日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大原櫻子 ドラマ」に関する記事

None

“ポスト能年”最右翼は? 午年アイドル事情を評論家が予想

一般公募のオーディションで5000人の中から選ばれた新人の大原櫻子(17)だ。彼女はずばり、ポスト能年玲奈の最有力候補だ! 同名の漫画が原作。天才サウンドクリエーターに才能を見いだされて劇的デビューを飾る女子高生の恋愛ストーリーだが、ポイントは音楽プロデューサーの亀田誠治が“仕掛け人”だということ。敏腕Pが大原の歌声に惚れ込んで起用を決めたのである。「あまちゃん」で…

歌も演技もいける

「月9」出演中の大原櫻子 ヒロイン本田翼もかすむ“躍進の夏”

レモンティー担当の大原櫻子(19)と、ミルクティー担当の季葉(16)。この日はそれぞれがPRする午後ティーの味を意識したエプロン姿を披露し、店舗スタッフとして来客者にかき氷を振る舞っていた。 中でも「まだまだ暑い夏が続きますが、かき氷を食べて乗りきってください!」と満面の笑みで接客する姿に一皮むけた感が漂っていたのが、大原であった。実は女性誌のモデルを中心に活動す…

水原希子(左)と大原櫻子

応援歌が大人気 歌手で女優の大原櫻子は下半期ブレーク必至

まずは大原櫻子。「だれ?」とわからない人に説明すると、17歳で映画の主役オーディションに合格し、バンドのボーカル役として歌った曲で実際に歌手デビューも果たしたという、異色の“女優&歌手デビュー”したタレントだ(のちにソロデビュー)。 先日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)のスポーツコーナーのVTRでは、なんと楽天の松井裕樹が球場に来る時にいつも櫻子の曲を聴いて…

福山雅治と黒木華

あれもこれも言わせて

福山雅治は結婚後初ドラマも “番宣”攻勢でお腹いっぱい

そもそも新人ミュージシャンをドラマで使って顔を売るのは「愛と喝采と」(TBS系)の岸田智史(現・敏志)に「傷だらけのラブソング」(フジテレビ系)の中島美嘉、映画では「タイヨウのうた」のYUIや「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の大原櫻子など、これまでも何度となく使われた手口だ。 実際、劇中歌となった岸田の「きみの朝」も中島の「STARS」もヒット。藤原も売れる可能性大…

お互いを意識しているのか?(左・本田翼/右・桐谷美玲)

低調フジ月9「好きコト」 1年前の「恋仲」と意外な共通点

それに野村周平(22)と大原櫻子(20)がどちらの作品にも出演するなど、意外なほど共通点が多い。 それに加え、「好きな人が~」の主演・桐谷美玲(26)と、「恋仲」でヒロイン役だった本田翼(24)がダブって見えるという声も噴出している。2人は女性ファッション誌「non-no」で同じ時期にモデルを務めたこともあるからか、どうしても比較されがち。「好きな人が~」と「恋仲」…

桐谷美玲が頑張っても…

桐谷美玲も犠牲か? フジ「月9」の“史上最低”スパイラル

桐谷美玲(26)が主演することが決まっている次期“月9”「好きな人がいること」に追加キャストとして若手女優の大原櫻子(20)や実力派の吉田鋼太郎(57)らを投入することが12日分かった。 ドラマは人気若手・山崎賢人(21)、三浦翔平(27)、野村周平(22)のイケメン3人組と桐谷との恋愛模様を中心に描くらしいが、有村架純(23)を起用した「いつ恋」、福山雅治(47)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事