日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鎌倉孝夫特集

「道半ば」とゴマカシ続けてきたが…

これぞ“三百代言” 安倍首相「アベノミクスふかす」のア然

埼玉大名誉教授の鎌倉孝夫氏(経済学)がこう言う。 「安倍政権のブレーンである浜田名誉教授が白旗を揚げたことからも分かるように、アベノミクスは大失敗。実体経済の伴わない市場にいくら資金を供給しても意味がない。実需には結び付かないことが証明されたのです。安倍政権は素直に失敗を認めて早く方針転換する必要があるのに、あろうことか今度はギャンブルに手を突っ込んだ。これは互い…

二枚舌

「トリクルダウンあり得ない」竹中氏が手のひら返しのア然

埼玉大名誉教授で経済学博士の鎌倉孝夫氏はこう言う。 「国民の多くは『えっ?』と首をかしげたでしょう。ただ、以前から指摘している通り、トリクルダウンは幻想であり、資本は儲かる方向にしか進まない。竹中氏はそれを今になって、ズバリ突いただけ。つまり、安倍政権のブレーンが、これまで国民をゴマカし続けてきたことを認めたのも同然です」 こんな男が今も政府の産業競争力会議の議員を…

安倍首相と榊原経団連会長

国民欺く新たなゴマカシ 安倍政権「官民対話」設置の異常事態

埼玉大名誉教授で経済学博士の鎌倉孝夫氏はこう言う。 「つまり、アベノミクスが失敗だったと政府自ら認めたわけですよ。だって、散々、言い続けていた(富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が滴り落ちる)トリクルダウンが起きなかったわけでしょう。成功していれば新たな会議なんて設置する必要はないし、とっくに企業も設備投資しているはずですからね。安倍政権が今、やることは『3本の…

5日の駐日アラブ外交団主催のアラブ・ウィーク・レセプションに出席した安倍首相

巻頭特集

すべてが元の木阿弥となった アホノミクスの恐ろしい今後

埼玉大名誉教授で経済学博士の鎌倉孝夫氏はこう言った。 「商品券なんて愚の骨頂です。しかも、政府・与党は『公共事業』と言っているが、公共投資というのは社会全体の生産性向上や、国民の生活に結びつくものを言う。しかし、彼らがやっていることは特定の大企業に対するバラマキに過ぎません。しかも、その企業から献金を受けているのだから、バカにしている。経済が良くなるはずがありません…

親父以上のポチ

巻頭特集

健康ゴールド免許ってなんだ? ガッカリした小泉進次郎

埼玉大名誉教授の鎌倉孝夫氏(経済学)は、こう指摘する。 「進次郎氏らの提案は、やたらに『自助を促す』ことを強調していますが、社会保障の基本は『公助』です。そして日本の国民皆保険制度が優れているのは、国民が納めた保険料を通じ相互に連帯して支え合う『共助』が徹底されてきたためです。医療の現場に『自助』を求める発想からは、国民一人一人をコストの対象としかみなそうとせず、…

アベノミクスの“成果”を強調するが…

巻頭特集

アベノミクス最大の看板「完全雇用」のインチキ

埼玉大名誉教授で経済学博士の鎌倉孝夫氏はこう言う。 「もともと政府発表の雇用統計の数字は、かなりいいかげんです。例えば、完全失業率とは完全失業者数を労働人口で割って算出しますが、ハローワークに登録していなかったり、職探しをあきらめた人や、やむを得ず非正規労働に就いたりしている人は失業者にカウントされません。要するに恣意的な“操作”がいくらでも可能なのです。さらに言え…

何でも利用する

巻頭特集

安倍政権ならやる W選、野党惨敗、焼け野原の地獄近未来

埼玉大名誉教授の鎌倉孝夫氏はこう言う。 ■アジア諸国を刺激し、戦争に突入する可能性も 「日本は『死の商人』になります。国民の税金で殺人兵器の開発を活発化させても国民の生活はよくならない。それどころか財政悪化を招くだけです。忘れてならないのは兵器を売ることで日本が世界に戦争の火ダネをばらまいてしまうことです。安倍政権によって、日本は戦前の『戦争国』につくり替えられるの…

発言がコロコロ変わる…

巻頭特集

株価乱高下の裏は何か? 公的マネーでカラノミクス隠蔽

埼玉大名誉教授で経済学博士の鎌倉孝夫氏はこう言った。 「公的資金を使ったゴマカシの経済政策はすぐにやめるべきです。どれほどカネを注ぎ込んでもムダだからです。それに通貨の膨張で需要の拡大はあり得ない。実体経済は良くならない。これは経済学の定説です。それが今、あらためて証明されているだけのことです。さらに今の資本は多国籍企業化しているから、公的マネーで株価上昇につなげ…

改革を大筋で受け入れたJA全中の万歳会長/(C)日刊ゲンダイ

独禁法適用でトドメ 安倍政権が狙う「農協潰し」次の一手

経済事業は成り立たなくなり、農協は壊滅的な影響を受けるでしょう」(農業ジャーナリスト) 埼玉大名誉教授で、経済学博士の鎌倉孝夫氏はこう言う。 「『農協改革』は現場の農家が求めたものでもなく、農林族の国会議員の要望でもない。改革会議が発端であり、つまりは大資本の要望なのです。政策はそのためのもの。すべてはTPP(環太平洋経済連携協定)に向けた対応と言っていい。(独禁法…

自衛隊航空観閲式に参加する安倍首相/(C)日刊ゲンダイ

武器輸出に支援金…安倍政権が「戦争できる日本」へ本格始動

「日本は『死の商人』になってしまいます」と危惧するのは埼玉大名誉教授の鎌倉孝夫氏だ。 「アベノミクスの成長戦略には兵器の輸出がしっかり組み込まれているのです。今後は途上国へのODAも自衛隊が使うことになるでしょう。国民の税金で殺人兵器の開発を活発化させても国民の生活にプラスにならない。それどころか財政をさらに逼迫させます。忘れてならないのは兵器を売ることで日本が世…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事