日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「谷原秀人 スイング」に関する記事

左肩をアイシングしながらプレーする池田

賞金王レース終戦…池田勇太が左肩痛明かし棄権の可能性

賞金ランクトップの谷原秀人(38)は初日64で回り首位タイに並んでおり、ランク2位の池田との賞金差は現時点で864万円あまり。 今季残り3試合は優勝賞金4000万円と高額大会が続く。だが左肩が痛くちゃ、これから先もまともにプレーができず、池田の逆転での賞金王タイトル取りは難しくなった。 日本オープン、三井住友VISA太平洋マスターズと2戦2勝の松山英樹が大いに盛り…

B・ワトソン(左)と石川が同組でプレー/(C)日刊ゲンダイ

石川遼の「実力不足」 B・ワトソンと同組でまざまざ露呈

同組の石川遼、谷原秀人は1打目にフェアウエーウッドを使うも、ワトソンはドライバーを抜いて330ヤードドライブ。いきなりギャラリーを沸かせた。 15番(378ヤード・パー4)では再びピンクヘッドのドライバーが炸裂。追い風に乗った打球は花道右のラフまで飛ぶ350ヤード超のビッグキャリー。「毎年観戦している」というギャラリーは、「ここまで飛んだ球は見たことがない」と言って…

None

内藤雄士が分析 トッププロの企業秘密

谷原秀人 若手と互角に戦うスイングづくり クラブ選びに徹底した合理主義で臨む

昨年7月にセガサミーカップ、日本プロ選手権と2週連続優勝を果たした谷原秀人プロ。ツアー終盤では、賞金王の座を巡って熾烈な争いを演じていた池田勇太プロをHEIWA・PGM選手権でプレーオフの末に破り、これでツアー通算14勝。初の賞金王に王手をかけたかに見えました。 しかし、谷原プロは、残り4試合で池田プロに逆転を許し、ランク2位でシーズンを終わりました。ランク2位は0…

None

日本のゴルフを斬る

日本人プロが学ぶべき スピースの左ひじの使い方

アジアンツアーとの共催で行われた日本男子ツアーの開幕戦・SMBCシンガポールオープンでトップ10に入った日本選手は4位の小林伸太郎と6位の谷原秀人の2人だけ。主力選手は池田勇太23位、宮里優作と小平智が28位、小田孔明55位、リオ五輪代表を狙う片山晋呉は予選落ちだった。 欧州ツアーのアブダビから駆けつけた招待選手のジョーダン・スピースは優勝スコアに1打及ばなかったが…

None

世界最先端スイング2017

テークバックは肩を回すより前後道を意識する

日本勢は松山英樹が25位、谷原秀人が32位、そして池田勇太が61位で終戦している。 ジョンソンはこれで世界ランク1位を維持しているが、彼のスイングはかなり独特である。 トップの位置で左手首は手のひら側に折れ曲がり、その影響でフェースは真上を向いている。いわゆるシャットフェースなトップからコントロールの利いたフェードボールを打っているのである。 ただし、すべてが独特…

None

ゴルファー羽川豊の「プロの目」

逃げるゴルフでは世界では戦えない

そういった意味では今年に入って海外6試合に出場して世界ランク50位内に入り、マスターズ出場権を勝ち取った谷原秀人はもっとも見習うべきです。海外で戦えば飛距離の差はもちろん、攻め方もデッドです。安全ルートに逃げるゴルフをしていては上位に食い込めません。 世界で上に行くためにはどのようにパフォーマンスを発揮していくのか、海外での試合はいい経験になります。簡単ではありま…

None

ゴルファー羽川豊の「プロの目」

マスターズに向けて選手の好不調が明確になった

谷原秀人との準決勝は3アップ、ジョン・ラームとの決勝では5アップと前半にリードしながら、2戦とも決着は18番までもつれました。勝負を焦らず、余裕の試合運びだったとみています。 メジャーは昨年の全米オープンに勝ち、3連勝してからマスターズへの流れは自信になる。優勝候補筆頭になるでしょう。 ただ、メジャーになれば誰もが気合が入る。 昨年はジェイソン・デイがアーノルド・…

