたソロバン

実はお忍びでライブも訪れていて、ネタや腕がさび付いていないか十分に確認し、現役の芸人として“稼げる”かどうかシビアにソロバンをはじいた上での吉本復帰です」(吉本関係者) 淫行事件で顔に泥を塗ることになった“大将”萩本欽一からも許されて復帰を後押ししてもらったという山本。馬車馬のように働いて温情に報いるしかない。…

「たけし軍団」のルーツは「欽ちゃんファミリー」

ビジネスに使えるスターたちの処世術

先人の成功に学ぶビートたけし「欽ちゃんのマネしようと」

そうだなあ、考えてるんだけど、これからは欽ちゃん、萩本欽一さんのマネをしようと思ってるんだ」 何かと思えば、欽ちゃんのようにファミリーをつくって、いろんな個性をいじることで笑いを取っている手法を使うということだった。それで誕生したのが、「たけし軍団」だった。北野武監督は、この時に生まれたのかもしれない。 川崎のソープランドを借り切って、軍団を連れて遊びにいったなんて…

手術の痕を見せる小西博之さん

愉快な“病人”たち

即死レベルから11年 小西博之さんががんを受け入れるまで

今の僕があるのは欽ちゃん(萩本欽一氏)のおかげです。かつて、欽ちゃんから教わった「人生の幸と不幸は50対50」という言葉がすべてだと思っています。生きていれば半分は悪いことが起こる。でもそれを受け入れて、とことん落ち込めばいい。ダメなときはしょうがない、笑っとけってね(笑い)。 人生は波のようなものだから、ググッと深いところへ持っていかれることもあるけれど、必ずまた…

総合司会に名前が挙がるタモリ、古舘伊知郎、萩本欽一

籾井会長が混乱の“元凶” NHK紅白司会は今年も迷走中

ほかにも、フリーアナの古舘伊知郎や、“夏の紅白”といわれる「思い出のメロディー」で司会を務めた萩本欽一の名前まで浮上している。 「意外なところでは『ミヤネ屋』でお馴染みの宮根誠司です。先日、ダウンタウンと共演した際、紅白の司会を狙っていると明言した。宮根の所属事務所は、紅白に絶大な影響力を持つ大手事務所の系列。現実味がないわけではない。ただし、ここにきてSMAPのメ…

イジリー岡田

今週グサッときた名言珍言

「下ネタですか……?大嫌いです!」 by イジリー岡田

もともと芸人を目指したのも、テレビでは一切、下ネタをやらなかった萩本欽一に憧れていたからだ。学生時代も超がつく真面目青年。芸名の「イジリー」も一見、エロ芸のためにつけられたような卑猥なものを連想させるが、実際は前説などで“客いじり”が上手だったから命名されたもの。「ギルガメ」が始まるよりも前に、事務所の先輩である榊原郁恵らに囲まれて金屏風の前で襲名披露まで行ったと…

欽ちゃんとの出合いも運だった

その日その瞬間

西山浩司さん デビューのキッカケになった「スタ誕」秘話

◇ ◇ ◇ 僕の師匠といえば間違いなく欽ちゃん(萩本欽一)です。芸能界に導いて、芝居ができてアドリブもこなせる役者に育ててくれましたから。 ただ、人生を振り返ると、大きな節目に思いがけない出来事が起きてるんですよ。欽ちゃんと初めてお会いしたのは生まれ故郷の香川県高松市に住んでいた中学1年、73年10月でした。オーディション番組「スター誕生!」(日テレ系)の公開収録…

ザッツエンターテインメント

浅草通になれる本特集

それでも寺山修司は街はずれの見世物小屋を舞台に「浅草放浪記」を発表、日常からはタブー視された大衆社会としての浅草を描き、ビートたけしは渥美清、萩本欽一らがテレビ界へと去った浅草演芸最後の残り火を「浅草キッド」で活写した。 もっとも著者らの主眼は、今日の浅草はかつて文芸作品に描かれた「大衆」の町ではなく、もはや単なる「消費者」の町になり果てたのでは、という問題提起でも…

デビュー30年の勝俣州和

食リポ、短パン…勝俣州和が語る「生き残り30年」の極意

僕の場合は萩本欽一さんに出会えたことが物凄く大きいですね。タレントになりたいわけではなく、ただ根性がつくだろうと思って一世風靡に入り、欽ちゃんの番組のオーディションに受かったのが全ての始まり。人間として大事なことを学んだんです」 熾烈な芸能界で生き残るために特別なことはしない。ただ、いつも心がけているのは「いただいた仕事に優劣をつけたりしないこと。深夜帯だろうが地方…

フジ“昼下がりの顔”を務め続けた小堺一機

今週グサッときた名言珍言

「ひとりでしゃべってたんです。それが一生懸命だと思ったんです。見てる人には迷惑」by小堺一機

堺正章と萩本欽一だ。2人はうまくいかない「いただきます」を見て、小堺に同じことを言った。「あんなに面白い人たちがいるのに、なんでひとりでしゃべってんだ?」(「ごきげんよう」=前出)と。そのアドバイスに従って、オバさんたちの話を聞くように心がけたら、それだけで面白かったのだ。それから一気に番組は軌道に乗っていった。 「トークが上手くなりたければ『聞き上手』になること」…

常に半ズボンのイメージ

今週グサッときた名言珍言

「半ズボンにしてから、もう15年ぐらいになりますけど、一回も風邪ひかないですね」by勝俣州和

さらに、お笑いビッグ3をはじめ、萩本欽一やダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、和田アキ子ら、数多くの大御所タレントたちの番組に長年にわたって、しかも誰に偏ることもなく出演し続けている。かつて歴然と派閥のようなものがあった芸能界では特異な存在だ。 勝俣なら「何とかしてくれる」「いいリアクションをしてくれる」「手を抜かない」というのが番組スタッフ共通の認識…

None

怒怒哀楽劇場

爆破予告犯に告ぐ ネットは一生晒し者になる街の真ん中だ

「コント55号」の萩本欽一と坂上二郎の司会で、テレビ局のスタジオを立食パーティー会場にして、東京都内にいるホームレスを何十人も招集し、局の大盤振る舞いで飲み食いさせ、好き勝手に歓談させたのだ。 欽ちゃんも彼らに交じって酒をつぎ回って機嫌をうかがい、いろんな言い分や悩みを聞いた。本番中、彼らの一人が「こんな所に呼んでもらったからってガツガツすんな、遠慮するもんだろ。み…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事