日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「菅直人 原発」に関する記事

国会前の「安保法案反対」デモと小熊英二氏(撮影/生津勝隆)

「日本のデモ変わった」 反原発記録映画製作の小熊英二氏指摘

映画は、菅直人・元首相や被災者ら8人のインタビューと、ネットに投稿された動画で構成され、デモが拡大していく過程が淡々と描かれている。 11年3月の事故直後には数十人しか集まらなかったデモが徐々に広がっていく。12年5月5日には国内で稼働する原発が1基もなくなった。その翌月、6月29日には官邸前に20万人が集結。反原発を訴える市民グループからなる「首都圏反原発連合」…

None

菅直人元首相 みのもんた番組降板に「原子力ムラの陰謀説」指摘

民主党の菅直人元首相(67)が、みのもんたのTBS報道2番組降板について「原子力ムラによる陰謀説」をブログで紹介し、ネット上で物議を醸している。 話題になっているのは、26日に更新された公式ブログ「今日の一言」。「みのもんた氏に対する陰謀説」と題した記事で、菅氏は<みのもんた氏は汚染水問題など原発問題で東電と安倍総理を厳しく批判していた。この発言に対して原子力ムラが…

製作プロデューサーの橘民義氏

登場人物は実名…原発事故映画「太陽の蓋」製作Pに聞く

「当時の菅直人首相以下、実名で登場させるというのは大前提。それ以外は考えられなかった」 福島第1原発事故当時、首相官邸周辺では何が起こり、どんなやりとりがあったのか……。その知られざる真実に迫る劇映画「太陽の蓋」で、あえて登場人物を実名で登場させるアイデアを採用した製作プロデューサーの橘民義氏はそう断言した。いまだ進行中の大事故で、存命中の関係者を実名で描いたドラマ…

他人事のように笑っていた班目氏

班目春樹氏のニヤつき弁明でハッキリした“原発事故は人災”

原発事故対応の“キーマン”といわれた班目氏は事故発生直後に「水素爆発はしません」と“デタラメ”を言い放ち、菅直人元首相や現場、全国民を混乱に陥れたことで知られる。 事故から5年経った今でも、当事者意識はゼロ。インタビューで、ニヤニヤしながらこう言い放ったのだ。 「あんな人(菅直人)を総理にしたから天罰が当たったのではないかと、運命論を考えるようになっている」 さら…

本当に専門家だったの?

原発事故は「運命」…元原子力安全委トップが笑顔で大放言

インタビューで班目氏は、当時の菅直人首相(69)から「水素爆発はあるのか?」と尋ねられたことを明かし、格納容器の中に酸素はないため爆発はしない、と回答したと説明。しかし、その数時間後に1号機建屋で水素爆発が発生した。 このことについて班目氏は、格納容器から水素が漏れ出して建屋内で爆発する可能性までは菅首相に説明していなかったことを「大失敗だったとは思う」と後悔しつ…

None

「みのもんた失脚=陰謀説」指摘 菅元首相の“”ありがた迷惑”

民主党の菅直人元首相(67)が唐突に、みのの降板について「原子力ムラによる陰謀説」をブログで開陳し、物議を醸しているのである。26日に更新された公式ブログ「今日の一言」で元首相は「みのもんた氏は汚染水問題など原発問題で東電と安倍総理を厳しく批判していた。この発言に対して原子力ムラがみのもんた氏失脚の陰謀を仕掛けたという説が流れている」と指摘。 <総理辞任も「陰謀」…

似た者同士の2人

巻頭特集

米大統領選の罵倒合戦より酷い 安倍首相“品性下劣発言録”

自民党も野党時代の2011年、参院予算委で原発問題を追及した時、原発担当相を呼ばずに菅直人首相に質問を集中させ、菅に「当事者の大臣にお聞きになることが、質疑をしっかりと進める上で重要だ」と音を上げさせている。 トランプの虚偽率は85%だそうだが、安倍のアベレージも変わらないのではないか。政治評論家の山口朝雄氏が言う。 「安倍首相とトランプは思考回路がよく似ています。…

両院議員総会であいさつをする野田幹事長(右は蓮舫代表)

永田町の裏を読む

安倍悪政の下地つくった戦犯が幹事長 自公民大連立の悪夢

最初に「参加を検討する」と言ったのは菅直人首相だが、野田は11年11月「参加のため関係国と協議に入る」と表明、12年に入り各国に政府代表団を派遣し始めた。それを引き継いで安倍は13年3月、TPP参加を正式表明し、甘利明特命大臣を任命して交渉をまとめさせた。 第7に、消費増税。野田内閣は12年2月に「社会保障・税一体改革」大綱を閣議決定し、8月に「14年に8%、15年…

None

永田町の裏を読む

誰が新代表になっても民主党の再建は容易ではない

民主党政権は未熟きわまりないものであったが、それでも鳩山由紀夫元首相は沖縄県民の心に寄り添って辺野古基地の「県外」移設に、菅直人元首相は自然エネルギー拡充による原発ゼロへの転換に、それぞれ政治生命をかけて挑戦した。もし民主党が全党を挙げてこのトップの挑戦を支え抜いて闘っていれば、少なくとも、その2つの国の命運にかかわる重要課題については明確に保守VSリベラルの対抗…

同情票もれっきとした1票/(C)日刊ゲンダイ

38選挙区で自民を急追…民主党に追い風が吹き始めたワケ

こうした状況は、海江田代表、馬淵澄夫選対委員長、菅直人元首相の選挙区でも起きています」(政界関係者) 現在、民主党はざっと40近い選挙区で当選を固めている。接戦の38選挙区と合わせれば約80選挙区で当選することになる。比例区で獲得可能の40を加えれば120議席近くまで伸びる。そうなれば、行って来いで自民党の議席を大きく減らすことになる。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事