日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高橋ジョージ 事務所」に関する記事

後ろ盾を失った高橋ジョージ

事務所契約終了の高橋ジョージ 起死回生の一手は“政界進出”

三船美佳(32)と離婚係争中の歌手・高橋ジョージ(57)が、所属事務所との契約が終了になり話題になっている。 事務所側は理由を明らかにしていないが、高橋はつい先日、「地方で開催されたイベントをドタキャンした」と一部で報じられたことから“事実上のクビ”とみられている。離婚訴訟の方も高橋の「モラハラ」が大々的に取り上げられ、形勢不利。「代表作『ロード』の印税が今でも年間…

神田正輝と三船美佳は32歳差

双方は真っ向否定も…三船美佳&神田正輝“熱愛”の舞台裏

綾野剛と13歳年下女優の熱愛、元AKB48・川栄李奈とイケメン俳優の熱愛、Perfume・のっちとブサイク芸人の熱愛、岡田義徳と田畑智子の破局――などなど、元日の紙面で“スクープ合戦”を繰り広げた各スポーツ紙だが、中でも最も注目されたのが、俳優・神田正輝(65)と、昨年から夫でミュージシャンの高橋ジョージと離婚をめぐって係争中のタレント・三船美佳(33)の熱愛だった…

まだまだ問題は山積み

三船美佳・高橋ジョージ “未解決”財産分与問題の行方は?

高橋ジョージ(57)との泥沼の離婚訴訟が和解というかたちで決着してホッとしたのか、最近は周囲が心配するほどハイテンションの三船美佳(33)。和解成立後の4月初旬、映画のプロモーションに出席した際には、支離滅裂な発言を繰り返し、「ちょっとパッパラパー」と自分でも言うほど“離婚ハイ”な状態なのだ。 三船の事務所では今後について「これまでどおり、バラエティーのコメンテータ…

公私で良からぬ話題が取り沙汰されるが…

NHKドラマ役名でCDデビュー 高橋ジョージ「初紅白」の現実味

そんな気迫がみなぎっていたのは高橋ジョージ(56)。 妻・三船美佳(32)に対するモラハラ疑惑&離婚裁判(現在係争中)に端を発し、事務所独立、はたまた仕事のドタキャン騒動など、次から次へと良からぬ話題が取り沙汰される中、ドデカイ花火を打ち上げた。 現在放送中のNHKドラマ10「美女と男子」(火曜22時)で、自身が演じる「たどころ晋也」名義でのCDデビューが来月2日に…

おしどり夫婦だったが…/(C)日刊ゲンダイ

三船美佳・高橋ジョージ離婚劇…幼妻が「三行半」の真相は?

故三船敏郎の娘の三船美佳(32)と高橋ジョージ(56)の離婚劇には驚いたが、真相は何だったのか。 おしどり夫婦と呼ばれ、それを売りにもしていた2人だが、一昨年の暮れに美佳が10歳になる長女の手をひいて家を飛び出し、別居。美佳はこのときから母親の喜多川美佳(66)と愛娘と3人、大阪で新生活をスタートさせており、現実には仮面夫婦だったことが明らかになった。 高橋は「もう…

神田正輝

ビジネスに使えるスターたちの処世術

【神田正輝編】「とにかく食わせろ」のスタンスで悪口を封印

そのお相手は、高橋ジョージ(57)と離婚係争中の三船美佳(33)。32歳の年齢差も併せて話題性十分である。 神田も三船も熱愛については完全否定だが、離婚問題の渦中にあるのだから当然。 どちらにしろ神田の“現役感”は、65歳とも思えぬほど、バリバリの印象で、僕らの年齢になると、やる気が出て、うれしい限りだ。 今の若い記者の中には、神田と直接会ったことがないという連中も…

マスコミ対応がうまい

離婚ネタNGの中…三船美佳が報道陣をうならせた“神対応”

夫でロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージ(57)と離婚訴訟中と“乱気流”真っただ中の三船のもとには、大勢のマスコミが集まった。 しかし、イベントの進行表には「離婚問題・高橋ジョージさんに関する質問はお控えください」との注意書きが……。イベント前には報道陣にも同じ内容のアナウンスがなされる徹底ぶりだったのだ。 もっとも、そこは三船も心得たもの。ジョージの名前や離…

調停の可能性も

米倉涼子「離婚」確定へ…原因は夫のモラハラ罵倒と首絞めDV

三船美佳と高橋ジョージのようなケースは、なんとしても避けたいところでしょう」(芸能リポーター) 周囲には「だって怖かったんだもん」と涙ながらに語っているという米倉。結婚は“失敗”だったが、離婚協議は絶対に“失敗”できない。…

ツキにも見放されたか…

フジ「グッディ!」 三船離婚裁判にカメラ大量投入も“空振り”

8日に東京家庭裁判所で弁論準備手続きが行われた三船美佳(32)と「THE虎舞竜」高橋ジョージ(56)の離婚訴訟――。各スポーツ紙は三船、高橋がそれぞれ代理人とともに出廷したことを報じたが、2人の写真を押さえたところはなし。民放各局のワイドショーも同様だったが、取材に一番、熱が入っていたのが視聴率が“どん底”状態のフジテレビだったという。 「各局はカメラ1台ずつだった…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事