日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「所ジョージ さん」に関する記事

None

元日本テレビプロデューサー・吉川圭三氏が語る所ジョージ

所ジョージさんと仕事でご一緒するようになったのは所さんが26歳のころ。今62歳の所さんにお会いしても印象が全く変わらないのは、やはり所さんが趣味の世界にいるのが大きいのではないかと思います。それだけでなく、所さんは自分の趣味をブランド化してしまった。自宅を世田谷ベースと命名し、バイクに、農業に日々好きなものに夢中、家が大好きで、車の動線が悪いお台場のスタジオは仕事を…

「ウチコミ!」の「大家サーチ」では13項目まで条件絞り込みが可能

物件を見る前に大家さんを知る 部屋探しは“逆転”の発想で

阿部サダヲ(千葉県)、タモリ(福岡県)、具志堅用高(沖縄県)、所ジョージ(埼玉県)、尾木直樹(滋賀県)――これら5人は、不動産・住宅サイト「SUUMO」が5県の賃貸住宅に住む20~59歳の男女約1500人に調査した〈マンションの大家さんだったらうれしい芸能人〉で、1位に輝いた面々だ。 親しみが持てる人や明るくて面白そうな人が選ばれたようだが、現実はそう簡単ではない。…

None

元日本テレビプロデューサー・吉川圭三氏が語るビートたけし

日本テレビ入局以来30年にわたり、ビートたけし、明石家さんま、所ジョージと仕事を共にした吉川氏。ビッグ3と間近で接してきたテレビマンが“凄さ”の理由を解き明かす。 あの瀕死の重傷を負ったバイク事故の後、“イージー・ライダーのコスプレ”で番組に突っ込んでくるというインパクトのあるテレビ復帰をしたのも僕が担当する特番でした。たけしさんは僕らテレビマンのことを「お兄ちゃん…

「郎」をつけてと頼んだ杉良太郎

時代劇スター ここだけの話

歌手デビューした時の芸名は「杉良太」だった!?

所ジョージの時代劇出演を仕掛けたのも杉さんでした。いつか思い切り笑える時代劇を仕掛けてほしい。私は密かに願っています。…

所ジョージ

高級車に巨大別荘 芸能界一の金持ちは所ジョージなのか?

「世田谷ベース」とは、所ジョージ的モノの考え方や、ひらめいた遊び、世の中の楽しみ方を発信する情報基地である仕事場兼遊び場の総称。同所で収録する番組「所さんの世田谷ベース」(BSフジ)も放送中。ビートたけし、木梨憲武、奥田民生ら友人たちの憩いの場にもなっており、同イベントでは所の愛車やバイクの展示、フリーマーケットなどが催された。 「イベントは今年で3回目ですが、家族…

警視庁成城署に被害届を提出

世田谷ベースに落書き 所ジョージは誰に恨まれているのか

東京・世田谷区成城にある所ジョージ(61)の所属事務所の壁面に「死刑」などと赤いスプレーで落書きがされているのが見つかり、事務所が警視庁成城署に被害届を提出したことが明らかになった。 落書きは今月7日の朝、計3カ所で見つかり、事務所関係者が警察に通報。壁や道路に「所ジョージ死刑」「サトラレ電波死刑」「サトラレ電波」という意味不明の文字が残されており、事務所のインタ…

財布は持たず/(C)日刊ゲンダイ

芸能界屈指の“金満”タレント 所ジョージはいくら稼いだ?

ちょっとした現金は輪ゴムで束ねて持ってるんですけどね」 消費税がアップして財布の中の小銭が増える一方の庶民には仰天のエピソードを披露したのは、タレントの所ジョージ(59)。KDDIの電子マネー「au WALLET」のCMキャラクターに就任。8日の会見ではおカネに無頓着な姿を見せていたが、実は芸能界でも指折りの“金満タレント”として知られる。 現在テレビのレギュラー番…

超豪華メンバーとカラミ/(C)日刊ゲンダイ

「60歳引退説」発端と 千原ジュニアにさんまがクレーム?

所ジョージと林修センセイ

テレビの効果? 林修センセイ「授業スピードが2倍に」

11日に行われた、所ジョージと林修の「人生で大事なことは〇〇から学んだ」(日曜19時58分~、テレビ朝日系。15日は6時57分~、2時間SP)の新番組会見で、自身の学んだことについてこう明かした。 同番組は司会を所ジョージ(61)、パネリストに林修という異色コンビで人生のエッセンスを探るトークバラエティー。 「昨年11月に特番を放送したところ、火曜夜という時間帯で…

加藤茶、伊藤蘭と久々共演

志村けんブーム再燃の裏にある“本物芸人”不在とTV界の焦り

ちょっと前には同じくNHK─BSプレミアムの「これがホントのニッポン芸能史」でビートたけし、所ジョージらと熱いトークをかわした。現在の志村のレギュラー番組といえば、「志村座」(フジテレビ系)と「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)ぐらいだが、ここにきて急に活躍の場が増えたのはなぜなのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。 「“テレビの劣化”に当のテレビマンたちが気…

還暦オーバーの「ビッグ3」がいまだ君臨

さんま4時間“還暦”特番…深刻化するTV界の「高齢化現象」

ちなみに、ビッグ3と所ジョージ(還暦!)の下の代では、とんねるずとダウンタウンが50代、ウンナン、爆笑問題がアラフィフ、ナイナイが40代半ば。ほとんど20代から冠番組を持っている。しかも、20年も30年も同じ番組をずーっとやっている。 2000年代から“史上空前の芸人ブーム”やら“ネタブーム”といわれ、お笑い・バラエティー番組が氾濫し、多数の芸人が売れたが、結局は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事