日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「真田昌幸 草刈正雄」に関する記事

主演・堺雅人と草刈正雄

TV見るべきものは!!

「真田丸」脚本で光る 三谷幸喜“抑制されたユーモア”の妙

たとえば、信繁の父・真田昌幸(草刈正雄、好演)が、一族郎党の前で「武田が滅ぶことはない」と断言。その直後、信繁と兄の信幸(大泉洋)に向かって「武田は滅びるぞ」と平気で言ってのける。昌幸の食えない人柄を見事に表現したこの場面、三谷の“抑制されたユーモア”に拍手だ。 この草刈正雄をはじめ役者陣も充実している。堺雅人は、一見茫洋としていながら、後の“戦略家”としての片鱗も…

真田昌幸役の草刈正雄が紅白を占拠?

SMAP不出場に備え…NHK紅白が密かにかける“3つの保険”

真田昌幸役の草刈正雄や本多正信役の近藤正臣、大谷吉継役の片岡愛之助、石田三成役の山本耕史、本多忠勝役の藤岡弘、らを総動員させる案で、脚本の三谷幸喜がノリノリで台本を書いているとか。本番では、赤い鎧に身を包んだ武者ら500人余りがNHKホールを占拠する計画もある。 2つ目は、今月に「YouTube」を中心に大ヒットしたピコ太郎をシークレットゲストとして出演させること。…

バラエティーにもせっせと出演

共演者も恐れる“怪女優” 高畑淳子は1年先まで仕事びっしり

高畑は真田昌幸(草刈正雄)の妻・薫の役で、信幸(大泉洋)と信繁(堺雅人)の親としてわがまま全開。これには長澤まさみも黒木華もタジタジだ。 そこで所属する劇団青年座にはドラマや映画のプロデューサー陣から連日、出演オファーが舞い込んでいるという。 「日テレ、フジ、テレ朝、TBS、それこそどこも示し合わせてオファーしているんじゃないかというくらいかぶる。すでに1年先までス…

草刈正雄

男たちの挫折 栄光までの戦い

草刈正雄 資生堂「MG5」から真田昌幸までの軌跡

吉田羊

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

吉田羊演じる“鬼嫁” 敵になった義理の父弟に「狼藉者!」

真田昌幸(草刈正雄)の嫡男・信幸(大泉洋)は、徳川家重臣・本多忠勝(藤岡弘、)の娘で家康の養女となった小松殿(吉田羊)を正室に迎える。もちろん、これは政略結婚。信幸は徳川方にガッチリ取り込まれたのだ。 慶長5(1600)年、関ケ原の戦い直前まで真田昌幸、信幸、信繁(堺雅人)父子は徳川方にいた。ところが下野犬伏宿(現在の栃木県佐野市)で石田三成からの密書を受け取り、父…

時代劇も恋愛コメディーもOK

遠藤憲一、寺島進、大杉漣…連ドラ熟年三羽ガラスの共通点

決して目立った役どころではないが、真田昌幸役の草刈正雄とのやりとりには味がある。「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」(テレビ東京系)と掛け持ちで、こちらは情報屋の役。寺島はケンカっ早そうな雰囲気があるのに、共演者を光らせる“脇役力”に長けているのが、重宝がられる理由だろう。 その「警視庁ゼロ係」に係長役で出ている大杉漣(64)は渋い脇役の代表だ。今クールのド…

バラエティーでは「温かキャラ」

大河では裏切り者…温水洋一は希有な“中間管理職”キャラ

織田信長の勢力が強くなった1回目で“武田はどうするか”の話し合いの際、真田昌幸(草刈)が「引く」ことを提案すると、鬼のような形相で「尻尾を巻いて逃げると申すのか!!」「おじけづいたか!!」と凄みをきかせた。 さらに「誇りを懸けた武田の戦いをっ!!」と武士の魂を見せたかと思うと、武田に個別に「岩櫃(城)は危のぉ~ございます」と鋭い目つきで進言し、岩殿城へ誘導する。 だ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事