日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

先斗町の関連ニュース

大目玉を食った中村芝翫だが…

中村芝翫の襲名披露興行 不倫スキャンダルで“満席”の皮肉

橋之助といえば先月の「週刊文春」で京都・先斗町の30代芸妓との不倫を報じられ、14日に謝罪会見。その2日後には妻で女優の三田寛子(50)が報道陣に対応した姿がテレビのワイドショーなどで大きく取り上げられた。 「実は襲名披露興行のチケットの売れ行きは芳しくなかった。ところが、直前のスキャンダルに加えて三田が報道陣に対応した際に襲名をPRした甲斐もあってかチケットが売…

妻の三田寛子は悩みが尽きない

息子とキャバ通いも 中村橋之助に見る歌舞伎界の“女遊び”

10月に歌舞伎の大名跡である8代目中村芝翫を襲名する歌舞伎俳優の中村橋之助(51)が京都・先斗町の30代芸妓との不倫がバレて大騒ぎになっている。 発売中の週刊文春が報じたもの。橋之助は14日夜、都内で記者会見を開いて弁明に追われた。冒頭で「私のことで日頃、お支えくださっている方々に多大なる迷惑をかけてしまい深くおわびを申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。…

話題が尽きない愛之助と藤原紀香

愛之助にまた醜聞 紀香との披露宴に元カノ招待の“鈍感力”

「女遊びは芸の肥やし」といわれる文化にどっぷりとつかって育ったのはわかるが、最近は襲名したばかりの中村芝翫(51)が先斗町の30代芸妓との不倫を報じられ、妻の三田寛子(50)が「ウチには芸の肥やしとかはありません」と断言していたばかり。不倫に対する世間の目はかつてないほど厳しいものがある。 女性にモテるのも仕事のうちといわれる歌舞伎役者。だが、肥やしも過ぎれば根腐れ…

None

【日曜京都12R・先斗町特別】出走全馬の厩舎情報

俳優の横内正さん

私が書いた離婚届

横内正さん 1回目は「私に非」、2回目は熟年離婚の代表に

当時は「水戸黄門」の撮影で京都通いが続き、祇園や先斗町で華やかな芸妓、舞妓さんたちに「横ちゃんお兄さん!」などとチヤホヤされて美酒に酔いしれてましてね。 幼子を抱えて、“たまにしか帰ってこない私を待つ”彼女の心には、寂しさや不安が膨らんでいたんでしょう。そんな彼女はすっかり宗教にのめり込んでいき、私の存在は彼女の信仰する「神」に取ってかわられてしまいました。そして2…

「菊水」のビーフシチュー

肉食女子マイコとミユキが行く

これは煮物? 銅鍋ビーフシチュー

肉やろ肉! 仕事を片付けて、新幹線の時間まで先斗町、鴨川沿いを歩く。欧米人ばっかりやな。中国人は電化製品しか興味ないんやろか。 向かったのは、鴨川沿い、南座の向かいにある老舗洋食店「菊水」。大正5年創業で今年100周年だけあって、カーペット敷きのレトロ感ある内装や。なんで京都で洋食やって? 看板のビーフシチューがおいしそうやったからやん。1階と2階でメニューがちょっ…

成駒屋のために身を捧げてきた

橋之助不倫も気丈に対応 三田寛子の完璧な“梨園の妻”ぶり

夫で歌舞伎俳優の中村橋之助(51)と先斗町の芸妓との不倫が発覚。その際、橋之助にこう言い切ったという妻でタレントの三田寛子(50)の株が急上昇している。女遊びに寛容な梨園とはいえ、三田のショックは相当なものだそうだが、夫に代わって矢面に立ち、オロオロすることもなく気丈に振る舞っているからだ。 三田は16日、都内の稽古場前で取材陣に対応し「私も主人も至らない点があり…

ザッツエンターテインメント

京都の素顔がわかる本特集

京都の僧侶は、祇園や先斗町のお茶屋をはじめ夜の町へ、僧服のまま堂々と遊びにいく。著者は、衆人環視の料理屋で、袈裟姿の僧侶と芸妓(芸者)がカウンター席に交互に座り、誰はばかることなく戯れ合っている光景に出くわした。クラブでは「肩や腕もあらわなドレスのお姐さんに、袈裟姿のままじゃれつく」僧侶も、自然に受け入れられているというのだ。 そんな裏事情を明かした著者は、京都が「…

品川隆二さん

あの人は今こうしている

“焼津の半次”品川隆二さん 5度のがん手術乗り越え作詞家に

「撮影が終わると、先斗町や宮川町のなじみのお茶屋に直行さ。行けば風呂が沸いてて、新品の下着も用意されてる。で、晩酌の前に翌日の台本にザ~ッと目を通し、その後は芸子とドンチャン騒ぎ。ほぼ毎日続くんだよ、それが。当然ながら、ギャラは面白いように消えてなくなり、結婚する時はきれいさっぱり、スッカラカンになってた、ハハハ」 「花山大吉」が終わってからは時代劇ばかりではなく…

海外にいることが多かった/(C)AP

高倉健さん 私生活が“神秘のベール”に包まれていたワケ

京都の先斗町の洋食屋や六本木のキッチンバー、ハワイにあるベトナム料理屋も行きつけで、そこには“健さんルーム”という専用の個室もあったほど。一見で店に入ることはなく、いずれも長年通ったお店ばかりでした」(古参の芸能ライター) 冠婚葬祭の一切に顔を出さないことも徹底していて、映画界のドンと呼ばれた東映・岡田茂氏の葬儀にも参列しなかった。しかし、その裏では「別れた元妻の江…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事