日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「村田修一 選手」に関する記事

None

新・鬼の遺言

高卒選手に甘くないプロの世界 中心選手はわずか1割

巨人は三塁に村田修一がいる。3年目に定着できればといったところだろう。 オリックス2位の横浜隼人・宗佑磨は身体能力が高く、肩と足は一級品。打撃も内、外角、まんべんなく打てる。今年は内野だったが、プロでは外野だろう。体ができてくれば、まだまだ伸びる可能性を秘めている。 高卒野手は難しい。各球団で中心選手になっているのは1割。試合に出たり出なかったりが1割。残りの8割は…

楽天時代は活躍したマギー

阿部、村田に影響…巨人のマギー獲りはデメリットだらけ

スーツ姿で訓示した高橋監督

原野球の継承拒絶 由伸巨人のキーマンに「現主力」指名の思惑

仮に代打が成功しても、それによってベテランが死んでしまったら意味がないと考えるタイプです」 今季終盤、原前監督は村田修一(34)をスタメンから外し、新人の岡本を抜擢した。それも、由伸新監督は村田を復活させたいと考えているという。 「かつての本塁打王でFA入団というプライドを重んじてというのもあるけど、そもそも堅実で冒険をしない性格。ベテランがソッポを向いた時の波紋の…

古巣の広島が心配する大竹(右)も二軍調整中

FA移籍組軒並み苦戦の巨人 “実力主義”が大物獲りの障害に

もし巨人でこのまま不遇をかこつようなら、今季から復帰して活躍している新井のように、契約が切れる来季オフ以降、トレードなどで戻したいという意見が球団内にあるんです」 ■巨大戦力に埋もれる危険性に選手尻込み 移籍4年目で選手会長を務める村田修一(34)も窮地に追い込まれている。打率.226、3本塁打。8番どころか、最近はスタメンを外れることも珍しくない。巨人のチーム関係…

阿部(右)と村田(左)はこの表情/(C)日刊ゲンダイ

巨人2年ぶり交流戦Vも…ベンチのやり方に選手は複雑?

村田と長野は日大の先輩後輩

後輩長野と評価明暗の巨人村田 「シーズン二軍」で失う“肩書”

不振で二軍落ちしている村田修一(34)の一軍昇格が見送られた。 19日のロッテとの二軍戦に「5番・三塁」で出場したものの、3タコ1三振。視察した原監督は「今やっていることがあるようなので、もう少し時間を与える」と話した。来週27日に迫った開幕ギリギリまで待つ意向というが、一方で18日のオープン戦で井端を三塁で起用するなど、「村田抜き」の開幕メンバーを模索し始めてもい…

長野と高橋由に厳しい視線/(C)日刊ゲンダイ

巨人OBからも不満 打線不調は原監督の「4番軽視」が原因

村田修一(33)で始まった今季の巨人の4番は、7月29日の試合からベテランの高橋由伸(39)が務めている。その間、長野久義(29)が6試合、阿部慎之助(35)が6試合、アンダーソン(32)が12試合、そして、5月に途中加入したキューバ人助っ人のセペダ(34)も18試合で4番を打った。 巨人OBの評論家、高橋善正氏が首をかしげる。 「今季、最多の44試合で4番を任せて…

今は2Aにいる中島/(C)日刊ゲンダイ

坂本、村田への仕打ち? ア軍中島「巨人入り」の仰天情報

巨人のポジション的には坂本勇人(25)、村田修一(33)ともろにバッティングする選手だ。坂本、村田は原監督が「巨人の枢軸」と表現するチームの中心。いくら、今年も大竹、片岡の2人を取るなど、就任11年で10人ものFA選手を補強している原監督とはいえ、余剰人員になりかねない中島に興味を示すとは思えない、という声はある。 が、坂本にも村田にも「枢軸」と口で言うほどの信頼感…

None

巨人・村田の処世術 「外様初の選手会長」に「松井派入り」

巨人の選手会長に就任する村田修一(32)が多忙だ。優勝旅行先のハワイから16日に帰国。18日はディナーショーに参加した。19日は巨人の新ユニホームのお披露目にモデルとして駆り出される予定となっている。 横浜から巨人へFA移籍して2年。主力のほとんどが不参加だったV旅行にも家族で参加するなど、フットワークの軽さで周囲の信頼を得た。球団史上初の移籍組選手会長という異例の…

巨大戦力に囲まれて…

山崎裕之のキャンプ探訪2017

高橋監督は葛藤 若手切望も大補強を繰り返す巨人の“矛盾”

13年に93打点を挙げて楽天の日本一に大貢献したケーシー・マギー(34)が、阿部慎之助(37)、村田修一(36)と一塁、三塁のレギュラーを争うという構図は、他球団ではまずあり得ない。実に贅沢な話だが、球団の多大なバックアップは、チームを率いる高橋監督にはそのまま大きな責任、重圧になるはずだ。 これだけの戦力が集まると、プレッシャーを感じるんじゃない? 就任2年目の指…

