日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮里藍 シード」に関する記事

None

初日80位Tの宮里藍 “特権”食いつぶし米ツアーにしがみつく

78位と当落線上の宮里藍(30)にとって、出場が確定している大会は、今週のメジャーが最後だけに好スタートを切りたかったところだ。 試合前に、「メンタルが課題。パッティングのストロークではなく、どこまで自分を信じてプレーできるか」と語っていたが、不安が的中してしまった。 イン発進の初日は、出だし10番パー4の3打目に絶妙のアプローチを見せて1メートルに寄せながら、パー…

プロアマ戦でゲストの山本浩二氏(左)とラウンドする宮里藍

「全米女子プロ」捨て国内大会出場 宮里藍“心変わり”の理由

11日に開幕する女子プロゴルフの「サントリーレディスオープン」(兵庫・六甲国際GC)に、4年ぶりに出場する宮里藍(29)が10日、プロアマ戦に出場。冠企業と契約しているホステスプロとあって、同伴者の山本浩二氏(野球評論家)らに笑顔を振りまきながら最終調整を行った。 それにしても、なぜ今日本にいるのか? 藍が主戦場としている米女子ツアーは今週、メジャー第2戦の全米女…

スコアが伸びず冴えない表情の宮里

国内ツアー4年ぶりの予選落ち 宮里藍はゴルフ“劣化”深刻

【ワールドレディス・サロンパス杯】(茨城GC東C=6550ヤード・パー72) 今季、日本ツアー初出場の宮里藍(29)は注目の国内初戦で予選落ちに終わった。「ワールドレディスサロンパスカップ」2日目、イーブンパー35位タイからスタートした宮里は、後半16番でダブルボギーを叩くなど、通算5オーバーの67位に後退。60位タイまでのカットラインに1打届かず、史上9人目の国内…

2013年に2勝をあげた

イチ押し「女子プロ名鑑」

思い切りの良さが比嘉真美子のスイングに戻ってきた

沖縄出身の宮里藍、宮里美香、上原彩子の後を追って米ツアー参戦が夢。「男子ツアーが松山英樹なら、女子ツアーは比嘉と覚えてもらいたい」と元気たっぷり。昨季シード落ちしたが、今季は2年ぶりのシード当確。…

このままではジャンボの二の舞

プロツアー激辛情報

JGTOは有望若手を世界へ送り出し選手育成に取り組め

女子は宮里藍、宮里美香、横峯さくら、上原彩子、野村敏京の5人に、予選会で出場資格を取得した畑岡奈紗が加わる。 戦前、日本ゴルフ協会(JGA)が主要な選手を何度も米国のウインターツアーなどに1カ月以上も出場させた。遠征費は所属クラブのメンバーが出し合って、選手を育てている。日本オープン6回優勝の戦前の第一人者・宮本留吉も、宮本より一回り下の鬼才といわれた戸田藤一郎もそ…

永峰咲希

元賞金女王が解説 2016年期待の女子プロ

永峰咲希 同期の柏原明日架、堀琴音より先に勝つ可能性あり

しかし、クラブやボールが進歩して小さい子どもでもプレーできるようになり、宮里藍のアマ優勝から女子プロブームが沸き起こった。小さいころからプロを目指してゴルフに取り組む環境も整ってきたのです。 20歳の永峰は「23歳で賞金女王になりたい」という目標があります。随分気が早いように思えますが、最近ではプロ入りと同時に「勝ちたい」と宣言するのが当たり前であり、あらためて時…

宮里藍

女子プロ辛口ファッションチェック

宮里藍(30歳、日本15勝、米国9勝)

有村智恵

女子プロ辛口ファッションチェック

有村智恵(27歳・日本ツアー13勝)

東北高校先輩の宮里藍に誘われて13年から米ツアー参戦。1年目こそ賞金ランク61位でシードを獲得したが、2年目の昨季は調子を崩してランク106位と低迷し賞金シードを失い、QTに再び挑戦するも失敗。「このまま日本には帰れない」と今季は米下部ツアーをメーンに戦う。プライベートでは一昨年秋、ほとんど無名の俳優・南圭介との熱愛が発覚したが、それもいつのまにかウヤムヤ。プライ…

復調のきっかけをつかめない宮里藍 (C)日刊ゲンダイ

パット改善せず…それでも宮里藍が米ツアーにこだわる理由

39位スタートの宮里藍(29)はスコアを3つ落とし、通算9オーバー44位タイに終わった。 「短いチャンスをポロポロ外してしまった。(パットは)改善の段階にあるので、地道に続けていくことで自信の厚みが出る」(宮里) イーブンパー12位でフィニッシュした宮里美香(25)が、通算119パットだったのに対し、藍は133パット。3日目には38パットするなど、改善の兆しは全く見…

宮里藍

女子プロ辛口ファッションチェック

宮里藍(29歳・日本ツアー15勝、米ツアー9勝)

人気にも陰りが出てきた宮里藍プロです。今年6月には、もう30歳になるんですね。時の流れって、本当に早いっ。 そんなアラサ―のファッションセンスをチェックします。う~ん、お世辞にもセンス抜群とは言えないなぁ。 セットアップのウエアなんだけどトップスとスカートのライン柄が違うだけ! それだけなんです。色の組み合わせも中途半端なんでチョ~地味に感じる。なんなんだろう、この…

04年も「2ボールパター」を使っていた宮里藍/(C)日刊ゲンダイ

開幕戦は旧型を手に 宮里藍を“パット下手”にした父親の評判

米ツアー10年目の宮里藍(29)にとって今年は正念場だ。昨季は賞金ランク86位で初めて賞金シードを失った。優勝争いどころか、ベスト10入りも皆無だった。 厳しいシーズンを送った最大の要因はパットだ。ロレックスランク1位の朴仁妃など、多くのツアー仲間がお手本としていたパッティングに悩み続け、70センチ前後のパットを外しまくった。パット下手は数字を見ても明らかだ。10年…

