日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「篠原涼子 テレビ」に関する記事

「幸せいっぱい」では…

主演ドラマが苦戦…篠原涼子はプライベートの充実がアダに

篠原涼子(42)がアラフォーの独身キャリアウーマンを演じる主演ドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)が苦戦中だ。 初回の視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)といきなりつまずき、以後、9.2%、7.2%、9.0%と他局のドラマと比較しても“下位集団”入りしてしまった。 「軒並み視聴率が低迷するフジとしてはかなり力が入ったドラマ。ところが、思わぬ低視聴…

大阪パフォーマンスドールのリーダーだった(左写真・右下が本人)

あの人は今こうしている

元WEST END×YUKIの武内由紀子はTVレギュラー3本の売れっ子

「大阪パフォーマンスドールは、篠原涼子さんたちがいらっしゃった東京パフォーマンスドールの姉妹ユニットとして、吉本興業が結成したんです。だから、今でもマネジメントは吉本の子会社ってわけで。ハイ、芸能活動は今も続けてます」 現在のレギュラーは「大阪ほんわかテレビ」(読売テレビ)、「ジモイチドライブ」(朝日放送)と2つの情報バラエティーのリポーター、さらには通販番組「ビ…

ドラマ「オトナ女子」で40歳独身キャリアウーマン役

“40歳独女”演じる篠原涼子さんに聞く 「オトナ女子」狙う心得

日刊ゲンダイ「秋の特別号」表紙撮影に自然体で気さくに応じてくれた篠原涼子さん(42)。「アンフェア」シリーズでは約10年間にわたって凄腕刑事を演じてきたが、次に扮するのは40歳独身“女子”。仕事はできるが、恋愛になると相手に尽くしすぎる会社員を演じる。プライベートでは05年に市村正親(66)と結婚、2児の母としての顔も持つ。「オトナ女子」を狙う男の心得とは? じっく…

共演で衝突が多いパターン/(C)日刊ゲンダイ

ライバル心むき出し テレビ界に出回る「共演NGリスト」

■NGが多いキムタク また、米倉涼子と篠原涼子は2度も同じクールで主演ドラマがあり、“涼子対決”といわれ、ライバル心を剥き出しにした。ちなみにドラマは「ナサケの女」と「黄金の豚」、「35歳の高校生」と「ラスト・シンデレラ」。 木村拓哉と堺雅人はトヨタのCMでは共演しているが、それ以外ではNGのケース。理由は昨夏にTBS系日曜21時枠で「半沢直樹」をヒットさせたが、…

林真理子氏(左上)と中園ミホ氏(左下)は合コン仲間

18年NHK大河「西郷隆盛」成功のカギ握る“女傑”2人の素顔

主演の篠原涼子にデキる女性のイメージを定着させたのもこの作品。相当の手だれです」(放送ジャーナリスト)。 最近でいえば、米倉涼子(41)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)シリーズも手がけている。最高視聴率27・4%をマークし、米倉を視聴率女王の座に押し上げただけでなく、テレ朝に新たなキラーコンテンツをもたらした。 「10月期クールでは第4弾が…

シリアスな芝居が持ち味なのに…

夏ドラマ“主役・脇役・敵役”辛口採点

低視聴率の原因か 江口洋介“あんちゃん”キャラの大誤算

残念ですが、江口には荷が重かったということでしょう」(芸能ライター) 深夜の密会が女性誌にスクープされた篠原涼子(42)と共演した昨冬ドラマ「オトナ女子」でコケて、今回また低視聴率で終われば、さすがの江口も「過去の人」と呼ばれかねない正念場にある。…

平日朝から日曜夜の顔に

新生活開始 カトパンが周囲に漏らした“夜ふかし”の罪悪感

転身後の新たな所属先は、八木亜希子(50)や高島彩(37)といったフジOGが多数在籍する同局系のフリーアナ専門のプロダクション「フォニックス」ではなく、篠原涼子や谷原章介といった人気役者を多く抱える「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」。これまで前例のない身の振り方とあって、“系列会社の事務所には属せない理由でもあるのか”と勘ぐる向きもあったが、古巣の新番…

もともとは脇役で光るタイプの俳優

冬ドラ俳優“辛口”通信簿

“セクシー俳優”バブル崩壊…斎藤工にドラマ主演は荷が重い

昨年10月クールの篠原涼子主演「オトナ女子」(同)では、セクシーシーン満載の大サービスをしたにもかかわらず8.7%と散々だった。 「今クールの主演作『臨床犯罪学者 火村英生の推理』は脱エロ路線で勝負をかけたのですが、キャラを作りすぎて漫画っぽいという感想が多い。作戦失敗ですね」(芸能ライター) 実際に、視聴率はジリ貧状態。初回こそ11.1%と健闘したが、第2話で9.…

最後まで優等生を貫いた

フリー後もフジ継続起用 カトパンの株上げた「円満退社」

ちなみに亀山社長にはもうポスト・カトパンと目星をつけているお気に入りもいるようです」(別のフジ関係者) フリー転身後の所属事務所「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」(以下JME)は、篠原涼子(42)や谷原章介(43)らが所属する大手。通常、局アナがフリーになる場合は向こう1年間は古巣に義理立てして他局には出演しない暗黙のルールがある。 元日本テレビの羽鳥慎…

「これまでで一番の悪役」

悪女役で演技に凄み 菜々緒は「サイレーン」でも“主役食い”

「『ファースト・クラス』の前年に篠原涼子主演の『ラスト・シンデレラ』でも篠原の恋敵役を演じて話題になりました。この時の悪女ぶりがハマりすぎたせいで、ネットで篠原ファンからかなり厳しいことを書かれ、落ち込んだそうです。でもそれは演技に対する称賛だと思えと友人に言われ、開き直って演じることができたそうです」(テレビ関係者) たしかに、かつては「しょせんはモデル上がり」…

山手線で会えるかも/(C)日刊ゲンダイ

「花子とアン」で富士子役 芳根京子のオーディション秘話

憧れの女優は、同じ事務所の先輩・篠原涼子(41)。「かっこいいイメージなのに話すとかわいらしい雰囲気もあってステキでした」とギャップを明かしたが、芳根にも意外なギャップが……。 趣味は電車 「鉄道好きとかじゃないし、全然詳しくないんですけど、電車にただ乗っているのが好き。友達と渋谷で山手線に乗って、渋谷で降りたり、一人で乗ってぼーっとして景色見たり寝過ごしちゃった…

None

実写版ルパンに異論 「峰不二子はメイサより真木よう子」の声

ちなみに、ダントツの1位は藤原紀香で、以下、(2)杉本彩(3)米倉涼子(4)吉瀬美智子(5)黒木メイサ(6)小嶋陽菜(7)栗山千明(8)篠原涼子(9)山田優(10)鈴木京香と続く。 「10年前なら間違いなく紀香で決まりだったんでしょうが、ルパンを演じる小栗旬(30)とは、年齢的に釣り合わない。紀香自身も『赤旗』に登場するなど、最近は女優業以外の活動に熱心です。米倉は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事