日ハム中田は東京遠征のたびにキャバクラをハシゴ

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿2

「白鳥カツオ」の“偽名”使い六本木で飲んでいた巨人某選手

阿部慎之助クン、村田修一クン、長野久義クンあたりは高い年俸もらってるんだから優勝できなかったら戦犯扱いよね。あ、これは野球のコラムじゃなかったわね(笑い)。 六本木でいうと、最近は若手の坂本勇人クンや沢村拓一クンが有名人だけど、やっぱり頻度が高いのはAクンね。私がファンだから本人の名誉のためにイニシャルにしといてあげるけど、Aクンは実は六本木から徒歩圏内に住んでるの…

今季たった1試合の内海は4億円

内海も村田も…巨人の不振でハッキリした「複数年契約」の害

3年10億円という大型契約2年目の村田修一(34)も打率.226、3本塁打。ここ2試合はスタメンを外れる体たらくである。 打者だけではない。 4年20億円の杉内俊哉(34)も1日の広島戦で六回途中7失点と大炎上。5勝4敗、防御率3.79の成績だ。4年16億円の左腕エース内海哲也(33)に至っては、今季わずか1試合の登板で0勝1敗、防御率13.50。故障でもないのに二…

「何かを変えないと」と言った村田

松田流出なら三塁に適役 巨人村田をソフトBが密かに狙う

巨人の村田修一(34)が27日、契約更改交渉を行い、現状維持の3億円でサインした。3年契約2年目となる今季は、5月中旬に右太もも裏の肉離れで登録抹消、9月には右ひじを痛めて離脱した。103試合の出場で打率.236、12本塁打、39打点。V逸の戦犯にも挙げられ、「(球団から)もう少し頑張って欲しいと言われた。すごく迷惑をかけた。反省している。(来季は)高橋監督1年目。…

結局この人を使うしかない…

村田は二軍落ちでも開幕先発 巨人のお寒い“三塁事情”

巨人の選手会長でもある村田修一(34)が、原辰徳監督(56)から前日の試合後に二軍調整を言い渡されたことで、緊張が走っている。 チーム全体が貧打地獄に陥っている。チーム打率・227、本塁打は高橋由の1本で12球団ワースト。13日は当初、休養日の予定だったが、坂本ら大半の選手がジャイアンツ球場で打撃練習を行った。明日は我が身という“村田ショック”に他ならない。 村田の…

アピールを続ける中井/(C)日刊ゲンダイ

高卒8年目の中井が頭角 いよいよ寒い巨人・村田の首筋

このキャンプで、村田修一(34)から三塁のポジション奪取を狙う高卒8年目の内野手だ。 「いや、彼の打撃は最初から目立っていた」 とは、初日から巨人キャンプを視察する中日の加藤スコアラー。別のスコアラーも、「とにかく打球が速い。ミート力があり、ライナー性の強い打球を打てる。シーズンに入って打席数を与えられれば、かなりの率を残すんじゃないですかね。ちょっと脅威です」と他…

None

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神ファンとして感じる 費用対効果めちゃくちゃな巨人野球の怖さと不気味さ

加えて、昨季サードのベストナインとゴールデングラブ賞に輝いた村田修一がいるにもかかわらず、同じサードの外国人・マギーを獲得。そのマギーが今のところ好調を維持しているため、村田の出番は激減し、果たして年俸2億円超の代打要員ができあがった。 はっきり言って、めちゃくちゃ非効率的なチームである。大金をかけて補強した選手がほとんど機能せず、さらに昨年までの主軸を平気で窓際…

None

大舞台経験者が語る WBCの魔物

巨人・亀井善行

「修さん(村田修一=横浜)が肉離れした試合で2回盗塁して1度成功。試合に出られたのはよかったですね。今思えば、メンタルが鍛えられた。あれ以上の重圧がかかる試合はありませんから」 ――チームワークは? 「西麻布で決起集会をやったのを覚えています。イチローさんと稲葉さん(日本ハム)中心にチームにまとまりがあった。みんなついていこうと思いましたからね。原監督は選手を『お…

巨人に来て早5年

巨人の内情を熟知 “先輩”村田はベイ山口決断のキーマン

横浜から11年オフにFAで巨人入りした村田修一(35)である。DeNAのチーム関係者がこう言うのだ。 「父親が元幕内力士の山口は、187センチ、97キロの巨漢。愛称は『どすこい』ながら、意外にも神経はこまやかなんです。FA宣言の会見の時、『相談したのは家族だけ』なんて言っていたが、移籍するかもしれない球団のことを知らないでFA宣言するような性格じゃない。興味があると…

本命の岡本和真(左)に挑む辻東倫

過熱する巨人の三塁争い 村田&岡本に割り入る“対抗馬”が

衰えが見えるベテラン村田修一(34)に誰が引導を渡すのか、に注目が集まっているのだ。 1番手は来季2年目の岡本和真(19)。昨年のドラフト1位入団で秋季練習でも居残り特打や特守など、「強化指定選手」として重点的にしごかれている。 高卒1年目の今季は17試合で打率.214、本塁打1本。9月5日のDeNA戦では代打で登場して初安打初本塁打を記録し、「能力はある」と新監督…

依然調子が上がらない村田

狙いは不調村田への“カンフル剤” 巨人に「外国人補強」情報

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事