日本に戻ってやっと笑顔になった有村

米ツアー撤退の有村智恵 国内復帰戦3位発進のカラクリ

2012年の日本女子プロ優勝で複数年シード権を手にして、高校時代の先輩宮里藍(30)に誘われ、13年から米ツアーに挑戦した。1年目こそシード獲得できたが、ここ2年間は下部ツアーが主戦場。今季は3試合に出場して獲得賞金4885ドル(約52万円)でランク72位と低迷。熊本地震を体験して、「(米撤退は)地震が一番の理由」と語っているが、米ツアー下部での実力不足を痛感した…

有村智恵

内藤雄士が分析 トッププロの企業秘密

有村智恵 フェースローテーション少ない鋭角なダウンスイングが分厚いインパクトを生む

東北高校の2年先輩、宮里藍プロの後を追ったのです。しかし、その直後に手首を痛めるなどのアクシデントで本領を発揮できず苦戦を強いられていました。 それまでの有村プロに対して僕が持っていた印象は、女子プロの中でも屈指のアイアンの名手、というものでした。 スイングタイプの分類はいろいろありますが、ドライバー型とアイアン型という分類もできます。 インサイドアウト軌道でアッ…

今季絶好調の野村

元賞金女王が解説 2016年期待の女子プロ

野村敏京 目標の米ツアーに移って技術精神とも大きく成長

18歳178日と宮里藍に次ぐ2番目(当時)の年少優勝記録だった。13年は日本ツアーに専念、ランク29位で賞金シードを獲得したが、14年から米ツアーに主戦場を移した。16年2月のISPSハンダ豪州女子オープンで米ツアー初優勝。4月のスウィンギングスカートクラシックで2勝目をマーク。米賞金ランク2位、世界ランキング23位とリオ五輪の日本代表にほぼ確定している。…

コースマネジメント力に長ける宮里藍

不調も光る情報収集力 藍に「リオ五輪コーチ」という選択肢

「今の姿はちょっと痛々しいですね」 ツアー関係者がこう漏らすのは、宮里藍(30)のゴルフだ。 2003年に高校3年でツアー優勝しプロ宣言。その後は、「藍ちゃんブーム」を巻き起こし、低迷していた女子ツアーを盛り上げて国内15勝。09年から米ツアーに参戦。12年までに9勝を挙げ、年間4勝した10年には、一時世界ランクのトップにも立った。13年から得意のパットが入らず苦戦…

ハネムーン気分?

渡米1カ月半「収入ゼロ」 横峯さくらの米ツアー参戦は失敗か

宮里藍(29)が米女子ツアーに参戦したのが21歳の時。有村智恵(27)は25歳。でも、2人とも下降気味だ。 「昨季、米女子ツアー9年目にしてはじめてシード権を失った宮里藍を見ても分かるように、選手にはスポーツ年齢というものがあります。特に女子の場合、ゴルフを最初にはじめてから20年で下降線をたどるといわれます。さくらは8歳ではじめたので、もはやフィジカル面でもメンタ…

宮里聖志(左)と優作兄弟は見せ場なく終わった

そろって予選落ち…宮里兄弟はホストプロの責任果たせず

今週の女子プロは、米ツアーと国内ツアーとの共催大会(TOTOジャパンクラシック=茨城・太平洋C美野里C)で、5年ぶりに宮里藍(31)が参戦。PGMが契約した初の男子プロである優作は、「注目が女子ツアーに行かないよう、兄(聖志)と一緒に大会を盛り上げていきます」と語っていたが、スポンサーに顔向けできない結果となった。 一方、妹の藍は初日、首位に8打差の2オーバー、5…

名実ともに世界トッププロの仲間入り

松山英樹がWGC快挙でも…ゴルフブームはもう起きないのか

AON時代が終わり、アマチュアで勝った宮里藍や石川遼がプロに転向して大活躍。社会現象になったように、またゴルフブームを巻き起こして欲しいのだ。総務省発表のデータによると平成23年のゴルフ人口は924万人と平成18年から5年間で90万人も減少した。 ■欧米では大きさ4倍の巨大カップが登場 スポーツを楽しむ多様性から、丸1日潰れてしまうゴルフを敬遠する人が多くなった。…

プロ転向会見で中嶋常幸から花束を受け取る畑岡奈紗

プロ転向の畑岡奈紗 米挑戦「心意気やよし」とファン期待

QTを上位で通過して2年以内には米ツアーで優勝し、それから先の5年以内には海外メジャーで勝てるようになりたいです」(畑岡) 会場では米ツアーの先輩である宮里藍(31)から「まだまだ17歳、大きな夢を持って、ステキなプロを目指して頑張って欲しい」、松山英樹(24)からは「お互い刺激し合って世界のトップを目指して頑張りましょう」というビデオメッセージが流された。 畑岡は…

プロ顔負けの堂々としたプレースタイル

アマ最後は4位T 畑岡奈紗はプロ転向でいくら稼げるのか

03年、当時高校3年生だった宮里藍(31)がミヤギテレビ杯で初優勝し、史上初の高校生プロが誕生した際は、クラブメーカーとは1億円でスポンサー契約を結んだといわれ、契約企業はまたたく間に10社以上にのぼった。畑岡はどれくらいの価値があるのか。 ゴルフ業界関係者がこう言う。 「女子プロの商品価値は何といっても第1がビジュアル、続いて情報発信力、実力です。いかにメディアに…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事