日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中澤誠 特集

中澤 誠(なかざわ まこと)東京中央市場労働組合執行委員長
中澤誠氏

著者インタビュー

「ルポ 過労社会」中澤誠氏

全面公開でなかった

解除できるのか 豊洲“時限爆弾”

移転反対派締め出し 小池知事「築地視察」はまるでヤラセ

都もそれが分かっているからこそ、余計に仲卸を公開したくなかったのだと思います」(東京中央市場労組の中澤誠執行委員長) 都の体質が変わらない限り、豊洲問題の解決はない。…

伊藤裕康築地市場協会会長

解除できるのか 豊洲“時限爆弾”

最新設備コールドチェーン破綻で鮮魚が風雨にさらされる

道路に分断された豊洲と違って、築地は各施設が密接につながっているからです」(「東京中央市場労組」の中澤誠執行委員長) 怒りたいのは都民も同じだ。…

岸本市場長(左)は更送された

解除できるのか 豊洲“時限爆弾”

市場長更迭も 盛り土“真犯人”処分ナシに現場から不満噴出

だが、現場職員は納得していませんよ」(都政担当記者) 「東京中央市場労組」の中澤誠執行委員長はこう言う。 「塩見さんが(盛り土問題を)知らないはずがないでしょう。経済・港湾委員会を主導してきた張本人ですよ」 塩見局長は何と答えるのか。都庁に電話すると、塩見局長の秘書を名乗る女性職員が「忙しくて立て込んでいる」と説明。質問書をファクスし、さらに記者が直接出向いたが、何…

やっぱり“転用”するしかない?

解除できるのか 豊洲“時限爆弾”

豊洲開場&築地存続…急浮上「W市場」体制の仰天プラン

「併用はとても無理でしょう」と言うのは、「東京中央市場労組」の中澤誠執行委員長だ。 「事業者がバラバラになると、荷物のやりとりができなくなってしまいますし、買い付けにくるお客さんも、効率よく買い物をすることができなくなってしまう。それに、築地に残れるのなら、多くの事業者が『残留』を選択すると思います。長年、慣れ親しんでいる上、都心からも近いので、配送するのにも効率…

“盛り土問題”集中審議での岸本良一市場長(左)と沢章次長

解除できるのか 豊洲“時限爆弾”

「盛り土」審議も調査拒否 都庁役人の呆れ果てた隠蔽体質

豊洲移転の問題を追及してきた「東京中央市場労組」の中澤誠執行委員長はこう言う。 「結局、都の役人は役所と自分自身を守りたいのでしょう。私はこれまで豊洲の問題を調べるために、何度も都に問い合わせましたが、マトモに返答されたことはほとんどありませんでした。仕方なく情報開示請求をするのですが、開示された次の日に都のHPでその情報がアップされることもしばしば。まさに『聞かれ…

小池都知事は賠償金を請求すべきだ

盛り土なし問題 石原元知事と歴代都幹部に損害賠償請求を

豊洲移転の問題を追及してきた「東京中央市場労組」の中澤誠・執行委員長はこう言う。 「この問題は『知らなかった』とかいう話ではなく、都の関係者は明らかに『隠蔽』していたのです。このまま公にされず、予定通り開場していたらと思うとゾッとしますよ。都議会は集中審議を開いて関係者を呼び、きっちりと説明させるべきです。退職金の没収? 当然でしょう」 石原元知事以下、関わった都…

もちろん“A級戦犯”はこの人

解除できるのか 豊洲“時限爆弾”

優雅に出世や天下り…都庁「盛り土無視」全責任者リスト

そんな人たちの“出世欲”が、これだけの事態を招いたのかもしれません」(東京中央市場労組執行委員長の中澤誠氏) 小池知事は“A級戦犯”の石原老人のほか、歴代の共犯者たちにキッチリと落とし前をつけさせるべきだ。…

慌てて発言を撤回した岸本市場長

解除できるのか 豊洲“時限爆弾”

焦る豊洲移転推進派 「11.7開場」へ必死の“強行”策

築地の仲卸で30年以上働き、一貫して移転に異を唱える中澤誠氏は、「推進派が都議に訴えかける可能性は、確かにあると思います」と言う。 そもそも、実現不可能な11月7日の開場を強引に決めたのは、推進派だった。それが今さら「補償をよこせ」というのは見当違いだが、この先何が起きても不思議じゃない。…

工事はどんどん進む

解除できるのか 豊洲“時限爆弾”

移転延期でも環2工事“強行”で築地は大パニック

着工に当たり、業者の方には事前にお知らせし、ご理解をいただいているはずです」(担当者) 築地の仲卸で30年以上働く中澤誠氏はこう言う。 「暫定道路が通る部分は、『搬出用道路』で市場内の多くの業者が使っています。都は、実際に工事が行われる場所の近辺で仕事をしていた業者からしか話を聞いていないのでしょう。だから、『そんな話聞いていない』と声を上げる人が出てくるわけです。…

移転延期を表明したはいいが…

解除できるのか 豊洲“時限爆弾”

移転延期表明の小池都知事を待つ豊洲市場“3つの重大欠陥”

工事にかかる費用、期間は想像も尽きません」(築地の仲卸で30年以上働く中澤誠氏) ある建築業界関係者によると、これら3つの難題解決には「最低でも100億円はかかる」。改修工事に必要な事務手続き期間を加味すれば、工期も約1年はかかるという。施設の維持費などを考えると、延長期間が長くなるほどコストもかさむ。 取りあえず「立ち止まった」だけでは、問題解決には至らないようだ…

