日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「斎藤孝 教授」に関する記事

None

春改編で「朝ズバッ!」衣替え みのの後任は斎藤孝・明大教授

教育学者で明治大教授の斎藤孝氏(53)で調整が進んでいることが16日までに分かった。TBS系朝の情報番組「朝ズバッ!」の後番組のことだ。 みのが次男逮捕で「朝ズバッ!」を降板したのは昨年10月。その後は同局アナが“代役”を務めてきた。 「4月の番組改編で『朝ズバッ!』はリニューアルし、より報道色を強めた番組をスタートさせるようです。メーンキャスターに誰を据えるかとい…

恋愛よりも女友達

“妄想結婚”に大興奮も 森三中・黒沢は「恋の気配」いまだなし

イベントでは、黒沢が「憧れの人」と公言する明治大学文学部の斎藤孝教授(54)がサプライズで登場。「斎藤先生ってこんな感じなんですね」「肌ツヤがいい」と大興奮だった。 司会から教授の好きなところについて問われた黒沢は、「結婚して25年って設定で、25年目の旦那にちょうどいい。私も准教授で離れ離れに生活しているんですけど、週に1、2回は会って、お互いの生徒のことや学校に…

みのもんた(右)と夏目三久/(C)日刊ゲンダイ

夏目三久アナ「あさチャン!」不振でみのもんた再登板も!?

元日本テレビアナウンサーの夏目三久(29)と明大教授の斎藤孝氏(53)の初タッグが注目されたが、視聴者のウケは悪い。フジ、日テレ、テレ朝の背中を追う日々だ。 コラムニストの桧山珠美氏が言う。 「朝ズバッを見ていた視聴者は、しっかりニュースを報じないあさチャンが物足りないのです。いろいろと問題はあっても、時事問題にハッキリとモノ申すみのもんたに共感していた。怒りを交え…

None

「半沢」にも“出演” 朝キャスターの伏線引いていた夏目三久

みのもんたの「朝ズバッ!」(TBS系)の後番組は明大の斎藤孝教授と夏目三久のコンビに決まったが、夏目の起用については局内で伏線があった。夏目は昨夏のTBSのヒットドラマ「半沢直樹」にも出演していたのだ。 何の役か――。実は夏目は演者として出演していたわけではない。半沢が勤務する銀行のポスターにキャラクターとして登場していたのだ。 「エンドロールに『夏目三久』の名前が…

None

各局戦々恐々 TBS“ポストみの”に「夏目三久抜擢」の衝撃

TBSは22日、4月から始まる朝の新情報番組(月~金曜の午前5時半~8時)のメーンキャスターに、フリーアナの夏目三久(29)と「声に出して読みたい日本語」などの著書がある明大教授の斎藤孝氏(53)を起用することを明らかにした。 「夏目は老若男女を問わず人気が高く、しかも、同性の好感度が高い。爽やかな朝の番組にはうってつけの人選です。しかも、出演番組は『バンキシャ!…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事