日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

張本智和に関する記事

15分で高校生を撃破

卓球“スーパー中学生”張本智和に卒業即プロ転向プラン

初戦となった3回戦で、張本智和(13=エリートアカデミー所属)が埼玉栄高の福原にストレート勝ち、わずか15分でねじ伏せた。ダブルスでも1、2回戦を勝ち進んだ張本は、「思った以上にいいプレーができた。こんなに早く勝てると思わなかった。目標はもちろん優勝」と堂々の宣言である。 163センチだった身長はこの1年で170センチに。背が伸びたことで、「去年よりブロックやカウン…

None

13歳で世界卓球ジュニアV 張本智和“驚異のポテンシャル”

卓球の世界ジュニア選手権(18歳以下)は7日、南アフリカのケープタウンで行われ、男子シングルス決勝で、中学1年の張本智和が趙勝敏(韓国)に4―3で勝ち優勝。男子シングルスでは史上最年少(13歳163日)での栄冠となり、団体に続く金メダルとなった。ちなみに男子シングルスの日本選手優勝は11年大会の丹羽孝希(明大=リオ五輪団体銀メダル)以来、史上3人目の快挙だ。 「東京…

None

青田買いの時代へ 次々出てくる小中学生のプロアスリート

先日の世界卓球ジュニア選手権で優勝した早田ひな(16)や張本智和(13)ではもう遅い。有名になる前のジュニアが青田買いされる時代はすぐにやってくる。…

メダリストは参加しないのか

愛も佳純も出場せず? 卓球新リーグに早くも囁かれる不安

13歳のエース、張本智和の優勝で沸いた卓球の世界ジュニア選手権(南アフリカ)。そんな中、東京・八王子で日本卓球リーグの試合が行われていたことを知る者は少ないだろう。日本卓球リーグは実業団の強豪チームが覇を競うが、そこにリオ五輪女子団体で銅メダルを獲得した福原愛(28)、石川佳純(23)、伊藤美誠(16)や、男子シングルスで初のメダルを獲得した水谷隼(27)の名前はな…

平野美宇(左)と伊藤美誠は共に16歳

ライバルは国内に 日本卓球「東京五輪」出場枠争い激化

史上初のアベック優勝を果たし、「東京世代」として注目される張本智和(13=77位)が、リオ五輪個人銅の水谷隼(27=5位)の次世代選手として頭角を現している。 ライバルは日本にいる。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事