日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「佐藤優 作家」に関する記事

None

定例会見を中止要請…嘘八百並べた猪瀬知事の成り上がり人生

佐藤優氏が私との対談で言っていたが、彼は〈本物のニセモノ〉なのです。自分の売り方には天賦の才があり、肩書にも弱い。彼を支持する竹中平蔵、勝間和代……皆、同じにおいがします」 5000万円を“貸してくれた”徳田虎雄の病床には、金を無心する前に訪ねただけ。当選後は見舞いにも行っていないらしい。知性も教養もない破廉恥漢を、このまま知事としてのさばらせていいのか。…

週末オススメ本ミシュラン

たしかに農業と出版業はよく似ている

★★★(選者・佐藤優)…

ベストセラー早読み

「新・戦争論」池上彰・佐藤優著

そうした冷戦終結以降の戦争を、ジャーナリストの池上彰と作家で元外務省主任分析官の佐藤優が、互いにとっておきの知識を駆使して読み解いていく。 導入は安倍政権の提唱する集団的自衛権の問題。佐藤は国際法の観点から同法は有名無実であると断じ、日本と世界のグローバルスタンダードとのズレを指摘する。続いて池上は「イスラム国」や民間軍事会社の出現により、従来の国家同士の戦いとは…

週末オススメ本ミシュラン

価値相対主義が思考停止を生んでいる

★★★(選者・佐藤優)…

None

欧州から要求の可能性も 成田・関空に「難民」が押し寄せる日

作家の佐藤優氏がラジオ番組や対談で語ったところによると、難民が成田空港や関西国際空港を占拠する日が来るかもしれないというのだ。佐藤氏は人道支援を表明した日本に対し、欧州が難民の“受け入れ枠”を要求してくる可能性があると指摘。ラジオ内でこう言っている。 「ヨーロッパのNGOやNPOが難民に、成田経由でどこかの国へ行ける航空券を渡すんです。乗り継ぎですから、(難民は)…

週末オススメ本ミシュラン

家族の崩壊と愛情が描かれている極上ミステリー

★★★(選者・佐藤優)…

永田町の裏を読む

本土の人間も「辺野古反対」を行動で表すことができる

沖縄の著名な経済人はじめ作家の佐藤優や菅原文太夫人らが呼び掛けて、全国紙や米国紙に意見広告を出したり、翁長知事の独自の対米外交をバックアップしようと4月9日に設立され、たった1週間ですでに4600万円が集まった。辺野古の地元の名護市に「ふるさと納税」をしている人もいる。 さらに、辺野古埋め立てのための砂利採取場となる鹿児島県奄美大島や瀬戸内海各地では、市民・環境団体…

独立支持層が急伸(頭が痛いキャメロン英首相)/(C)AP

スコットランド独立なら超円安 スタグフレーション突入へ

スコットランド発の金融危機と独立運動の波が、瞬く間に世界中をのみ込んでしまうかもしれません」(田代秀敏氏) 作家の佐藤優氏も、東京新聞のコラム(12日付)で「スコットランド情勢が今後、沖縄に無視できない影響を与える」と書いていた。こうした独立運動は、グローバリズムに対するアンチテーゼでもある。1%の富者がますます富んで、99%が不幸になるグローバリズム=新自由主義を…

衛藤首相補佐官、本田官房参与/(C)日刊ゲンダイ

「米国に失望」「中国に対峙」…舌禍続く安倍政権の知的レベル

元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏は19日の朝日新聞で、安倍側近の問題発言の背景にあるのは「反知性主義」だと言っていた。自分の主義信条というか、狂信的とも思える極右思想にコリ固まり、異なる考えを排除し、物事を客観的に見ることができない。佐藤氏は<自分が理解したいように世界を理解する「反知性主義のプリズム」が働いているせいで、「不適切な発言をした」という自覚ができず…

None

「別班」の違法行為隠蔽 秘密保護法で陸自が暴走する

作家の佐藤優氏は、共同通信への寄稿で、こう指摘していた。 <独善的な国益観を持った分子が、別班の名の下に「私的インテリジェンス」を行って、国家権力を簒奪(さんだつ)しているに過ぎない。このような事態は、文明的な民主主義国では考えられない。まさに日本のインテリジェンスの恥である> もっとも、こんな独り善がりの違法組織も、「特定秘密」が認められるようになれば、永遠に隠…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事