None

100の壁をブチ破れ

スライスを直すには大スライスを打つ練習をする

しかし、谷原秀人や横峯さくらなど多くのプロがスライスボールを持ち球にして好成績を残しています。スライスボールを手の内に入れたら100切りも簡単ですよ」 こう指摘するのは本紙ボールチェックでおなじみの中山篤史プロ(紫カントリークラブすみれコース所属)だ。中山プロによると平均スコア100超のアマチュアはプッシュスライスが多いという。 「スライサーはティーグラウンドに立つ…

None

世界ゴルフ新潮流

マキロイが目指す歴史に残る選手が強さの秘密

1月から3月末まで、世界のツアーを転戦し、見事マスターズ出場のキップを掴み取った谷原秀人(38)の執念は誰もが目を見張るものだった。マスターズの出場資格は直前までに世界ランク50位以内が絶対条件。 昨年シーズンを終えたときの谷原のランキングは57位だった。 これまでの谷原だったら、この時点であきらめていただろう。だが今回の谷原は別人のように変身していた。ハワイ、シン…

None

ゴルフ中継で驚いた松山英樹の好敵手

ビル・ハース ゴルフ一家に育ったエリートプロ

WGCデル・マッチプレー3位決定戦で谷原秀人を下したビル・ハースは米ゴルフ界のサラブレッドです。ゴルフ一家に育ったエリートであり、父親は米ツアー9勝、現在チャンピオンズツアーで活躍するジェイ・ハース(63)。 そしてジェイの叔父は1968年マスターズチャンピオンのボブ・ゴールビー。 ジェイの弟ジェリーも元ツアープロで現在は大学ゴルフ部のコーチです。 そんなDNAを引…

タフな会場に歯が立たなかった

プロ求道

全米OP予選落ち 松山の今後に向けた課題

日本ツアーからは4選手が出場して宮里優作が通算7オーバー23位、谷原秀人が通算12オーバー51位。池田勇太と谷口徹が予選落ちでした。同じようなタフな設定でプレーしていないので仕方ないといえます。 深いラフに負けないパワーをつけ、早めに会場に入るとか、オフに渡米して粘っこいラフに慣れるということも、必要になってきます。 大会はサスペンデッドの影響で進行が遅れ遅れにな…

松山英樹は5カ月ぶりに予選落ち

プロ求道

塚田陽亮 5年シードに甘んじることなく高いレベル目指せ

首位タイだった谷原秀人が16番パー3で3パットボギーにして、続く17番はドライバーを左ラフに曲げました。V圏内だった谷口徹は15番で3パットボギー。それが17番のティーショットOBとグリーン上のミスが、ショットの不安につながってしまうのです。その点、塚田は決勝ラウンドに入ってから3パットがなく、パッティングのうまさが勝敗を分けたといえます。 これで今大会は6年連続…

竹谷佳孝

小っちゃな業師 竹谷佳孝ツアー日記

スナックゴルフで子供たちに完敗

全国の予選会を勝ち上がった22校の小学生と一緒に戦う我がドリームチームの顔ぶれは谷原秀人、藤本佳則、塩見好輝、平本穏、片岡大育と僕の計6人。 楽しくプレーするつもりでしたが、子供たちの真剣なまなざしにプロは皆、驚かされました。 そこで、開会式の挨拶では大人げなく、「プロとしての意地とプライドを懸けて戦います」と宣言したほどです。 僕自身はゴルフ伝道師としてスナッグ…

竹谷佳孝プロゴルファー

小っちゃな業師 竹谷佳孝ツアー日記

スナッグ大会の子供たちからエネルギーをもらった

全国の予選会を勝ち上がった22校の小学生と一緒に戦う我がドリームチームの顔ぶれは谷原秀人、藤本佳則、塩見好輝、平本穏、片岡大育と僕の計6人。 楽しくプレーするつもりでしたが、子供たちの真剣なまなざしにプロは皆、驚かされました。 そこで、開会式の挨拶では大人げなく、「プロとしての意地とプライドを懸けて戦います」と宣言したほどです。 僕自身はゴルフ伝道師としてスナッグ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事