日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「前田健太 グッズ」に関する記事

商売上手?/(C)日刊ゲンダイ

収益拡大が至上命令 小久保ジャパン「七人の侍」のカラクリ

17日、11月の日米野球の第1次選考選手として、前田健太(広島)、坂本勇人(巨人)ら6選手を発表。小久保監督を加えた「七人の侍」が前回大会からリニューアルされたユニホームを身にまとった。前田は「(17年WBCでは)年齢的に前回大会より成長できていると思う。中心でいられるようにしたい」と意気込んだが、「このタイミングで何で6人だけ発表なの?」という疑問を感じた野球フ…

ドジャースの主砲ゴンザレスと談笑した後、スカウトが…

大谷争奪戦から脱落か ドジャース不法交渉疑惑をMLB調査

かつては野茂、斎藤隆、石井一、黒田が在籍、現在は前田健太がプレーしていて日本での知名度は抜群。オーナーグループにはあのNBAのマジック・ジョンソンもいて、今季のチーム総年俸はヤンキースに次いで30球団中2位と財力もある。 加えて花巻東高時代から大谷を徹底マークしていたのがこのドジャースで、大谷の憧れの選手はドジャースのエース・カーショウだ。 現行の入札制度は、移籍金…

チームを引っ張る黒田

予定通りG戦に先発も 黒田の“男気”に広島球団ビビる理由

エースの前田健太(28)が抜けた今季、開幕からベテラン右腕がチームを引っ張っている。 集客面でも貢献度は計り知れない。黒田が広島に復帰した昨季、広島は球団創設以来、初めて観客動員200万人を突破。グッズ収入は10億円増の35億7500万円を記録し、年間指定席は完売。売上高148億3256万円、当期利益7億6133万円はいずれも球団史上最高額だった。すべては「黒田効果…

オーナーの決断は…

広島ファンも注目 マエケンの譲渡金「24億円」の使い道

彼のスライダーと制球があれば大丈夫」 ドジャースと契約した前田健太に、広島の松田元オーナー(64)がエールを送った。 今後、広島はドジャースから2000万ドル(約24億円)の譲渡金を受け取る。その一部は、キャンプ地の日南市(宮崎県)、沖縄市への寄付に加え、地元広島に還元することで調整しているそうだ。 広島は市民球団としてスタートし、今もそのイメージがあるだけに県民、…

史上空前の大フィーバー

広島ホクホク…過去最高益の潤沢資金をどう使う?

前田健太(27)のポスティングによるメジャー挑戦を容認した広島。入札金は上限の2000万ドル(約24億円)に設定されているとみられる。 「前田の24億円に加え、今季の広島は過去最高益を更新するはずです」と、前出の関係者がこう続ける。 「昨年度の決算では、観客動員が過去最多となる190万人を記録して入場料収入が増え、純利益は5億7000万円に達した。今年は“黒田効果…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事