日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「横田めぐみ 死亡」に関する記事

官邸は火消しに必死/(C)日刊ゲンダイ

信じていいのか「めぐみさん死亡報道」 専門家に聞く“真偽”

7日、突然、駆け巡った韓国・東亜日報の「横田めぐみさん死亡報道」に永田町は騒然となった。 発端は韓国の拉致被害者家族でつくる「拉北者家族会」の崔成竜代表が北朝鮮の関係者から聞いた話を公表したことだ。 崔氏は9月、日本の拉致問題対策本部関係者とともに、めぐみさんが入院していた病院「平壌49号予防院」の元関係者2人と面談。めぐみさんが94年4月10日に薬物の服用過多で死…

全9ページ/(C)日刊ゲンダイ

全容入手「横田めぐみさん他殺報告書」の驚くべき内容

横田めぐみさんは殺された」――韓国の東亜日報が報じた記事について、日本政府は「信憑性がない」(菅官房長官)と黙殺の構えだが、日刊ゲンダイ本紙は報道の根拠となった報告書を入手した。報告書は9ページに及び、日本政府の「拉致問題対策本部事務局」が作成した7つの質問と、それに対する脱北者の答えが書かれている。脱北者の答えは手書きだ。 報告書の最後には韓国拉致家族会の崔成竜…

韓国拉致家族会代表の崔成竜会長(右)/(C)日刊ゲンダイ

報告書に記述「拉致再調査の保衛部がめぐみさんの遺体処理」

本紙が入手した「横田めぐみさんに関する報告書」は10日も報じたように、日本政府の拉致問題対策本部事務局が質問を作成、脱北者に回答してもらった正式なものだ。写真のように事務局側が作成した受領書もある。この報告書には東亜日報が報じたようにめぐみさんが致死量に近い睡眠薬や鎮静剤を投与され、1994年4月10日に完全隔離病棟「49予防院」で死亡したことが語られている。真偽は…

詳細な病院見取り図/(C)日刊ゲンダイ

仲介者が激怒「証言した脱北者を横田夫妻に会わせてもいい」

横田めぐみさんが入院していたとされる完全隔離施設「49予防院」。そこの職員が脱北し、めぐみさんについて詳細に証言したことが日刊ゲンダイ本紙既報の報告書となった。 そこに出てくるのは信じたくない話ばかりだ。 <めぐみさんは大量の睡眠薬などを投与され、1994年4月10日に死亡し、医師1名、看護員1名、看病員5名によって、他の5遺体とともに山の中に埋葬された> <(めぐ…

暴露本も出版した蓮池透氏

「戦略見えない」 安倍政権の拉致交渉に蓮池透氏怒り爆発

しかし、首相になってからは口だけで何もしない安倍さんに対し、次第に怒りを募らせていったようです」(出版関係者) 横田めぐみさんの父・滋氏も今月、「(交渉の)やり方を変えるべきだ」と訴えている。無策な安倍外交をいつまでも続けるわけにいかない。…

初対面について語る横田夫妻(17日)/(C)日刊ゲンダイ

横田夫妻が孫と初対面 このタイミングで実現したウラ事情

横田めぐみさんの両親、滋さん(81)・早紀江さん(78)夫妻が、今月10~14日、めぐみさんの娘キム・ウンギョン(ヘギョン)さん(26)と第三国のモンゴルで面会した。北朝鮮はこれまで「めぐみさんは死亡した。拉致問題は解決済み」としてきた。面会はそれを認めることになりかねず、夫妻は会いたい気持ちを抑えてきた。 「北朝鮮側は小泉訪朝の頃から横田夫妻と孫を対面させようと熱…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事