決断できなければ総スカン

漂う手詰まり感…小池都知事「豊洲移転延期」躊躇の理由

「こんな浅い排水溝で氷を流せば、水があふれてしまう」と危惧するのは、築地の仲卸で30年以上働く中澤誠氏だ。 「ケースに入れた鮮魚は、常に新しい氷や水に入れ替えて冷やさなければ鮮度を保てません。放置しておくと魚の血がにじみ出して氷水が不衛生になり、魚に臭いがついてしまう。築地では、床に氷や水を大量に流していますが、排水溝があふれることはありません」 氷で排水溝が詰ま…

移転反対派との会談前に挨拶する小池都知事

意見交換会は一部公開のみ 小池知事の“透明性重視”どこへ

反対派で意見交換の場には呼ばれなかった「守ろう!築地市場パレード実行委員会」の中澤誠氏(東京中央市場労組執行委員長)はこう言う。 「反対派と推進派双方の意見を聞く場を設けたことは評価できます。しかし、今回の意見交換会でのやりとりは、いずれオープンな場所で明らかにしてほしい。あわせて、私たち市場関係者が分け隔てなく質問や意見を表明できるような説明会の場を設けてほしい…

豊洲新市場は11月7日開場

脆弱すぎるアクセス…豊洲市場は雪が降ったら辿りつけず

築地の仲卸で働く中澤誠氏(東京中央市場労組執行委員長)は言う。 「都心に向かう晴海通りが渋滞すると、急な配送に対応できなくなってしまいます。特に東京の西側に位置する三鷹や練馬などに品物が届くのは、午後になってしまうでしょう。飲食店を営むお客さんは、ランチに間に合わない。電車でのアクセスにも問題がある。JRに比べると、ゆりかもめは始発時間が1時間ほど遅いのです。仕込…

混乱は避けられそうにない

豊洲市場は大渋滞必至 ターレー1時間500台殺到の異常事態

築地の仲卸で働く中澤誠氏(東京中央市場労組執行委員長)はこう不安視する。 「卸と仲卸が隣接する築地では、こんな事態は起こりません。動線が遮られてしまえば、配送に遅れが出てしまいます。最悪、お客さんの手元に品物が届かなくなってしまいますよ」 荷物の重みで床が抜ける、床に海水が流せないせいでコバエがたかる――“欠陥”続出の豊洲新市場は、11月7日の開場まであと3カ月半…

閉鎖型市場には「冷房」必須

また問題発覚…築地市場の豊洲移転で魚の値段が高騰する

築地の仲卸で働く中澤誠氏(東京中央市場労組執行委員長)はこう言う。 「商品の値段を上げてしまうと、お客さんが減ってしまいます。そう簡単に価格転嫁はできないので、豊洲移転後、小さい業者からバタバタと廃業に追い込まれてしまうかもしれません」 日本の魚食文化を裏で支えてきた卸・仲卸業者が倒れたら、結果的に魚介類の流通量にも悪影響を及ぼすだろう。なぜ、欠陥だらけの豊洲に移転…

仲卸棟(右)と卸棟は国道315号で仕切られている

刺し身のツマ買えず…豊洲新市場「青果棟」は“陸の孤島”

「どう考えても無理です」と一括するのは、築地の仲卸で働く中澤誠氏(東京中央市場労組執行委員長)だ。 「トラックでアンダーパスを走るといっても、どれだけ時間がかかるか分かりません。アンダーパスとは別に設置された『歩行者用デッキ』を徒歩で往復しても、30分はかかってしまう。築地では、青果売り場から仲卸売り場までの距離は十数メートルですから、容易に行き来できます。刺し身…

完成間近の豊洲新市場は“欠陥”だらけ

コバエや蚊だらけに? 豊洲新市場「海水使用禁止」の弊害

築地の仲卸で働く中澤誠氏(東京中央市場労組執行委員長)はこう言う。 「昨年夏ごろ、都から店舗のレイアウト案を提出するよう要請された際、『海水は床に流さないで下さい』と唐突に言われ、ビックリしました。真水ならOKらしいのですが、それだとちょっとした水たまりにボウフラやコバエの幼虫が湧いてしまう。築地では海水で床掃除をしているので、コバエや蚊はほとんど湧きません。海水で…

豊洲新市場は11月7日に開場予定(左は森喜朗元首相)

東京五輪、築地移転、大地震…次の都知事を襲う“三重苦”

現在、2011年に都が東京ガスから買い上げた豊洲の土地の売買契約に不備が見つかり、市民団体が都を訴えています」(東京中央市場労組執行委員長の中澤誠氏) 大規模災害の対策も「待ったナシ」だ。政府の地震調査研究推進本部が10日に公表した「全国地震動予測地図」(16年版)によると、関東地方で30年以内に震度6弱以上の地震が起きる可能性が上昇した。特に都庁周辺は11年時点で…

感情ムキ出し

豊洲は欠陥だらけ 舛添知事のクビ飛ばす築地市場移転問題

東京中央市場労組の中澤誠委員長は2月の記者会見でこう嘆いていた。 「築地では仲卸業者は1階に位置していますが、豊洲は2階以上。今のまま開場すれば、床が抜けてしまう」 店舗の狭さも致命的だ。一般の魚屋は最低約3メートル幅の間口を要するが、あるマグロ仲卸業者が割り当てられた新市場の間口は1メートル40センチ。冷蔵庫やシンクを置けばマグロの置き場に困るという。 仲卸業者の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事