日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小谷野栄一 オリックス」に関する記事

メジャーでの評価はガタ落ちのイチロー/(C)AP

37億円補強のオリックス企むイチロー獲得の“ウルトラC”

前広島のバリントン(34)、前DeNAのブランコ(34)、前日本ハムの小谷野栄一(34)を補強しただけでは飽き足らず、米国帰りの中島裕之(32)まで獲得。FA宣言したエースの金子千尋(31)も残留させようという勢いだ。札束攻勢で選手をかき集め、さすがにお腹いっぱい、これで打ち止めかと思ったら、さらにとんでもない大物の獲得を画策していた。 米大リーグ、ヤンキースから…

パのMVPを受賞した金子/(C)日刊ゲンダイ

金子もグラリ? 小谷野の契約内容に見えたオリの“札束攻勢”

26日、日本ハムからFA宣言していた小谷野栄一(34)がオリックス入りを表明。条件は「3年3億円」といわれている。「とにかくオリックスのカネの使い方は尋常じゃありません」と、さる日ハムOBがこう言った。 「小谷野は日ハム残留なら、年俸7000万円からのダウンだった。それが3年3億円ですからね。オリックスは日ハムにFA残留した宮西にも、実はケタ違いの金額でアプローチ…

休養した森脇監督(右は編成責任者の瀬戸山球団本部長)

森脇監督休養のオリが露呈した日本球界の“悪しき体質”とは

オリックスはオフにバリントン(34=年俸1億5000万円)、ブランコ(34=2年5億円)、中島裕之(32=3年12億円)、小谷野栄一(34=3年3億円)らを獲得。総額30億円ともいわれる大金を投じながら、開幕から最下位に低迷。借金は膨れ上がる一方で、5月31日には自力優勝の可能性が消滅。責任を負ったのは指揮官の森脇監督だった。 「オリックスが補強に大金を投じたこと…

中島は六回に二塁打を放ったが…

西武に完封負けのオリックス “金満補強”がいきなり裏目

アメリカ帰りの中島裕之(32)とFAで小谷野栄一(34=元日本ハム)を獲得。助っ人は元DeNAのブランコ(34)に、広島からはバリントン(34)を引き抜いた。メジャーに色気をもっていた金子千尋(31)は、その後国内FA権を行使したものの残留。総額35億円を使った戦力を多くの評論家たちは高く評価。ソフトバンクとの「2強」や「ダントツ優勝」と予想している。 だが、大幅な…

勝ち投手の東明{左)らとお立ち台に立った小谷野(央)と川端

連敗6で止める決勝打も オリ小谷野は「居場所ない日々」続く

そんな人たちの留飲を少しだけ下げたのが小谷野栄一(34)だ。16日の対ソフトバンク戦。同点で迎えた五回2死一、二塁から、東浜のカーブを中前に運び、二塁走者の糸井を迎え入れた。これが勝ち越しの決勝打となり、オリックスは連敗を「6」で止めた。 「絶対、自分に回ってこいと、逆転しようと思ってましたから。チームもそうですけど、ボク自身、なかなか結果を出せていなかったので……

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事