日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中日ドラゴンズの関連ニュース

五郎丸人気はどこまで広がる?

五郎丸のファン交流会開催決定も…参加費1万6000円に賛否

ちなみに、今年12月25日に名古屋で開かれる中日ドラゴンズの「ドアラ」とヤクルトスワローズの「つば九郎」によるプロ野球マスコットのクリスマスディナーショーは、大人が1万9000円だ。 今回の五郎丸の交流会は、“適正”ということか。…

大手声優事務所青二プロ所属

あの落合GMジュニアも成長 フクシくんの“ヤンチャ伝説”

中日ドラゴンズ・落合博満GMの息子・福嗣(28)が21日、東京・秋葉原で行われたニンテンドー3DS専用ソフト「プロ野球 ファミスタ リターンズ」の発売記念イベントに登場。ゲーム内のオリジナルチーム“ナムコスターズ”への入団トライアウトという設定で、185センチの巨体を“ナムコスターズ”の赤いユニホームに包み、ファミスタのピッチャーが投げる120キロの球に挑戦した。 …

1位有力候補の高橋純平(左)と落合GM

落合GM続投で県岐阜商・高橋純平「中日入り消滅」の怪情報

同会長が引き続き中日ドラゴンズのオーナーに就くことで「強力な後ろ盾のいる落合GMが来季も続投することが決まった」というのだ。 「これが大きく影響しそうなのが、スカウト戦略だ。落合GMは昨年ドラフトで大学・社会人ばかり9人を指名。高校生は育成選手のみだった。新人に関しては監督時代から即戦力志向が強い。ただ、中日のお膝元である岐阜には、高校ナンバーワン投手といわれる高橋…

板東英二さん

オレのおふくろメシ

板東英二が少年時代の旧正月に食べた白味噌仕立ての雑煮

食べ物の思い出といえば、高校時代に活躍して中日ドラゴンズに期待のルーキーとして入団した時のこと。初めてのキャンプ地で、朝食に卵に白いご飯が出て、これには大感激。魚、肉も食べられるだけ食べることができる食生活は天国のようだった。自分で稼いで自分で食べることの大切さを身をもって経験したという板東さん。 それだけに、少年時代に食べた雑煮の味は忘れられないものだ。 ※協力…

「韓一館」のアワビ海鮮料理(右上)と「忍冬草マウル」食堂のエイ、豚肉料理

おでかけ出張コンシェルジュ

ソウルから1時間40分 韓国全羅南道でゴルフとグルメ三昧

金大中元大統領の出身地で、女子プロゴルファーの申ジエ、元中日ドラゴンズの宣銅烈、韓流スターのパク・ヨンハや東方神起のユノの故郷でもある。「頭突き王」と呼ばれたプロレスラーの大木金太郎(韓国名・金一)は、同地の英雄だ。 ソウルからKTX(韓国高速鉄道)で約1時間40分、全羅南道の中心都市光州に到着する。そこから港町の木浦まで、KTXでさらに30分。これら主要駅の観光…

None

今あるのはあの人のおかげ

俳優・神保悟志 駆け出し時代の支えは高倉健さんのホメ言葉

高倉さんは中日ドラゴンズ監督役で、ボクは一野球選手の役に過ぎなかったので、現場で個人的にお話させていただいたわけではありません。 ただ、教えられることがあった。ラッシュといってまだ編集されていないフィルムがあって、一キャストがラッシュを見ることはほぼありませんが、高倉さんは見るんです。脇の選手役の俳優もちゃんとしていないと作品として成り立たないということで。その時も…

離婚するってホントなの?

スポンサーを激怒させた 米倉涼子「離婚報道」の仰天舞台裏

この日、中日ドラゴンズのホーム開幕戦で始球式に登場する米倉に真相を聞くべく、ナゴヤドームには東京からもワイドショーなど芸能マスコミが殺到。始球式を終えた米倉は報道陣にはノーコメントを貫いてタクシーに乗り込んだが、各局のワイドショーはトップ扱いのニュースで“離婚”を報じた。 ■ライバル紙に結婚をすっぱ抜かれ… これにカンカンなのが中日新聞とその系列の東京新聞だという。…

著者の板東英二氏

著者インタビュー

「板東英二の生前葬」板東英二氏

中日ドラゴンズで活躍後、野球解説者を経てタレントに。著書に「プロ野球 知らなきゃ損する」「天然 板東英二のゆでたまご伝説」など多数。…

None

実は大金持ちの井戸田潤…地元TVでは人気コメンテーター

水曜コメンテーターを務めている東海ローカル情報番組「ドデスカ!」(メーテレ)で、「イトダスポーツ」というコーナーを持つ井戸田は、中日ドラゴンズのキャンプ取材のために沖縄へ上陸。一軍が練習する北谷だけでなく、二軍がキャンプを張る読谷にまで足を延ばし、テレビクルーを引き連れて二軍調整中の吉見一起、山本昌などにインタビュー。取材の合間には練習を見つめる子供に「エライね~…

None

【対談】鈴木敏夫×権藤博 監督論から宮崎駿引退の真相まで

高畑勲、宮崎駿というアニメ界の巨匠を支えるスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(65)は、プロ野球中日ドラゴンズの熱狂的ファンとしても知られる。そんな鈴木氏が「ボクの憧れの人」と目を輝かせる野球評論家の権藤博氏(75)と対談。盛り上がりまくった2人の話は互いの監督論、人生論から宮崎監督引退の真相にまで広がった――。 鈴木氏(以下=鈴)「なんてったってボクは、大のド…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事