日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

五反田駅の関連ニュース

「みやたこです」の『みやたこ・ソース』(手前)と『みやたこ・わさび塩』

タレントが通う店 やってる店

母直伝の本場の味 宮迫博之が営むたこ焼きバル「みやたこです」

バラエティーで大活躍、長年MCも務め、今も引っ張りだこだが、実は五反田駅近くでひっそりと居酒屋も経営している。「みやたこです」は東急池上線の高架下にある飲み屋街「五反田桜小路」に店を構える小さな“たこ焼きバル”。実家が大阪でたこ焼き店を営んでおり、その暖簾分けとして昨年4月にオープンした。 レシピは母・勝子さんの直伝。本場大阪の味をそのまま受け継ぐ一方で、「メニュー…

人の行き交う駅で待ち合わせ

成功のヒミツ失敗しないコツ

1時間1000円の“おっさんレンタル” 女性記者が試してみた

おっさんのホームだというJR五反田駅で午後7時に待ち合わせ。あいにくの雨模様だったが、おっさんは時間に正確だった。案内に従い、駅チカのホルモン焼き店へ。 生ビールで乾杯し、キムチやホルモン盛り合わせなどを注文。奉行役を務めてくれるのかと思ったが、皿を前にしても手が動きそうにないので自分で焼く。ついでに、女友達2人から立て続けにスピリチュアルにハマっていると明かされた…

タレントが通う店 やってる店

ハライチ沢部佑がハマった中華料理店「好好」の絶品和えそば

場所はJR五反田駅または東急目黒線不動前駅から10分ほど歩いた、山手通り沿い。駅からのアクセスはいいとはいえないが、わざわざ通うリピーターは数多く、沢部のほかにも芸能界の常連は多い。 店は庶民的な大衆中華といった雰囲気だが、料理は徹底した“本物志向”。 「日本に渡った中華料理は日本流にアレンジされたものがほとんど」と話すのは台湾出身のオーナー、鍾飛彪さん。だからこ…

実にディープな五反田ヒルズ

怪しさ120% 東京ディープ酒場

3フロアに飲み屋がひしめく不思議空間「五反田ヒルズ」へ

東急池上線五反田駅の程近く、築30年余りの7階建てビルだ。3~7階はホテル、地下1階~地上2階は吹き抜けの中庭で、それを囲むように50軒ほどの店が軒を連ねる不思議な空間だ。 ほとんどが居酒屋やスナックで、昭和の薫りがプンプン。誰が呼んだか通称“五反田ヒルズ”。 最下層の“地下1階”からスタート。割烹、カラオケスナック、焼き鳥屋など迷ったが、窓越しの美人店員の“いらっ…

大阪パフォーマンスドールのリーダーだった(左写真・右下が本人)

あの人は今こうしている

元WEST END×YUKIの武内由紀子はTVレギュラー3本の売れっ子

「彼は五反田駅東口のブーランジェリーで働いてて、いずれ独立開業しようと夫婦して貯金に励んでるところ。初期費用はン千万円かかる。長い道のりです」…

懐かしい味/(C)日刊ゲンダイ

タレントが通う店 やってる店

グルメ芸人、ペナルティのヒデが大絶賛! レトロな喫茶店「プランタン」のナポリタン

場所はJR五反田駅から歩いて4分ほどの静かな路地。創業40年を間もなく迎えるという、地元客御用達の喫茶店だ。 目立たないロケーションながら、食事どきにはいつも満席の賑わい。多くのファンを引きつける理由は店主がつくる料理のオリジナリティーとそのボリュームにある。 「ウチは喫茶店というより食堂の感覚。ガツンと食べられるから若いお客さんも多いんですよ。料理もひと工夫してる…

(C)日刊ゲンダイ

タレントが通う店 やってる店

さかなクンが長年、通い続ける魚料理が評判の店「元」(GEN)

五反田駅から5分ほど歩いた裏路地にある小さな料理屋で、店主が毎朝、築地で仕入れた、その日一番の魚介が味わえる。 「高いものがおいしいのは当たり前。でも、毎日のように、河岸(築地市場)に行っていると高くはないけどおいしい時季というのが、だんだんわかってくるんです」と店主。それらを自らの目でしっかり見極め、値は張らないけど、うまいものを出す。これがさかなクンをはじめ、食…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事