日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「古田新太 生瀬勝久」に関する記事

映画「案山子とラケット」にも出演

30歳までバイトで生計 俳優・小市慢太郎は”脇役界の星”

遠藤憲一、古田新太、松重豊、生瀬勝久、吉田鋼太郎、滝藤賢一などはすでに主役級の活躍を見せているが、今年、ブレーク確実といわれるのが、どこか見覚えのあるダンディーな白髪男、小市慢太郎(46)だ。 あまちゃんにも半沢にも出演していないが、知る人ぞ知る実力派として昨年だけで10本以上の映画やドラマに出演。しかし、誰もが“これ”と思い浮かぶ代表作が“ない”のも名脇役ゆえだろ…

None

あまコンビW主演で話題 「隠蔽捜査」は“警察版・半沢直樹”

主演の古田新太(48)いわく「ま、半沢(直樹)の警察版ですね」。月曜ミステリーシアター「隠蔽捜査」(TBS系)の初回放送当日(13日)、ゲスト出演した「はなまるカフェ」でこうPR。昨年の視聴率ナンバーワンドラマを引き合いに出し、番組MCの岡江サンとヤックンの心をグッとつかんだのは間違いない。「半沢直樹を見てた人が半分見てくれたら、20%いくんで」と鼻息も荒かった。 …

Wヘッダー常連/(C)日刊ゲンダイ

香川に滝藤…ドラマ界に「掛け持ち規制」のブラックジョーク

たとえば2本掛け持ちしているのは「MOZU」「ルーズヴェルト・ゲーム」の香川照之(48)、「俺のダンディズム」「ロング・グッドバイ」の滝藤賢一(37)、「花咲舞が黙ってない」「MOZU」の生瀬勝久(53)、「ホワイト・ラボ」「軍師官兵衛」の谷原章介(41)、「BORDER」「ロング・グッドバイ」の古田新太(48)、「花咲舞が黙ってない」「ホワイト・ラボ」の大杉漣(…

いとうせいこう

その日その瞬間

知人とバッタリ いとうせいこうの転機は本多劇場のトイレ

裏を見たら生瀬勝久さん、古田新太さんらそうそうたる俳優のほか、バンドではいきものがかりなどが記してありました。意外な感じがしたので、内心、「え?」って驚いたんですけど、その時は「そーなんだ。また連絡するわ」って別れましてね。 ところが、しばらくして本多劇場へ行ったら、またトイレでバッタリ。その時、「あ、これは運命だな。決め時だな」って思いました。というのは当時、僕は…

「半沢直樹」で脚光後、引っ張りダコ/(C)日刊ゲンダイ

初主役含めドラマ3本出演 滝藤賢一「出ずっぱり」の逆効果

NHKを含む4月ドラマのラインアップを見ても、遠藤憲一、古田新太、生瀬勝久、吉田鋼太郎、宇梶剛士らが2本を掛け持ちしているし、他にも小日向文世、渡辺いっけい、野間口徹、田中哲司など、おなじみの役者がズラリと並んでいる。 ■舞台出身者を重宝 「彼らの多くは舞台出身で、演技がしっかりしているうえに多彩な役柄をこなせます。テレビ局にとっては<彼らに任せておけば大丈夫>とい…

None

話題の「キムラ緑子」「小市漫太郎」輩出 関西演劇の底力

「MOPは、古田新太が看板俳優を務める『劇団☆新感線』や大阪芸大出身者が立ち上げた『南河内万歳一座』と並び、関西で人気の劇団でした。当初は、つかこうへい作品を中心に上演。1992年には東京単独公演も成功させています。主宰者のマキノは、朝ドラ『まんてん』の脚本家としても知られている。役者としてよりも、作り手としての活躍が目立ちますね」(演劇関係者) キムラはこの劇団…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事