日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高橋光に関する記事

脇谷(右)が投ゴロの送球をポロリ

交流戦V争い? 失策ワースト巨vs西で守乱続出の体たらく

無死満塁とピンチが広がっては、巨人戦初登板となった高卒2年目右腕の先発・高橋光が動揺するのも当然だった。押し出し四球で3点目を与え、2死後に坂本に左前打を打たれて、アッという間の5失点である。 「エラーで無駄な走者を出して、それが点に絡んだ。守備を含めてしっかりした野球をやっていかないと」 試合後、現役時代に内野の名手で知られた西武の田辺監督はご立腹だったが、巨人の…

高卒ルーキーで初完封の高橋光成

16年ぶり高卒新人完封 西武高橋光を「松坂超える」と評論家

6安打無失点でプロ初完封を飾った高卒ルーキー右腕・高橋光成は自信満々にこう語った。西武の高卒新人1年目での完封勝利は、99年の松坂大輔(現ソフトバンク)以来、16年ぶりの快挙である。 群馬・前橋育英高の2年時。夏の甲子園初戦の岩国商業戦で9者連続三振を奪って以降、プロのスカウトに注目され続けた。昨年のドラフト1位で西武に入団。「大事に育てたい」というチーム方針もあっ…

安楽より評価は上

直球150キロ 高卒新人西武・高橋光に「安楽以上」の評価

キャンプといっても体づくりから始めなきゃならないケースが圧倒的に多い」 そんな中、初の実戦で152キロの速球を投げたのが西武のドラフト1位ルーキー高橋光成(前橋育英)だ。18日、高知で行われた阪神との練習試合に先発。高校時代の自己最速を3キロ上回る152キロの速球で1回を1安打無失点に抑えた。 高校2年生ながら一昨年の夏の甲子園の優勝投手。その後、右ヒジを痛めていた…

今季は自身初の2ケタ勝利

西武・菊池雄星 18年オフに“条件付き”でメジャー移籍情報

今から2年後のポスティングに許可を出したのは、雄星をヤル気にさせるためでもあるでしょうが、このオフにエースの岸が楽天に移籍しながら、昨年ドラ1の多和田や高卒2年目の高橋光ら、若手が成長の兆しを見せた。これも球団の判断材料になったのでしょう」 西武はさらに今秋のドラフトで夏の甲子園を制した作新学院のMAX152キロ右腕・今井達也を獲得。将来的な先発層はいよいよ厚くなる…

今季で見納めか?

エース岸が海外FA権獲得も 引き留め気配みせぬ西武の本音

もちろん、岸が抜ければ痛手だが、今季自身初の2ケタ勝利を挙げた菊池や若手の高橋光らがいますからね。やりくり次第では何とかなると球団は踏んでいるようです」(球団OB) つまり、「チーム編成の遅れ」なんて単なる建前。それどころか、「岸が移籍なら年俸が浮く」とソロバンをはじいているかもしれない。…

「打つ手なし」で梨田監督の立場は…

楽天10年ぶり9連敗 もう気になる梨田監督への“クビ宣告”

西武の高卒2年目右腕・高橋光に3安打完封を食らい、守っても2失策とボロボロだった。9連敗は球団創設2年目の06年以来、実に10年ぶりである。 2年連続の最下位に沈んだ昨年は57勝83敗3分け。優勝したソフトバンクに33.5ゲームの大差をつけられ、デーブ大久保監督は就任1年でクビを切られた。 そこで経験豊富な梨田監督(62)を招聘し、チーム再建を託したわけだが、ここま…

右ヒジ不安でも新人王の有力候補

ライバル不在…7勝目の日ハム有原が「パ新人王」にまた一歩

前評判の高かった楽天の安楽、西武の高橋光の高卒ドラフト1位ルーキー2人にしてもパッとしない。安楽は開幕から二軍暮らしで、高橋もシーズン中盤に一軍昇格してまだ2勝だ。 有原が新人王のタイトルを取るとしたら、入団した年に恵まれたことも一因かもしれない。…

得点は中村の30号3ランのみ

12連敗の西武にOB苦言 「学習能力ない」「悔しさ見えない」

高卒ルーキーの高橋光(前橋育英)を初先発させたものの、四回途中5安打4失点。野手陣も、再三のチャンスを凡打で自滅し、中村の30号3ランで得点しただけだった。 36年前に西武に所属していたOBの山崎裕之氏は「選手が何も考えてないんだから当然でしょう」と、こう言う。 「調子が良けりゃイケイケドンドン。でも、大切なのはチーム状態が悪い時にいかに勝つか、です。例えば、調子…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事