日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高畑充希 雑誌」に関する記事

高畑充希(左)と黒木華

連ドラで“美しすぎない編集者” 高畑充希vs黒木華の軍配は

■視聴率では「とと姉ちゃん」だが… 女性編集者といえば同時期にスタートしたテレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK)も同じく女性編集者(こちらは実在)だし、主役の高畑充希(24)も同じく美しいとは言い難い! 戦後が舞台で当時の髪形や服装のせいもあるだろうが、童顔なのか老け顔なのかわからん。 今週の米1俵の賞品が欲しくて二人三脚競走に出たちょうちんブルマー姿や、番宣でよく…

「とと姉ちゃん」ヒロインの高畑充希

16年春の朝ドラヒロイン抜擢 高畑充希は“昭和顔”のハマリ役

来年4月4日スタートのNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロインに選ばれた高畑充希(23)。13年度後期の朝ドラ「ごちそうさん」ではヒロイン(杏)の義妹役として出演。しかも劇中で披露した歌唱力が話題となり、♪You wanna 酔わないウメッシュ~と独唱するCMまでゲットした若手女優が、今度は“朝の顔”に抜擢された。 もっとも、ヒロインの座は「ごちそうさん」の“余禄”で…

芳根京子の「べっぴんさん」も最近好調

年間ドラマ視聴率TOP5に3本 「朝ドラ」強しはどこに要因

高畑充希がヒロインの『とと姉ちゃん』は日本で初めて創刊された主婦向け雑誌作り、『べっぴんさん』は戦後になるまでなかった新しい子供服作り。ちなみに14年から15年にかけて放送された『マッサン』も日本になかったウイスキー造りがテーマでした。そういえば、大ヒットドラマ『下町ロケット』も典型的な物作りドラマですね」 ちなみに、有村架純がヒロインの次の「ひよっこ」は、東京五輪…

(左上から時計回りで)安室奈美恵、イチロー、池江璃花子、ケンブリッジ飛鳥

羽生クンはSMAP中居超え アスリート勢“CMギャラ高騰”の裏

高畑充希(24)は1800万円から2800万円に、堺雅人(42)は5400万円から6400万円にアップ。この額は本人に渡るものではなく、広告代理店がクライアントと交渉する際の“基準”として使われているというが、なかなかどうして驚きの金額である。 ■アスリートは実績にウソがない 勢いでいうと、不倫騒動に覚醒剤事件とスキャンダルの多かった芸能界をスポーツ界が追い抜いた感…

個性的なファッションにも注目したい

「とと姉」で名編集者役 唐沢寿明の“オカッパ頭”拝める?

高畑充希(24)演じるヒロインの小橋常子は、戦後100万部近くの販売数で一世を風靡した生活総合誌「暮しの手帖」の創刊者である大橋鎭子女史がモデル。 今週(第15週)は雑誌「あなたの暮し」の出版に向け、海千山千の名編集者であった花山伊佐次(唐沢寿明=53)を編集長として招へいするべく、ラブコールを送るところが描かれるのだ。 「花山さんを口説きに行くシーンの撮影時間は…

「吉永淳」改め本名で勝負

「とと姉ちゃん」に再登場 “綾サン”阿部純子の意外な過去

常子(高畑充希)の女学校時代の親友・中田綾サンを演じる阿部純子(23)だ。 4週目の初登場以来、実に2カ月半ぶり。常子の追試の勉強に救いの手を差し伸べた名家の聡明な令嬢だったが、今回も主人公の人生に大きな影響を与える。夫が戦死し、実母と息子を抱える未亡人となった綾サンの姿に触発され、とと姉ちゃんは女性向けの新雑誌の創刊を決意するからだ。 綾サンのモデルは実在し、大橋…

25歳にして芸歴17年のベテラン

「あさが来た」出演の柳生みゆ “脇役ヒットの法則”なるか?

「有村架純や高畑充希など、テレビ界では“朝ドラの脇役から民放連ドラの主役へ”が出世のパターンになっています。これまで『あさが来た』では清原果耶が注目されていましたが、いかんせんまだ13歳と若すぎた。その点、柳生ならキャリア十分です」(前出の関係者) 「あさが来た」はこれからいよいよ、あさが日本初の女子大設立に乗り出し、夫の新次郎も紡績会社の経営に奔走することになる…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事